「愛を棄てた金糸雀」番外編・コミコミスタジオオリジナル特典書き下ろし小冊子・悩乱蜜夜

ai wo suteta canaria

「愛を棄てた金糸雀」番外編・コミコミスタジオオリジナル特典書き下ろし小冊子・悩乱蜜夜
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

46

レビュー数
1
得点
10
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
愛を棄てた金糸雀

あらすじ

本編後の天遊と神羅のストーリー。


別宅で毎日、天遊を待つ身である神羅。
天遊は本宅で息子の見合い話が進んでいることに
頭を悩ませていました。
そのことを神羅に打ち明けて・・・?

表題作「愛を棄てた金糸雀」番外編・コミコミスタジオオリジナル特典書き下ろし小冊子・悩乱蜜夜

宗天遊,軍人,35歳
花東紳羅,元宮廷歌劇団の星歌手,25歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

甘々なお話ではありますが

コミコミスタジオさんで購入すると特典でいただける書き下ろし小冊子です。A4の紙3枚を真ん中で折ってつくられているA5サイズの大きさの小冊子で、小説部分のページ数は7P。

さて内容は、というと。すみません、ネタバレしてます。


時系列としては本編の後。神羅視点で書かれています。タイトルは『悩乱蜜夜』。

忙しい合間を縫って別宅で待つ神羅に会いに来てくれる天遊。けれどその日は気もそぞろな様子の天遊に「何かあったのか」と問う神羅で。
天遊の妻子について今まで会話を避けてきた二人ですが、この日妻子について自分の気持ちを吐露した天遊ですが、その内容が天遊の息子に妻を、という話が進んでいるというもの。

自分も結婚する気はなかった。
息子の意に反して結婚させるのはかわいそうだ。
もし、息子夫婦に孫ができたら自分は「祖父」になるわけで、それも年を取ったようで嫌だ。
という趣旨の話をします。

その中でも天遊が一番心配なのが、「お爺ちゃんになったら神羅が離れて行ってしまうのではないか」という点。
けれど、そんな心配はいらないと答える神羅に、そのままエチシーンへと…続き

というお話でした。

シリアスな雰囲気が漂っていた本編とは異なり、甘々で二人が仲睦まじく過ごしている様子が伺えてほのぼのするお話ではあるんです。

ただ、天遊の妻子の話とか、孫ができるかも、とか、そういう話って必要だったかな、とも思ったりしました。「攻めの妻子」については地雷の方は少なからずいらっしゃるんじゃないかな、と思うので。

ですが、「天遊の息子が不本意な結婚をしてつらい思いをしないように守ってあげてほしい」と神羅が天遊に告げたり、「息子は宋紳蘭の隠れファンらしい」と天遊が話したりするシーンが最後に出てきたので、もしかしたらスピンオフの伏線なのかな…?とちらりと思ったりもしました。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ