カラーレシピ

color recipe

カラーレシピ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神13
  • 萌×24
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

36

レビュー数
1
得点
84
評価数
18件
平均
4.7 / 5
神率
72.2%
著者
作品演出・監督
本山哲
音楽
川中ゆかり
脚本
椎名理生
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
マリン・エンタテインメント
収録時間
80 分
枚数
1 枚
ふろく
公式通販:キャストトーク / アニメイト・コミコミ:描き下ろしペーパー / 公式・アニメイト限定「よるとあさの歌」連動購入特典小冊子
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

生真面目な笑吉と、お調子者の福介。
愛するが故に、愛したが故に堕ちていく二人の物語を音声化!
王道と非道が混ざり合う…究極のサイコパシー・ラブ!!

<あらすじ>
生真面目で無愛想…だから人気のないことが悩みなスタイリスト・笑吉の店へ、嫌味でお調子者のトップスタイリスト・福介が入ってくる。
終電を逃した福介を泊めた夜、寝ている笑吉に跨りながら欲棒を押し付けてきた福介の変態行動により、ますます大嫌いな存在に。
しかし、気味悪い出来事が笑吉に起こり続けることで、福介への思いが変わっていき…。アイツは本当に王子様――?
手に入れたいものへの情念と執念の行方は…。

表題作 カラーレシピ

福介 → 興津和幸

笑吉 → 内田雄馬

その他キャラ
龍来[村瀬歩]/ 美門[山中真尋]/ 鬼原[千葉進歩]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

しょーくんメッチャ可愛い+゚。*(*´∀`*)*。゚+

原作既読。

試聴をしたらキャストがドンピシャ!!
思わず購入ポチしてましたヾ(*´∀`*)ノ
メイン5人全員、原作の再現度が素晴らしい♪

ストーリーは原作通りです。
(多少削りはあるけど、ストーリーに関わらない部分なので問題なし)
原作のレビューでも書いたけど、この作品は出来ればネタバレ無しがオススメ。
でも音声のみだと原作ほどの衝撃はなかったかな。
既読済みで聴いてるせいか?ううーん。

情景などは原作がなくてもスルッと聴けたので未読でも大方楽しめると思います。
ただ若干わかりにくい部分があったのと、ドアノブにコンドームのシーンは音声のみだとあまりぞわわーっとくる衝撃がなかったので、ぜひ原作と共に「怖っっっ!」を楽しんでほしいです(﹡´◡`﹡ )

◆笑吉@内田雄馬くん

雄馬くんの低めの声だけど受けが似合う声イイですねぇ…。
無愛想でギャンギャンしてるしょーくんのイメージピッタリ。
強がったり弱音見せたり怯えたり、しょーくんの表情が見える。

んで、喘ぎがめちゃクソ可愛い!!!!
しょーくんの恥ずかしさで我慢して堪える漏れ息エロい//続き/
語彙力崩壊で可愛いとしか言えない…。
キスだけでグズグズになっちゃう声がエロい///(キスだけなのに!)
ギャンギャンしてた子がトロンと甘い声で「んっんっ」ってなって
初聴きの時はヒャー(∩´///`∩)って叫んだ…エロ可愛すぎる///
(収録はこの作品が初受けでしたよね?(ФωФ)シュゴイ)

◆福介@興津さん

安定の興津さんですね。
安心して聴けます。
色んな顔を見せてクルクル変わる福介をお上手に演じられてました。

鬼原さんから助けてくれたシーンやそのあと部屋でしょーくんの恐怖を取り除くシーンなど、しょーくんが落ちるの分かるな!とシミジミ。あんな助け方されて、優しく優しく癒されて、甘い声で「しょーくん」って呼ばれたらコロリと行くに決まってる。

◆龍来@村瀬くん

あああ!龍来だ!!!
低めだけど男に聞こえない、だからといって女声でもない。
という中性的なお声で淡々と話す演技がさすがです。

一番凄いな!と思ったのはラストの淡々と喋り倒すシーン。
「邪魔はしませんよ、手助けもしませんが」のセリフ!
含み笑い声での演技に背筋にぞわッと走るものが…。
龍来怖〜!!( ̄◇ ̄;)と初めて感じた瞬間でした。。。

◆美門さん@山中さん

ゲイに間違えられるのが納得の美門さんそのままでしたw
とゆか、所々オネェっぽいw

しょーくんの心配して、店内の空気を読んで。
見守りポジの優しいオーナーにぴったりの優しいお声です。

◆鬼原さん@千葉進歩さん

ぎゃーーーーΣ(゚д゚lll)
怖いキモい怖いキモい怖い!!!(褒め言葉)
鬼原さんの気持ち悪さ度はCDの方が上かも知れない…。
千葉さんのねっとりした口調の演技がゾワゾワする。

「もみあげを揉んでおくれ!!」のとこは叫ぶイメージだったので、ねっとりゆっくりだったのがイメージと違ったかな?でも「ひどいじゃないか」以降のシーンは原作の再現度がハンパない。千葉さんの鬼原はすごくハマってて粘着ストーカーの演技は流石でした。(褒め言葉)


CDを聴いた時に意外に思ったのはラストで笑吉の髪切った後、「いっしょに店やろう」のシーン。
原作を読んだ時は割と微笑ましい寄りのイメージで読んでたけど、CDのBGMはシリアスで暗い感じになっていて、作者さんの中ではこんなイメージだったのか!と。今後どうなるんだ…(´•̥ ω •̥` )
(余談ですが、カラレピ続刊予定だけど1巻だけでもキレイに纏まってます)

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ