古都の花火(「古都の紫陽花」スペシャルショートストーリー小冊子)

koto no hanabi

古都の花火(「古都の紫陽花」スペシャルショートストーリー小冊子)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

173

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
雄飛
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
古都の紫陽花

あらすじ

「古都の紫陽花」スペシャルショートストーリー。花火大会に行った二人の話です。

表題作古都の花火(「古都の紫陽花」スペシャルショートストーリー小冊子)

大門京介,刑事,30歳
当麻博雪,刀鍛冶,28歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

花火大会に行く二人

出版社による特典おまけ小冊子。京介(攻め)の視点です。

恋人の博雪(受け)を誘って花火大会にきた京介。休みくらい何もかも忘れて楽しみたいと思いつつも、つい不審者に目を向けてしまったり、幽界のものを見てしまう。同じ警察署の婦人警官たちを発見して、見つからないようにとお面をかぶるも、あっさりと見破られてます。相手をしている間に博雪を見失ってしまい、慌てて探しますが…という話です。

表紙・裏表紙を除いて6ページのSSなのですが、読み応えがあります。
京介が子供の頃に会った狐の少年が登場し、この世でないものたちに囲まれて花火を見ることになる二人。なのに、怖くない。互いに自分の「守り刀」「刀守」だと言う二人には、この先はなんの不安もない安定感がありました。

携帯電話がなくても京介を見つけられる、京介から視線を外したことがない、とさらりと告げる博雪は、「男前な受け」そのものだと思います。京介は「俺」、博雪は「おれ」という一人称も凝っているなぁと思いました。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ