純情サニーデイズ

junjo sunny days

純情サニーデイズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
24
評価数
7件
平均
3.4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784403665264

あらすじ

サラリーマンの樹は、残業後の終電待ちホームで、同じく終電常連組の大学生・彰と親しくなった。
ある日、泥酔している彰を仕方なく部屋に泊めると、翌朝目覚めた彰が『彼』と同棲していた家を飛び出してきたと言い出して……!?

サラリーマンと大学生の表題シリーズと、スピンオフの『片恋アンサンブル』、
さらに年下わんこ攻×クールメガネ受の『純愛レシピの作り方』を収録した
坂崎 春のピュアラブ・プラットフォーム!

表題作純情サニーデイズ

樹奏汰 サラリーマン
悠木彰 大学三年生

同時収録作品片恋アンサンブル

市原篤 サラリーマン
鳴瀬優 サラリーマン 後輩

同時収録作品純愛レシピの作り方

榎戸梓 大学生
吾妻あき人 大学のカフェのシェフ

評価・レビューする

レビュー投稿数2

さらっと読めます

リーマンと大学生ものです。
大学生の彰が元カレがいたり、経験ありなのに、キスをしてもらったことがないと言うのがなんとも悲しくて、樹じゃないけど、一発殴っていいですか?と言う気持ちになりました。
そんな最低な男と付き合っていた彰がノンケだけど優しい樹と徐々にひかれあって、両想いになれて本当によかったよかった。

個人的にはこの樹の会社の先輩と後輩のお話が好きでした。素直じゃない鳴瀬がすごくいいっ!最初は樹さんの事を好きなのかと彰も勘違いしてしまうのですが、実はいつも塩対応をしている市原のことが…。

どちらもノンケとゲイのお話で、ゲイの子は自分が男の人しか好きになれないと言うことを引け目に感じていたり、隠さなきゃと思っていたりするので、たまに見え隠れする悲しさがぐっと来ます。

0

あっさり気味のお話が数編

表題作は、終電の駅でよく顔をあわせるサラリーマンと大学生が、ひょんなことから知り合い、仲良くなる話です。

毎日残業で終電続きのサラリーマン、樹(攻め)。顔だけは知っていた学生が、持っていた荷物をぶちまけてしまったのを助けてやったことから話を交わすようになります。
ある晩、その学生・彰(受け)が駅で酔っ払って寝ていて、仕方なく自宅に連れて帰ります。わけを聞くと、同棲していた彼氏と別れて飛び出してきたと言うので、しばらくここに住んでもいいよ、と同居することに。

攻めがいい人でした。名前も知らない相手を連れて帰り、ノンケなのにゲイだという受けを住まわせてやるとか。まあ、結構早い時点で受けのことを好きになってるので、自分ではきづいてないながらもすでに惹かれていた、という感じかもしれません。
絵柄が可愛かったです。でもサラリーマンも学生に見えるような絵柄でした。

上記の攻めの同僚2人が主役のスピンオフも載っていました。気のいい大らかなノンケ先輩×クーデレ気味の後輩というサラリーマンカプです。
ありがちではありましたが、こちらも可愛いお話でした。

あともう一作別の話が続き載っていましたが、こちらはイマイチよくわからない話でした。大学生×大学内のカフェのシェフ、というカップリングの作品なのですが、これは何か他の本にでも載っていた作品のスピンオフなのかな? やたらと受けの家族がたくさん出てきて、父だの兄だの弟だのが紹介されているので、長編マンガの導入部を読んでいるような印象でした。
やたら持って回った家族の説明から入った割には、受けと攻めのエッチもなくあっさり終了して、何だったのかなと思いました。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ