お守りくん

omamorikun

お守りくん
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神19
  • 萌×220
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

135

レビュー数
10
得点
190
評価数
44件
平均
4.3 / 5
神率
43.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784864422567

あらすじ

重度の霊障体質の高校生(※留年中)・大野太は、ある日、自分とは真逆で「霊をはじく」体質のキラキラ少年・小林守と出会う。霊障に悩まされない快適な学校生活を送るため、自分に憧れていると言う守と友達づきあいを始めた太だったが…?!
表題作ほか2編を収録!レトロな町の、とびきりかわいい人びとの、ちょっぴり抜けてる恋模様。tacocasiの初短編集がついに登場です♡

表題作お守りくん

小林守,霊をはじく体質の高校2年生 ?
大野太,重度の霊障体質の高校2年生(留年中) ?

同時収録作品横井くんの字事情 前編 / 後編

泉一,優しくてイケメンの書道教室の先生
横井宗介,字が汚い事がコンプレックスのリーマン

同時収録作品ペロの言い分

ペロ(田中志信),高校2年生,受の幼馴染で忠犬 ?
有川喜一,高校2年生,攻の飼い主 ?

その他の収録作品

  • お守りくん その後(描き下ろし)
  • カバー下:イラスト・あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

良かった…!

この作品のテイストがとても好みです。
重くなく、軽すぎず、テンポよく読めると思います。
どのお話も続きが気になり、読みたいと思わせるラストでした。
もし続編が出たら迷わず買います。

0

お守りくん



どの話も好き。
エロはないけど可愛くて好きです。

横井くんの字事情
先生が意地悪過ぎ。そこがまた良いんだけども。
横井くん、自分からキスしたのに鈍感ですね。

ペロの言い分
この喜一が3つの作品の中で一番エロいと思う。

お守りくん
表題作でもっとホラー要素あるかなと思ったけどそうでもなかった。
でも、面白かった。
守は太の事が好きだからあんなにキラキラしてるんだよね?そうだと思ったけど違うかな。
この話ラスト読んで思った事がある。
まさか、守が攻め?なんて思ってしまった。
身長伸びてるし。
さわってもいい?とか言って太のこと軽く押し倒してるし。
お母さん帰って来て何事もなく終わっちゃいますが。
というか、太が逃げた。

楽しめたので違う話も読んでみたいです。

0

続編希望!

最近、これがホントやないかなと思うとです。キスどまり。
ここまででちょうどいいというとこで終わらせているように感じます。
どのお話もほっこり(´ω`)した~。
カバー下で、皆同じ町内での話やったんかい!となりましたが、そういえばどのお話にもチラッと公園が出てくるよね。
よく練られているこんなところも好きです。
ペロの話の時に登場する太のおでこの絆創膏が気になってたけど、表題作でまさかそんな理由だったとは、となりました。
どれも続きが読みたーい!ジャニコバは太よりガッチリでっかくなること希望。成人したふたりが見たいです。

2

ほっこり

『お守りくん』と『ペロの言い分』は、正直あんまり好きではなかったのですが。
『お守りくん』はおまけストーリーで将来的に攻受逆転しそうな兆しが描かれていたので、そこが好きではありませんでした。
受が男らしく成長するのはいいのですが、そこで攻受逆転するのは好きじゃない。

『横井くんの字事情』が好きでした。
泉先生カッコいい!
イケメンで優しくて、でもちょっと確信犯。
もうちょっと続きを読みたかった。

今後に期待です。

1

キャラに愛着のわく世界観

同時収録の二作含め、萌2評価。

絵と漫画のあたたかさがお話にマッチしてとても読みやすくかわいい、癖のない本だと感じました。
表題作である「お守りくん」をはじめ、とにかくキャラクターの表情がとてもかわいいです。
癖はないんですが、キャラひとりひとりにしっかりした魅力があり、もっとこの先も読みたい!シリーズ化してほしい!と思わせてくれます。

個人的な好みとして、お話ごとの主人公たちが少しずつ繋がっているような世界観がすてきでした。

ラブシーンは基本なく、ゆっくりほのぼのした青春の延長のような恋愛ものが好きな人におすすめです。

2

ほのぼのと癒し系…でもちゃんと満足!

MARBLE COMICSや東京漫画社のマークが、まるでイラストの一部になっているようなジャケットが印象的。レトロでわりと地味めな色使い、そして真ん中のふたりにしっかりスポットが当たっているんですよね。こちら、とっても楽しく読みました!色気はないが可愛らしいキュンが散りばめられている一冊という気がしますね。そして、特別な出来事があるわけではないけれど...どれを取っても心が和むし、その「ほのぼの」がいいよなぁ~と、お気に入り本になりました。

表題作+2作品。作品は発表された(雑誌掲載)順に収録されており、表題作はラストにありました。そこも個人的には高ポイントだったかな。だんだん面白く、だんだん盛り上がってくる一冊に仕上がっていたように思います。

表題作は、ある時からの守が意外なツンデレっぷり(と私は思ってます)を見せ、これを楽しみにページをめくってました。短かったけどね。なんだその布きれにくるまっているビジュアル!←可愛すぎです。太もいい子だったし。本来のワンコ気質がせっかく戻ってきたのに、なかなか前に行けないところで終わっている描き下ろしも、すごく満足な終わり方だと思いま続きした。

突然ツボにくる場面やフレーズがあったりして、そこは声を出して笑ってしまった。初回特典ペーパーもそのひとつ(笑)。さてと、きっと本日中にあと2回ぐらいは読むと思います。

5

キスというよりちゅー。

素朴な絵から生まれる細かい描写、全員にエールをおくりたくなるような愛らしい登場人物たち。
じんわり温かいものが沸いてくる味わいのある作品でした。
エロなんてまったくないし、感動大作ではないけれど読後のほっこり感が幸せな3作が収録された中編集です。
カバー下が興味深い!!
左右の並びは…あの左右ですよね!?というそれぞれのCP 。
背面に描かれている地図には、みんなが利用していた公園があって同じ町内なんだ~!という連作ならではの楽しさも隠されていました。

【横井くんの字事情】
下手な字にコンプレックをもつリーマン:横井くんが書道を習いに行き、教室の先生とモダモダする話。
先生との距離の近さにドギマギと赤面してしまう横井くんが可愛い。

しかし、この話は先生の[仕掛け]っぷりに脱帽です。
酔っぱらって顔を近づけてきたあの間!
吸い寄せられるようにちゅ。と、いっちゃう横井くんに笑ってしまいました。
仕掛けながら様子をうかがっていた先生が、ちょっとした勘違いから距離をとろうとする横井くんを逃がさん!!とばかりにしたお返しチューの角度!!手を添えるか!?
指でちょ続きん、と唇をつついて揺さぶりかけておいて自分からは告白しないとか、、めっちゃ萌えるじゃナァイ!
手とり足とりでお習字して腰とりで何を教える気だ…先生!!
ゲスさ発動してしまいました。

【ペロの言い分】
幼馴染みの高校生:きいちとペロこと、しのぶ。
転校生のきいちに一目惚れしたしのぶはきいちの愛犬が亡くなった時に、かわりにきいちの傍にいると決め、それ以来、犬名:ペロを引き継ぎます。
忠犬よろしく、自分を優先するペロの友人関係を憂慮したきいちに「潮時宣言」されたペロは勢いで告白するものの、きまずい感じに。

冷めた感じのきいちがペロを自分以外の誰かにとられるのは嫌だと独占欲が芽生えるっていうのは定番ですが安定の流れ。
照れながらの「しのぶ」呼びのタイミングも絶妙でした。

【お守りくん】
体調不良のあまり留年してしまうほど霊障体質の太と知り合った厄除け体質の守。
守に触れていれば体調不良にならずにすむ太はことごとく守をハグしたり密着の日々。

そんな太を好きになった守は、太が自分と一緒にいたがる[本当の理由]を知り距離をおこうとします。
自分とは違う理由でくっついてくる太に対し、あからさまにショックをうけた守の姿が可愛いです。
こういうときって、悲愴感や切なさで表現する子は多いけれど、ちゃんと言いたいこと言える子、あんまりいない気がするから新鮮でした。

よそよそしい態度をとる守の本心を知って戸惑う太。
【ペロの言い分】でアニキっぽさを見せていた太のうろたえ方に思わず頬がゆるむ~!
霊障を省みず守を助けに行った太は自分の気持ちを自覚し、ふたりはうまくいきます。

描きおろしでは1年後の話。
太もしっかり守を好きになっていて良かった~。
積極的な守を意識しすぎちゃって逃げ腰な太が微笑ましかった。
これは近いうちに太が押し倒される予感!!

‐‐‐‐‐‐‐

1冊まるっとくすぐったいような、あたたかい気持ちで読めました。
厄よけというより縁結びみたいなカバーデザインも可愛かった~!!

6

ほのぼの~

なんとなく冒険して買ってみた初読み作家さんの一冊。
tacocasi先生というお名前も面白いですし。
あらすじを読む限りでは、霊体験が出てくるらしいのに。
表紙のイラストがあまりにもほのぼのし過ぎですし。
これは気になるなぁ、と手にしていました。
読んでみて。
全体的にほのぼのしていて、と~っても面白かったです。


内容は三つのお話がありました。
表紙裏に図解もあるのですが、実は同じ町の中のお話たちです。

『横井くんの字事情』
あまりにも字が汚いために、仕事に支障が出ていた横井くん。
元アルバイト先だった最寄駅近くの飲み屋で、仕事帰りに習えるお習字教室の事を知り。
週に一度、そのお教室で字を習い始めます。
泉先生はとてもイケメンで爽やかで、ちょっとスキンシップ過多ぎみで…?

『ペロの言い分』
喜一は昔、飼っていた愛犬のペロを溺愛していた。
愛犬が亡くなった時に代わりになると宣言した日から、ペロは喜一の忠犬。
ペロは学校で人気者なのに、いつでも誰よりも喜一の事を最優先する忠犬ぶり。
そんなペロに危機感をおぼえた喜一は…?

『お守りく続きん』
太は霊媒体質で学校に通うこともままならず、すでに一年留年している。
ある日の登校時、霊をはじく体質の守に助けらる。
守に触れると霊が消えるため、太は必然的にスキンシップ過多ぎみに。
事情を知らない守は太のスキンシップにドキドキして、キラキラオーラを振りまくり。
更に霊をはねのけるけれど…?


どれも面白いです。
はじめのお習字のお話は、同じ教室に来ている小学生の女の子が生意気で可愛いし。
その小学生女子に馬鹿にされる横井くんがさらに可愛いです♪
そして先生が自宅の教室時、ラフすぎる服装とサンダル履きが妙~に色っぽい。
他の場所での講師時には、きちんとした服装というギャップも良かったです。

ペロと喜一は、喜一の数少ない喜怒哀楽っぷりが楽しかった。
最後にペロを呼ぶシーンも、そのあとのオチも好きです♪

表題作のお守りくんは、守の前半のキラキラっぷりと後半とのギャップがと~っても楽しいです♪
結構後半の守、好きなんですよね。
太はペロ達のお話にも沢山出てきていて。
いつもケガをしているから喧嘩っぱやいのかと思ったら、まさかの霊媒体質のせいという理由が可愛い。

どのお話も、とってもほのぼのしていて可愛かったです。
tacocasi先生の今後更なるご活躍に、かなり期待しております!

6

レトロ&キュート!

tacocasiさんのイラストの大ファンのわたしは
こちらのデビューコミックス、
めちゃくちゃ楽しみにしておりました!

表題作を含め3つのお話+描き下ろしが楽しめます。
それぞれのお話自体に、目新しさはないし
特に大きな事件が起こるわけでもないけれど、
レトロでキュートな絵柄に比例するように
3作品共、ほのぼのしていて本当に本当に可愛らしい物語です。

絵だけではなく、キャラ設定・舞台設定もイイ。
書道教室の先生(優しいイケメン&確信犯要素有り☆)+
生徒(素朴で字が下手なリーマン)や、
飼い主と犬の関係にある幼なじみ同級生コンビ(ペロが可愛い♡)、
超霊障体質男子(留年していてペロと友達)+キラキラ男子...と、
爽やかに弾けるレモン味~というよりは、
麦茶が似合うような、素朴な可愛らしさ、味わい深さがあります。

作中のお色気は、ほとんど皆無です。
それでも、それぞれのほのぼのとした物語の中で、
キスをしたりされたり、犬のように唇をぺろっと舐めたり、
霊障でクラッとしている相手を覆いかぶさるように抱きしめたり...
男子たちのそんな可愛続きらしいスキンシップに
並ならぬ萌えを感じるのは、わたしだけではないはず...!

ここまでレビューを書き進めていて、可愛いしか書いていませんが(笑)
非常に読み易いお話と絵柄ですので、
BL初心者の方にも自信を持っておすすめできる一冊です。
勿論、中級上級のお姐さま方にも
これから恋がはじまっていく一歩手前の、可愛い男の子たちのお話を
ほのぼのとした気持ちで楽しんで頂けると思います♡

因みに、本書に収められている通り
tacocasiさんが描く制服男子は素晴らしいのですが、
着物男子も色気があってとても素敵なのです!
レトロな時代物も絵柄にハマると思うので、是非熱望致します♪
ということで、次回作も大いに期待しております~!!

8

かわゆさ満点な、恋のはじめ。

こちら3つのお話が入っている初コミックスです。
「801 AUTHORS 108」のインタビューを見て興味がわいて、
すごく楽しみにしていました。
等身大なキャラたちが生き生きと描かれていて、
帯にあるように、かわゆさ満点!
エロなしキス止まりの1冊ですが、ほっこりできて満足です。

掲載順に内容を紹介します。

■「横井くんの字事情」2話
社会人3年目の横井くんは、字が汚いのがコンプレックス。
あまりにヘタクソな字で、同僚にも迷惑をかけるほどなので、
書道教室に通う事にしたら、その先生がイケメンで……というお話。

書道を教わるのって、手はもちろん体もピターーっとくっつくし、
先生は普段からスキンシップ多めだし、
横井くんはノンケなのに、なんだか意識しちゃってドキドキ。
そのせいで、一緒に飲んで酔った先生に思わず、
ちゅーをしちゃうんだけど、先生は覚えてない? 彼女もいる…??

純朴なノンケって感じの横井くんが、ぐるぐるする姿は可愛くて、
実はちょびっと腹黒?策士?な先生が、
優しい笑顔を見せながら手の上で転がしたくなるのも、分かるなぁ!続き

■「ペロの言い分」1話
飼い主と忠犬の関係の、喜一とペロは幼馴染み。
出会った時から一目惚れで、愛犬が死んで悲しんでいる喜一見て、
代わりにペロになるよ!と言って以来、いつも一緒だし誰より優先。
だけど喜一に、「こういう関係も潮時」と言われてしまって……?

ペロのヘタレだけど真っ直ぐな忠犬ぶりと、
飼い主を脱した喜一の、たどたどしい感じがとてもいい。

■表題作「お守りくん」2話+描き下ろし
頼りがいがありそうな外見なのに、実はものすごい霊障体質で、
出席日数不足で留年してしまった太(表紙左)。
登校すらままならない太を偶然助けてくれた守(表紙右)は、
アイドルっぽいキラキラした外見で、なぜか霊をはじく体質の同級生。
守に触ってもらうと太は苦しいのがおさまるし、
一緒にいると霊に悪さされないので、2人は仲良くなるんだけど、
太が好きな守は、霊障のことを知って急にそっけなくなって……

「ペロの言い分」とお話が続いていて、
友人同士のペロと太のやり取りも微笑ましいし、
一見助けるのが逆に見える、太と守のちぐはぐさも、
守の恋心を知って関係がギクシャクする若さも、リアルでよかったな。

描き下ろしでは1年が経って、守が成長して大きくなっていて、
だけどふたりは初々しいままで、じんわりと萌えました。
できれば、キス以上のことも見たかったな。


どのお話も、恋の本番はこれから~~という所で終わっているので、
それぞれが今後どんなふうに関係を深めていくのか、気になります。
できたら続きが読みたいし、
tacocasiさんのサイトにあるイラストを見ると、
もっとディープなお話もストックしていそうな雰囲気があるので、
これからの作品が、すごく、すごーーーく楽しみです。

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ