アスターと紅茶の国 「びんぼう草の君」協力書店限定ペーパー

aster to koucha no kuni

アスターと紅茶の国 「びんぼう草の君」協力書店限定ペーパー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

84

レビュー数
1
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
出版月
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
びんぼう草の君(但協力書店購入時のみ)

商品説明

文庫発売記念
協力書店限定配布書き下ろしSSペーパー
吉野視点で吉野との出会いからこれまでを回想しながら今の幸せをかみしめるお話です。

評価・レビューする

レビュー投稿数1

吉野くんの決意

本品は『びんぼう草の君』の
フェア書店限定配布の特典ペーパーです。

本編後、吉野視点で
2人の過去から未来を考えるお話です。

裕福な家庭で育った志信は
父の死で貧しさの中に身を置き

貧乏な家庭で育った吉野は遺産よって
選択肢にすらなかった進学を果たし
好きな学問を研究できるようになりました。

一度は切れた縁がまた繋がり
それどころか2人はと恋人同士になります。

高校時代に
吉野が空気を読まずに渡したハルジオンは
栞となって志信のお守りとなります。

志信が一度ソレを失くしながらも
吉野が拾って志信の手に戻った栞は
今では実用されるモノとなりました。

栞は吉野と志信が変わるのに合わせて
役割を変えたのです。

吉野はマンションのソファに腰掛けたまま
テーブルの上に置かれた文庫に手を伸ばし
薄く笑みを浮かべます。

志信が読み止しのまま置いた文庫に
鋏まれた一枚の栞は
吉野に不思議な感慨をもたらします。

ひと通り眺めて満足した吉野は
栞を元に戻そうとしますが

志信が紅茶を乗せていたトレイを
続きけ取ろうとしたせいで
栞が本から抜け落ちてしまいます。

あわてて志信に謝りますが
栞を使う為に読書している志信にとっては
栞はあまり本来の役目していない様です(笑)

志信くんといると色々変わってくるなぁ

様々なことが変わる中
吉野は志信にある提案をします。

お盆休み、一緒に秋田に行かない?
母さんに会わせたい

対する志信の応えとは?!

A4サイズペーパー両面を使った
文庫頁7枚分の番外編です。

吉野視点で
本編で吉野親子の話題となった
吉野の「好きな人」の話を絡めて
2人のその後を描いたお話となっています。

自分の好きな事は徹底的に追及するけど
興味のない事はわりとどうでも良い
吉野の性格がとても良く出ているSSです。

吉野は自分の母と交わした
「好きな人」についての会話を
志信が聞いていた事を知らないので

母親には可愛い子ができたら
連れてきてって言われてるからと
告げる吉野は平然としているのに

言われた志信も
真っ赤になってアワアワしつつも
しっかり反撃してるのが楽しいかったです。

自分で短所だと思っている点が
お互いに好ましいと思えるカプなので
やりとりが微笑ましい♪

本作も小物の絡ませ方が秀逸です。

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ