空に響くは竜の歌声 竜王を継ぐ御子

sora ni hibiku wa ryu no utagoe

空に響くは竜の歌声 竜王を継ぐ御子
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×26
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

82

レビュー数
9
得点
88
評価数
21件
平均
4.2 / 5
神率
52.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
単行本
発売日
価格
ISBN
9784799729830

あらすじ

「リューセー、子ができたんだ。オレとお前の子だ! 」
異世界エルマーンに召喚された龍聖は、
自らの死も辞さずに愛してくれる竜王フェイワンに惹かれていく。
やがて、婚礼の日…婚礼の儀式は、朝も夜もなく、ひたすら愛し合うことだった…!
その中で、龍聖は自分が竜王の子供を生むことができる唯一の存在だと知らされ、戸惑う。
だが、フェイワンへの想いを自覚し、深く愛し合うようになった龍聖は、フェイワンの子を身に宿し…!
「義務だけじゃできない。貴方を愛しているから、体の中に芽生えた命を育てて産み落とすんだ」
産まれ、育っていく竜王家の子供たち。
初めての子育てに、日々奮闘する龍聖。
竜王家に関係する竜族たちのドラマ。
やがて明らかになる前龍聖の死の真実、未来へ繋がる奇跡…!
竜王の血脈、運命の恋。WEB発人気BL、堂々完結! !

表題作空に響くは竜の歌声 竜王を継ぐ御子

フェイワン・エルマール王国の国王
リューセー・元銀行員で現エルマール王国の王妃

評価・レビューする

レビュー投稿数9

やっぱファンタジー好きだなぁ。

前半よりまたもや分厚くなった続編。ただ今回は分厚いのがとてもうれしかったです。
(前以上にひたれると思うとばんざ~い!!)

ただ他のリューセーが気になってきて、シリーズ化されること願っております。

0

待望の続編

『空に響くは竜の歌声』後編。
フェイワンの惜しみない愛情に心が癒やされました。温かいなぁ。。龍聖が羨ましいです。こんなふうに愛されたらすごく幸せだろうな(*^^*)

フェイワンに愛する家族がたくさんできて良かったです。子沢山で微笑ましい限り(龍聖えらい!)

タンレンとシュレイも主役ふたりと同じくらい好きなカップルでした。

最後の木漏れ日の中で、世継ぎのシィンワンと十代目龍聖との未来が幸せそうでほっこりしました。

完結して寂しいけれど今後は同人誌を追いかけます。

2

厚み半端ないけど読みやすい

前巻にもまして分厚くなった今巻。
あまりの厚みに怯みつつも、楽しく読むことができました。
フェイワンと龍聖の婚姻からこの巻はスタートです。
様々な儀式が進み、子作りもし、エルマーンの后となった龍聖の、出産子育て編という感じなのですが、何だか本当にものの見事に出産子育ての話で1冊です。
これはBLか? と一瞬、我に返って思ったのですが、じゃあTLだと良いのかというとそういうわけでもないので、これはこれで男と男が結ばれて、腹の中に不思議な器官が出来上がり、子供産まれるんですよという設定にそういうものだと言い聞かせました。
今まで読んだ出産BLって、その辺上手にぼかしたりが多かったのですが、これは今まで見たことないパターンでした。
龍聖が身ごもり、妊夫生活から卵を出産し、孵化するまでの過程が非常に丁寧に書かれていて、結局やっぱりBLということをすっかり忘れながら読んでいたのですが、ちみっこも大好きなので私は楽しめました。
次から次へとぽこぽこ卵を産んじゃう受って凄い!

そしてそこからは子育て編が延々と続きます。
特殊な能力を持って生れた長姫、お転婆な二の姫、そして次代竜続き王となる王子、その後にも王子に姫にと休む間もなく出産子育て出産子育て……と忙しい。
出産はともかく子育てに関しては現実に引き戻されて、こんな聞き分けのいい子供いるかよ、と若干ひねくれ気味に。
お姉ちゃんなんだから、お兄ちゃんなんだからという子育ての仕方にモヤったりもして、この辺に関しては何度も首を傾げながらではありましたが、最後まで読んでみて満足感でいっぱいになったので良かったかなと。
きちんと次世代への繋ぎも書かれていて、続編への期待も膨らみます。

出産子育て大丈夫で、ちょっと変わったファンタジー読んでみたいという方にはおすすめです。

2

分厚いけど、サクサク読める♪

本があまりにも太くて重くて(A5サイズ)、しかも前編後編があって、話のアラスジを読むと面白そう!買うのを躊躇していましたが、買って大正解でした!!
でも、なんで文庫にしてくれなかったの?とつっこみたいです。5冊くらいになってもいいから…。

ざっくりファンタジーで、さくさく読めて、大ハッピーエンド♪♪最高です!

男なのに子供を産む。でも、卵だし、元々BLなので、ファンタジーだと思ってるので、子供が可愛ければなんでもOKです(笑)
最初のページに、登場人物の紹介があって、あー子供を4人産むんだなぁと思ってたのに、最後まで読むともっと産むんかい!とびっくりしました(笑)

攻めさんが、受けさんをとっても愛していて、子供が可愛くて、竜が可愛くて、甘甘のラブラブです♪♪

番外編を読みたいです!
同人誌があるようですが、絶版のようなので、商業誌で出してほしいです。次は文庫で、せめて、新書で読みたいです!

2

ちゅーばっか

同人誌、絶版じゃないですよ?
私は早速買ってしまいました。
全部で12冊もあったので、さすがに予算が~~~と、とりあえず1,2巻を買ったのですが、面白くて次も読みたくなり、結局全部買ってしまいました!

竜が歌う国に行きたいな

出産・子育て編とも言える下巻
エロエロな婚姻の儀からはじまり、出産、子育てと家族の幸せな風景を眺めながら、フェイワン良かったね~と、ほっこりしたり、所々にうるっとくるような話ありと、下巻は下巻で盛り沢山な感じで、あっという間に読んでしまいました。
最近はBLでも子供を生む話が、いくつか読めるようにはなりましたが、ここまでじっくりと出産や子育てに向き合う話は少ないかもしれません。
すっごくステキなイクメンのフェイワンに、「こんな夫が欲しい」とどれだけの主腐が思ったことでしょうか?
気になるタンレンとシュレイの二人も、何年も何年も掛けてのタンレンの押し出し!という感じで結ばれて、本当に良かったな~と。

最後の『優しい顔した竜達が…』で結ばれた一文がとても好きです。
本編ラストからの番外編に、色々な思いが込み上げて、ちょっと目頭が熱くなりました。

王道でも、やっぱりこういう大団円なハッピーエンドが、幸せな気持ちになれていいです。

ぜひシィンワン達の物語も、書籍化してほしいですね

4

竜が歌う。その意味は──。

前作にて愛を確かめあった二人。
今回は二人のお子さまが誕生です。

男の身でありながら、子を産む──。
生きてきた中で考えられない、異世界での自分の立場や仕組みに葛藤し悩むリューセー。
フェイワンが好きだから!と悩まずに何でもハイハイ受け入れるのではなく、自分の中で答えを探す様子がとても好きです。

不安を言葉にし、悩んで、前向きに考え──そして、出した答えはシンプルで。
『フェイワンを愛しているから』
結局はそこに行き着くのですが、リューセーがちゃんと向き合って出したことに意味がある。

フェイワンは多少強引だけど、リューセーへの気持ちは惜しみ無く言葉と態度にあらわしているので、リューセーも安心して胸に飛び込めるのかもしれません。

ある意味主役二人よりも気になっていたシュレイとタンレン。
シュレイは自分に向けられる気持ちの意味を気づきながらも、それを見ないようにし『自分なんか』と逃げてきました。
それでも諦めずタンレン粘り強く愛を囁き続け…シュレイはもう見て見ぬふりは出来なくなってしまいます。
タンレンの粘り勝ち!
幸せになってもいいんだよ、シュレ続きイ。と切ない気持ちと同時になんだかあたたかく見守ってあげたくなります。

『空に響くは竜の歌声』
ジンヨン──竜が歌う、その意味は。
王が、幸せだから。
王が幸せなのはリューセーを愛しているから。そしてリューセーも王を愛しているから。
二人が幸せなら国も栄え、そして幸せは連鎖していく──。
そんなことを勝手に想像してしまいました。

前作から気に入っていたラウシャン。
シェンファの押せ押せモードに半ば押されながら承諾してしまうところに笑ってしまいました。
まさかの逆プロポーズ(笑)

愛が溢れ、優しさが溢れ、とても素敵なお話でした。

4

先のお話

一作目では攻め様フェイワンと受け様龍聖がようやく結ばれた辺りで終わっていましたが、二作目はどんどん進みます。
章が変わると何年か経っていたり。
間のエピソードは描かれていなかったりします。
一作目の最初に家系図が載っているので、その時点ですでにネタバレでしたが、今作ではフェイワンと龍聖の次の世代が始まる辺りまで描かれます。

結婚式と第一子の出産位まで前作同様に細かく描かれているので、フェイワンと龍聖のエピソードは一旦そこで完結というような印象でした。
その後もお話は続くのですが、何年も飛んで間のエピソードが描かれずにお話が進むため、第一子出産以降は長いエピローグというような印象です。
ハッピーエンドです。
でも、時代が変わるところまでお話が進むので、長いエピローグの中ではもう登場しないキャラがいたり。もういないキャラが過去形で語られたり。フェイワン達が愛しあって、友情の愛も、家族の愛もたくさんあったからこそ、もういない事が泣けて仕方なかったです。
後半ずっと泣いてました(苦笑)

5

さっくり読めます

『空に響くは竜の歌声 紅蓮をまとう竜王』の続編であり、完結篇でもある今作品。続きが気になっていたので、続編がこうしてすぐに発売になるのは読者としてはとてもうれしいです。

『~ 紅蓮をまとう竜王』では、フェイワンとリューセーの想いが通じたところで終了。『~ 竜王を継ぐ御子』は二人が正式に婚姻を結び、世継ぎを…、というストーリーになっています。

龍聖が『リューセー』になることを受け入れ、またフェイワンへの自分の想いを自覚したリューセーは強くたくましかった。王妃としての役割を果たすために頑張る健気さんでほっこりします。
そして、前半は『子をなすため』という理由も重なり、エロエロ~な展開でした☆前作は甘さがあまりなかったのですが、こちらでは甘い二人が堪能できます。

男が男に抱かれ、そして子をなす。
そのあたりの葛藤を、先代の(フェイワンを産んでくれた)リューセーの死の謎とも絡ませ、上手に描いているのもよかった。子どもがたまごで生まれてくるとか、その子どもとペアになっている竜の誕生といった展開も斬新で面白かったです。

前巻で謎だったところも解明しつつのストーリー展開で続きした。リューセーがこちらの世界へこれなかった理由とか、リューセーの、龍聖だったころの世界もチラリと描かれていて次世代の『リューセー』のつながりも見えたところはとてもよかった。

このお話は代々守屋家の『リューセー』がエルマーン王国の王に嫁ぐというお話なので、後半はフェイワンとリューセーの子どもの話へ少しづつ移行していっているのですが、急に何十年も時間がたっている時間軸で書かれていて、ちょっと「?」となったりしました。
子どもが4人産まれたこと(人数が多いので一人一人の話をじっくり書いていない)や数十年後の話が盛り込まれているのが、個人的には急展開すぎてついていけず、失速感を感じました。

それと『~ 紅蓮をまとう竜王』で激萌えしたシュレイとタンレンの二人の話。タンレンの、シュレイへの変わらない深い愛情には萌えましたが、いつの間にかシュレイがタンレンを受け入れている感じになってたのが少し残念でした。この二人の話をもっと読みたかったので。
でも、このストーリーの主人公はフェイワンとリューセーなので仕方がないといえば仕方がないよね…。ということで、ぜひともこの二人をメインにしたスピンオフを描いていただきたいなあと思ったりしました。

4

軽いファンタジー

受の主人公が婚姻の儀式をして妊娠・出産(正確には違うが)する下巻。私はBLで婚姻も妊娠も全然気にしないので問題なく楽しめた。ファンタジーなんだから細かいところは気にしない。
とはいえファンタジーと言えども細かい設定の矛盾を考え始まるとキリがないので軽い気分で読むといいと思う。増えていく子どもは可愛いし、次世代に血筋がきちんと繋がっていくのが分かる終わり方で満足できた。ただ、やはり本が厚くて読みにくい。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ