よるとあさの歌

yoru to asa no uta

よるとあさの歌
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神27
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない4

15

レビュー数
2
得点
140
評価数
33件
平均
4.4 / 5
神率
81.8%
著者
作品演出・監督
蜂谷 幸
音楽
岩野 道拓
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
マリン・エンタテインメント
収録時間
80 分
枚数
1 枚
ふろく
マリン特典:キャストトーク/アニメイト・コミコミ特典:描き下ろしペーパー
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

自由奔放に遊ぶ『朝一』と、その姿に憧れる『ヨル』。
シンプルな非常識。むせかえる濃厚さがクセになる。
ゲスとピュアが混在する、はらだ作品を音声化…!

<あらすじ>
女にモテたくて仲間とバンドを始めた朝一。
そんな朝一がボーカルを担当している弱小バンドにサポメンで入ってきたヨル。
ライブの後のちょっとした「お遊び」の時に起こった一度のアヤマチ。
それをきっかけに、ヨルは朝一への想いを明らかにしていく。

「男同士なんて気持ちワリィ…」

と嫌悪感しかなかったはずの朝一なのに、衝撃的なヨルの歌声に思わず欲情し、場所を問わず乱暴にカラダを求める日々へと変わる。
朝一を一途に想い続けるヨルを軸に、めまぐるしく加速する欲望、暴走する嫉妬、それぞれのキモチの行方は……

表題作 よるとあさの歌

朝一 → 松岡禎丞

ヨル → 佐藤拓也

その他キャラ
布津[八代拓]/ カヨイ[中澤まさとも]/ いおり[竹内良太]/ 友田[藤沼建人]/ 友人[大地葉]/ 友人[小堀幸]/ しおり[種崎敦美]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

いろいろ衝撃すぎて。

前から気になっており、聴く機会を狙っていたのですがようやく聴けました。原作未読です。

いやぁ、なんでしょう。原作未読なので細かい表現とか場面とかカットされた部分とか分からないのですが、とりあえず朝一クズですね。こんなクズ人間なかなかいませんよ...(朝一ファンの方申し訳ない) 何回「こいつクズだ...」と呟いたことか。デレるまでが長いのよ、全く。最後美味しかったよありがとう。

いるいる様のレビューの後に続くのが本当にお恥ずかしいのですが、こんな感じで私が思ったままを書いていくと思いますすみません~~~。

なんだかうまく言葉にできませんが、こういう人間味溢れるストーリーってとても素敵ですね。人間の悪いところというか、人間くさいというか、そういうのが浮き彫りになっているところ。素敵です。決してお綺麗な話じゃないのでハードなBLが聴きたいときにはおすすめですかね。(笑)

リンチシーンもすごく衝撃的でした。竹内さん演技力やばいからやめてあげて~~~って、私が聴くのをやめたくなりました。聴いたけど。松岡くんも熱入ってましたね~。ジャリ入りローションでしたっけ...?痛そう続きですね...。お二人の演技力が臨場感ありありで、はらはらしました。とりあえず松岡くん泣く演技すごい。

結局最後まで「ほも?きめぇんだよ」スタンスは崩さない朝一くんでしたが、上から目線の告白のお返事、可愛かったですよ。これからもずっとわちゃわちゃしててほしいですね。

あと、私的には脇役さんがすごく俺得でした。BLCDに出てくる女の子、私はあまり得意ではないのですがしおりちゃんはとても好印象でした。良いこやな、しおりちゃん。

とりあえず「刺激が強いBLCDが聴きたい!」「えっ松岡くんがクズ攻め!?」「佐藤くんがピュア受け!?」ってきっかけで聴いてみるのも宜しいかと。ただ暴力系、無理矢理系が苦手な方はご注意を。

*

2

迫真の演技

原作既読。
いおり目線の「ある男の歌」はまるっとカット。
チョコっとカットされたり増えたりしてる台詞はありますが、ほぼ忠実な流れです。
ゆえに、原作を読んでいないと「??」となる部分はあります。

最初本を見ずに音声だけで聞いてたのですが、
朝一にtnk踏みつけられてヨルがイっちゃうとことか
ヨルの1日復活ライブのトイレでいたしてるシーンとか
突然入る回想シーンとか
情景が分かりづらい部分がありました。
原作なしで理解するにはちょっと厳しいかもです。

原作既読の方は重々承知だと思いますが
ゆるッと楽しく聴けるCDではありません(;;`・ω・´)
心にゆとりがあって刺激が欲しい時に聴いて下さい。


約80分ギッチリで聞き応えがあって、スゴかった。。。
原作通り忠実に作られてるので、リンチシーンもぼかし無しで台詞そのままガッツリです。
竹内さんのバリトンボイスでゆっくり喋るの怖い(T ^ T)
松岡くんの「すいませんでした!すいませんでした!!すいませんでしたっ!!!」から「おしっこ飲みます!」のくだりは迫真の演技…というか、もう演技に聞こえない続き
目の前で本物のリンチシーンを見てる気分で、ブルブルしながら涙ツーっとなった。
その後の泣いて咳込む声とかリアルだし、松岡くんの演技スゴいです。

原作にはない部分で、朝一がヨルへの気持ちを認める瞬間が入ってたのが嬉しかったです。原作だとサイレントムービーのようなシーンで目のアップだけだったので、「ココだったのか!!(゚∀゚)」とテンション上がりました。絵で感じ取るのではなくハッキリ言葉で聴くのは違った嬉しさがあります。

ちなみにライブシーンは全て歌声無しです。
朝一の地名連呼のド下手な煽りは入ってますw


✳︎朝一@松岡くん
8割ぐらい松岡くんが喋り倒してるねってぐらいの台詞量。
前半のイライラ朝一のヒステリックな怒鳴り声
中盤のリンチシーンで迫真の演技
後半の気持ちを受け入れて少し落ち着いた声
全て「とんだツンギレヒロイン・朝一」そのままでした。

んで攻め喘ぎが色っぽいーー!!(∩´///`∩)
フェラされてる時の声がエロい!(∩´///`∩)
ヨルは声抑えてるから朝一@松岡くんがの息遣いがたっぷりw
「リバりそうでリバらない百合っぷる」というのに納得のエロボイスでした。

✳︎ヨル@サトタクさん
原作のヨルは花飛ばしてる不思議ちゃんキャラでとにかく可愛い!という印象でしたが
サトタクさんのヨルはカッコいいイメージのが強かったです。
んで、ずっとカッコいい感じヨルだったのに、
「朝一ぃぃぃもっとちゅーしてぇぇぇ」で一気に可愛いヨルにw
サトタクさんの可愛い声イイですねぇ。

エチシーンも良かったー!!
ヨルは喘がず声を抑えてるんだけど、抑えながら漏れる声がエロい。
フェラ音もエロい。

✳︎カヨイ@まさともさん
おおおおー!カヨイだ!!
リーダーでお兄ちゃん的立ち位置のカヨイを涼やかな声で演じていらしゃってイメージ通りでした。
朝一をからかって遊ぶ時の軽やかな声と、朝一を嗜めるときのちょっと強めな声の
わずかな落差がすごく良かったです。
「ガキみてーなことやってんじゃねぇよ」
の台詞で語気を強めるトコが印象的で好きな部分です(^//^)

✳︎布津@八代さん
八代さんは初聴き。布津のチャラくてノリの良いイメージままでした。

✳︎いおり@竹内さん
キャスト発表で竹内さんはいおりのイメージより声が低くて違うかな?
と思ってたのですが、いやいや、そんなことはなかったです。
いおりさんを演じてる竹内さん怖かった…
バリトンボイスが役にハマり過ぎてるよ…(褒め言葉です)
原作のいおり目線のお話がバッサリカットなのが残念ですね。
竹内さん好きなので、怖いだけじゃないいおりさんも聴きたかったな〜。

✳︎友田
声優さんに罪はありません。
制作サイドに言いたい。
「友田をチンピラおっさんにしないでーーーーー!!」
個人的にはショックでした。
友田は八田ちゃん(やたもも)の友達なのに。まだ20過ぎたばっかの小僧なのに。
もうちょい年齢下げた声で聴きたかった…。


朝一のヒステリック声に疲れたり
ガチリンチに精神的に消耗したりと
気軽に聞き返すことは出来ないCDではあるのですが
松岡くんの迫真の演技が素晴らしかったので神評価です。

18

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ