マザーズ スピリット

mother's spirit

マザーズ スピリット
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神17
  • 萌×25
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

24

レビュー数
4
得点
115
評価数
27件
平均
4.3 / 5
神率
63%
著者
作品演出・監督
本山哲
音楽
デルファイサウンド
脚本
沙藤いつき
原画・イラスト
エンゾウ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
77 分
枚数
1 枚
ふろく
アニメイト特典:おしゃべりCD (出演:野島裕史&日野聡)
フリートーク
なし
発売日

表題作 マザーズ スピリット

カルタカ → 日野聡

筒月稜一郎 → 野島裕史

その他キャラ
アクナム[吉野裕行]/ 桐生院[中博史]/ 新井[小形満]/ 太田[粟津貴嗣]

評価・レビューする

レビュー投稿数4

いろんな方に感謝したくなりました(笑)

大好き過ぎる原作のCD化!
メインキャストがこれまた好みのお2人で、それを知った瞬間に予約してました(笑)
でも後から湧き上がる不安。。
不安の理由は、他のレビュアー様方とほぼ同じです。
これホント、どうやって音で表現するの?という不安がふつふつと湧き上がること約3カ月。
メインキャストの方々の演技に不安はなかったんですけどね。
でもCDって演出や脚本による部分がかなり大きいから、演技は最高なのにって経験が無きにしも非ずで。。
とはいえ、発売3日前に出た視聴を聴いて、これいけるかもって思いました!
稜一郎もカルタカもイメージ通り!!
それと民族音楽的BGMが非常に興味をそそりました(笑)

一通り聴き終った瞬間、このCDに関わった皆様に感謝したくなりましたよ!
よくここまでの内容のCDを作ってくれたなと!!
視覚的部分を補足するためのセリフの追加や効果音もすごく良かったんですが、やはり特筆すべきはキャストの皆様の演技です!!!

もう、カルタカが…カルタカが!
原作でもカルタカのカタコトの日本語には十分萌えたんですが、音声化された時の破壊力たるや≧▽≦
続き
日野さんすごいです!
ほんとすごいです!!(ボキャ貧)
程よい低音のセクシーボイスで紡ぐカタコトの破壊力はハンパない!!
カタコトであるが故に、一言一言に重みがあって、より心に響く…そんな感じでした。
そして、ちょっとした声の抑揚で細かい心の機微もちゃんと伝わってきます。
日野さん、ホントに素晴らしかった。。
それと、忘れちゃいけないルター語!
これホントは現地民が喋ってんじゃないの?!と勘違いしてしまうくらい完璧なルター語でした(笑)
トイレのくだりでルター語をまくしたてるとこなんて本気で笑っちゃいましたよ☆
帰国子女なだけあって、英語の発音だけでなくルター語まで完璧に表現しちゃう日野さんのポテンシャル、恐るべしです(笑)

そして、普通っぽい青年を演じさせたら日本一(自分比)の野島兄さん!
前半のコミカルなテンションの高い演技と後半の切ない演技のメリハリが素晴らしい☆
たくましい男の腕の中で目覚めた稜一郎の「あったかい…」の言い方、大好きです(笑)
特に、カルタカへの気持ちを自覚し始めたあたりからの野島兄さんの演技が本当に良くて…。
空港の別れのシーンなんて、「キスだけは~」の稜一郎のセリフが余りにも切なく、わかってても泣けてきます。
カルタカの立場を一番に考え、身を裂く思いで発した精いっぱいの一言に涙せずにはいられませんでした。
私、野島兄さんのこういう演技に本当に弱い。。

原作を読んだ段階で、お互いを思い合うカルタカと稜一郎の言葉の一つ一つに何度も感動したんですが、声が乗ることによって寄り心に染み込んでいきました。
原作のファンでCDに興味を持たれてる方、聴いて絶対損はないですよ!
確かに音声だけではわかり辛かった部分があったことは否めません。
でもそれを補って余りあるくらい良い出来のCDだと思います!
お勧めです♪

4

心配していたカタコトが秀逸だったCD

原作は既読です。
このCDが成功するかどうかは、カルタカ(攻め)の
母国語の「△※◎★…」みたいな言葉の発音と、
何より、日本語のカタコトの発音と抑揚にかかっていると
思っていました。
そして、それが何よりの心配事でした。

しかし!
それは杞憂でした!
いや~、素晴らしかったです。
何より、カルタカを演じた日野聡さんに賛辞を贈るべきでしょう。
よくぞ、この難しい役をこのレベルで演じてくださいました。
拍手です。

作品が作品なので、
「本を片手に聴かないと、やっぱり理解できないかな…」
と心配し、とりあえず本を用意して聴きはじめました。
しかし、その心配は要りませんでしたね。
まったく本は必要ありませんでした。
最初から最後まで、楽しく、笑いながら作品を聴くことが出来ました。


キスの意味を教える稜一郎(受け・役:野島裕史さん)の下りから
~エロ~ラストまでは、もう一気に聴いてしまいます。
前半は、コミカルで明るく楽しく☆という印象がとても強いのですが、
キス~エロ~ラストまでは、そこに切なさも萌えも
たくさん詰まっていて、じっと続き息を殺して聴いていました。
キス以降の後半部分は、購入してから5回ぐらいも
リピしてしまいました☆
とにかく萌えが凄いんです><
キスの時もエロの時も、カルタカは日本語のカタコト。
知識がないからこそ、その時の感想をダイレクトに伝えてくれるのです。
「もっと気持ちいい、したい」とか、
「稜一郎、さわりたい」とか
も~~、いちいち萌えさせてくれます><
「カタコト萌え」という新たな分野を切り開いてくれたかも??(笑)
日野さんの業績は大きい!


空港の別れのシーンは、必聴です。
稜一郎がルターの儀式で愛を告白し、魂をふうっを手に通して捧げる…。
その息づかいが切ない!
そして、その後のモノローグ。
「僕の魂は、もう君にあげたのだから…」は、ウルウルものです。
野島さんっ、泣かせないでー!


原作のカテゴリはおそらく「コメディ」で、
このCDも「コメディ」として作成されたのでしょうが、
前半の稜一郎とカルタカのやりとりの笑い、
そして後半の2人の間が急速に近づき、燃え上がる恋の萌えが
またツボでもありました。
そういう意味で言ったら、ひとくくりで「コメディ」として
表現できないかもしれません。
もっと大きな「恋」や「愛」、「魂」を包括していると思います。


これはオススメです!><
是非とも手に取ってもらいたい作品です^^

4

カタコトでも格好イイ!!

原作コミックスは既読です。
とても好きな本だけに、攻めのカルタカの片言の日本語が、
まぬけ~な感じに聴こえてしまわないかすごく心配だったのですが、
全然で、ちゃんと格好よくて、日野さんのカルタカは最高でした☆☆☆

コミカルですごく楽しく、キャストは皆らしさが出ていて、
盛り上がるところはちゃんと盛り上がってすごく切なくもあって、
上手に音声化されたCDだと思います。
迷っててまだ買ってないよーという方には、
是非買うといいよーー楽しいよーー!!とオススメしたいです♪

コミックスよりはギャグっぽさは薄いかなと思いましたが、
ちゃんと理事長(中博史さん)は強い個性でハイテンションだし、
教務課のマイペースな新井さん(小形満さん)は、すごーくらしくて、
英語がカルタカに伝わらないと分かって電話をかけてきた筒月を、
するり~といなすところとか、可笑しくて堪らなかったです~

そして、お見事!!だったのが、カルタカが話す「 ルター語」
コミックスではよく分からない文字になっていましたが、
CDではちゃーんとシッカリ、原住民らしい言語になっていましたよ~
続き
おしゃべりCDのトークによると、
スペイン系の雰囲気を出して演じられたようで、すごく本物っぽい。
カルタカがルター語を話す(まくしたてる?)ところは、
すごく可笑しいので繰り返し聞きたくなるシーンでもあります♪
トークによると、なんだかルター語には仕組みがあるようで、
何度も聴いていたらわたしでも分かるかな?

でも、一番素晴らしかったのは、
やはりカルタカ(日野さん)のカタコトの日本語セリフです。
短い言葉を区切るようにして話すのですが、
その言葉、言葉の間に、その意味が込められているのが感じられて、
気持ちが入ったその言葉はとても温かくて、心に沁みてくるのです…
また、日野さんの低いお声がセクシーで格好よくて…
カルタカ役をやってくれて本当に感謝ですっ!!と思いましたよ~

対して、同じくカタコト日本語の、
アクナム(吉野さん)は、カタコト演技してます!って感じで、
もう少し自然さがあればーーと思ってしまったのですが、
カルタカと違って一度に喋る量も多いので、ちょっと難しいのかな。

筒月(野島兄さん)は、さすがの安定感だなぁと思いました。
コミカル演技も可笑しかったけど、
一番よかったのはやはり切ないところ。
「キスだけは、僕以外とはしないでほしい…」のセリフは切なすぎて、
その後のハッピーエンドはもちろん知っているのに、
ウルウルきてしまいました…

エッチの時に首の後ろを噛んだり、
手の平に口を近づけて魂を捧げるという大事なシーンが、
やはり音だけでは分かりづらかったのが、少々残念ではありますが、
それでもしっかりと萌えも感動も味わわせてくれた、素敵な1枚でした。

9

ねぎま

江名さま

はじめまして。ねぎまと申します。m(_ _)m
いつも素敵レビュー&情報参考にさせて頂いております♪

カルタカの"カタコト"感の解釈が私と全く違っててなるほど~っと
思って思わずコメントしてしまいました。( ̄∀ ̄*)ゞテヘ
外国の方は日本語の抑揚のない平坦なイントネーションの発音が難しいと
聞いたことがあり、あっさりカルタカが早々にやってのけたので
私はちょっと物足りなさを感じてしまったんですよね。(゚ー゚;A
んでも、言葉の間に気持ちが込められて…ってのは激しく同感です。
言葉一つ一つがじんわりと心に伝わってくる気がします。
いや、ホントにセクシーな素敵ボイスで演じてくれてありがとう!!ですね♪

私は迷って買ったクチなので、江名さんのレビューを見て皆さんが聴いてくれたらいいなーって思います。(≧∀≦)v

CD萌えデス ヾ(≧▽≦)ノ

ルター族の言葉とか、セリフのないあの独特の間とか表現できんのかなぁ…なんて、購入を躊躇してたんですが、視聴したらどうにも気になって気になって気付けばレジで支払い終わってました。爆(゚∀゚ )アハ

なんというか。
CD化の萌えってこういうことなのねーーーーヾ(≧∇≦*)〃キャーvvvv
って感じです。笑

心配していた(笑)初っ端の出会いのシーンはモブの皆さんと
素敵民族音楽によって見事なまでに愉快に再現してました!笑
民族音楽が視聴のときからツボに入りまくりで。爆
戦士のいる南の島の民族っぽい!!って一人ニヤニヤです。

どうしても説明めいた部分は増えてしまうけど、話の流れは淀みなく
原作未読でもいい感じに聴けるんじゃないかな~と思います。
魂を捧げるシーンは未読だと中々伝わらないかもしれないけど…。(゚ー゚;A

というかですね、基本原作とおりなんですが、ちょこっとだけ
微妙にコマの続きがあるんですよ。
そんでもってこれが私の萌えスイッチを連打しまくるんですぅっっ
クー o(≧〜≦)o

キスを気に入ったカルタカが男同士はダメだと陵一郎が言う続きのを聞かず、
無理やりキスしている…であろうシーン。
原作では顔を近づけて、陵一郎の「 んぐっ 」のセリフでキスしたのね、
って感じですが、CDではその後のリップ音もちゃんと入ってますのぉ。
長くはないんですけど、このちょびっと感がたまらないっっ(//∇//)キャー

あとは一番最後の「そのあとで。」
後ろから以外のエチを希望する陵一郎の願いを叶えるべくカルタカが
頑張っちゃう最後の1カット部分をカルタカの卑猥なセリフが追加されて
長めのエチシーンに仕上がってました~。
「 いっぱいあふれてる 」とか「 ここ、ぐりぐりする 」とか
「 奥こすっていいか 」とかぁ、ちょっと切羽詰った感じのカルタカがたまらーん。(*´д`*)ハァハァ…

最初のエチシーンは原作とおり、切ないというか、辛い感じがして
聴いててちょっと苦しかった。(ノД`)・゜
あーでも、個人的にエチの最後でカルタカが陵一郎の首筋に噛みつくシーンは印象的だったので、そこがカットされてたのは残念だったなぁ。
(´・ω・`)ショボーン
まぁ、表現しにくいですよねぇ。
でもカルタカが陵一郎を独占するための行動の一環なのでどうにか残してほしかったかな。

…なんか。キスとかエチとかの話しかしてませんね。(゚ー゚;A
それ以外では割と音楽のチョイスが好みでした。
効果音等はコメディな感じを強調するあまりちょっと微妙な気はしましたが・・・・。


今回キャストさんは全員初めて拝聴する方ばかりでしたが、
皆さんすごくよかったです~♪
野島さんの陵一郎は原作イメージとおりで。ちょっとオーバーな感じはありましたが。(^^;
カルタカの片言感が若干弱いのが少し残念でしたが、日野さんの低音ボイスは素敵でした~。
アクナムの吉野さんの片言感が抜群で。爆
ちょっとやんちゃな弟って感じでイメージより声は高めでしたけど良かった~。
あと一番イメージとおりだったのは小形さんの新井さん。
ぽや~んとしたおじさま感がすばらしぃ。笑
女子大生の皆さんはちょっと聴いててうざったかったです・・・・。(゚ー゚;A


いやはや。最初の不安はどこえやらって感じで、
内容をほぼ変えず、セリフを微妙に変更・追加しただけで萌え度をUPしてくれるとは!!!
CDならではの萌えを堪能させていただきました~。ヾ(≧▽≦)ノ
あと、ブックレットの作者コメントのイラストがらぶらぶで♪
陵一郎のおでこにちゅーするカルタカと嬉しそうな陵一郎が見れますよ~。

12

江名

ねぎまさん、コメントありがとうございました (≧▽≦)♪

すごく嬉しかったです~なのに、バタバタと忙しくしておりまして、お返事がすっかり遅くなってしまい、申し訳ありません m(__)m
わたしも、ねぎまさんの気持ちのこもったレビュー、いつも楽しく拝見させていただいています、ありがとうざいます♪

カルタカの"カタコト"感の解釈、わたしも自分のレビューを書く前にねぎまさんのレビューを読んで、感じ方って人それぞれだなぁと興味深く思っていました。
わたしとしては、カルタカはすごく能力がある&努力家みたいだし、一度に話す言葉が、アクナムと違って大体短い言葉を数個だけ…なので、あまり変なイントネーションにならないで済んでいるのかな?と解釈していました。
というか、個人的に韓流スターのようなちょっとイントネーションがズレた話し方がすごく苦手で、そういう感じになっていないといいなーーと切実に願っていたので、今回の日野さんの演技が大変ありがたかったのでした(;^ω^)

ねぎまさんが、細かく追加されたセリフなどをレビューで説明してくださっているので、心が揺れている原作ファンが多いんじゃないかな?とわたしも期待しています。
ホントに多くの方に聴いてほしいステキな1枚なので、購入者が増えてくれると嬉しいですね~~(^o^)/

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ