エッチの時はとってもみだら…♥

雌お兄さん

mesu oniisan

雌お兄さん
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
20
評価数
8件
平均
2.9 / 5
神率
12.5%
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
発売日
価格
¥926(税抜)  ¥1,000(税込)
ISBN
9784861348846

あらすじ

一見真面目で平凡な人。でもその本性は誰も知らず、そのいやらしい姿は誰にも見せれない…。
滲み出る色香に当てられて、一度触れてしまえばもうその魅力から逃れる事はできない――…。
それが「雌お兄さん」。

執筆者:みちのくアタミ/みつこ/都みめこ/カシオ/松基羊/ろむ/ハジ/五月女えむ/ぴい

表紙:ぴい

表題作雌お兄さん

その他の収録作品

  • 都みめこ「兄弟ごっこの恋模様」
  • みちのくアタミ「イイことわるいこと」
  • 五月女えむ「ロックアップモーテルで待ってる」
  • カシオ「二丁目の長い夜」
  • ろむ「ぼくといやらしい先生」
  • 松基羊「パパは先生に知ってほしい。」
  • ハジ「ノラ猫の甘い憂鬱」
  • みつこ「君は知らない」
  • ぴい「演じてラヴァー」

評価・レビューする

レビュー投稿数5

ページ数に大人の事情が出過ぎてやしませんか

ハジさんの作品が「DOUBLE HOUND」の店長×カトリと聞いて、店長(垂れ目三白眼のイケオジ♡)推しとしては「これは買わねば!!」と思ったのですが、いかんせんページ数が少なくて…
レンタが今やってる1チケキャンペーンの恩恵にあずかってやっと読みました♪
レンタさんありがとーう!
ちなみに修正は白抜きです。

それにしてもこのページ配分はなんなんでしょうかね?
(各作家様のページ数は一番最初にレビューされている東雲月虹さんが丁寧に書いてくださっていますよ)
第2弾の「パリピ -party☆people-」が先日出ましたが、そちらのレビューを読ませてもらうとやっぱり同じような配分差があるようで。
200ページ弱で1000円とそれなりなお値段設定なので、これでは買い手を大きく取りこぼしてるんじゃなかろうかと要らぬ心配をしてしまいます。

さて、中身ですが。

お目当てのハジさんは6ページ。
デリヘル店長×従業員。
「雌お兄さん」かと言うと…んー雌お兄さんかなぁ?と思ったのが正直なところ。
でもカトリ可愛いわぁ♡
そして店長のイケオジダンディズム!
店長の続き掌の上で上手く転がされながらも束の間の幸せを感じてるカトリにキュンとします。
それにこれ、店長だってまぁまんざらじゃないっしょ(*´艸`*)

テーマ的に「読みたいものが読めた!」と思ったのは、みつこさんの「君は知らない」。
リーマン同士。後輩×先輩。
ページ数もたっぷりあって満足感高し!
雌お兄さんと一口に言っても定義は人それぞれだと思いますが、私の中では、
「クールでストイックそうな見目麗しいお兄さんをいざ脱がせてみたら」→
×ビッチでエロかった…みたいなんじゃなくて、
○「すんげー可愛かった!!!(≧∇≦)萌萌萌」みたいの。
はあああぁぁあぁ先輩可愛かった〜〜〜

総評としては、ライトなエロ萌えアンソロで、自分の好きなタイプの雌お兄さんが見つかれば楽しめるかなという感じです。
作家毎のページ配分がもうちょっとどうにかなればいいのにな。

1

まだまだ足りない!!


んーー。この作品の中で個人的に雌お兄さんなのが
「ぼくといやらしの先生」です。

後の作品はあまり雌お兄さん、という感じではなかったですね!

ぐちゃぐちゃになったお兄さんがまだ足りないなぁという感じです。

0

ページ数に問題あり。

アンソロジーだから一人一人の作品ページ数は少ないだろうと分かってはいました。
でも目当てのお二人、ぴい様とみちのくアタミ様のページ数が2pと4pってあまりにも少な過ぎたのでショックでした。

アタミ様の作品は、二人の関係は近所に住んでいる幼馴染(?)で、勉強を教えに来てHしてる、という状況が分かります。

ぴい様の作品は、唐突に始まりすぐに終わってしまいましたが、艶っぽくてエロ可愛かったです。
とらの特典ペーパーで、二人は電車で初めて知り合って、いろいろあったらしいと会話で察しましたが、もっとじっくりと長いお話が読みたいです。

初めて読んだ、都みめこ様の作品が結構好みのお話だったのは嬉しいです。
なんちゃって弟として膝枕とか甘えてくる攻めに、受けはもっと性的に仲良くなりたいと焦れてくる様子が面白かったです。

2

創刊アンソロ☆掲載ページの差がすごい1冊

こちら、これが創刊号になる、
フロンティアワークスによるアンソロジーです。
今後は、
パリピ(3人以上の、その場のノリでのグループセックス)、
民族(つがいの掟、村の因習など、抗えない運命に蹂躙されて…)、
などの仮題で第2弾、第3弾が用意されているようです。

今回の創刊号を読んで、今後を買うかは正直微妙…です。
普通アンソロだと、好きな作家さんが何名も名を連ねていると、
とても気になって買いたくなるのですが、
このアンソロは収録ページに差がありまくりで、
読んでみないとどれだけ掲載されているか分からない!ので、
次を買うのは躊躇してしまいそう。

今回の本では、
表紙を飾った ぴいさん の漫画はたった2Pだったので、
ぴいさん目当てで買ったファンの方からは反感を買っていないのか、
もう買わない!と思われてないか、心配になっちゃう…大丈夫なのかな…
わたしはぴいさん目当てではなかったですが、
収録されている2Pの漫画も、
とらのあな特典の ぴいさん のペーパーもすごくよかったので、
もっと長くしっかり読ませてほしかった!!と強く思ってしまった続きな。


特に好きだった作品の内容も少し…☆

■ぴいさん『演じてラヴァー』
恋人の攻めが家に来るのが分かっていて、
わざと鍵を開けてシャワーを浴びていてた受け。
「どうせ変質者に犯されるプレイでも期待してたんだろ?」
そう攻めにちょっとイジワルな風に言われて、
『分かってんならノってよ、じゃあ、今からでも犯してくんない?』
そう答えて後ろを広げて見せる、その受けの煽る表情がすごく色っぽい!
完全に立場が受けの方が上なのも、
ギャーギャー言いながらエッチになだれ込む様子も、
受けの『優しくほぐすなっ』のセリフにも、思わず笑っちゃった☆

■ハジさん『ノラ猫の甘い憂鬱』
既刊コミック「DOUBLE HOUND」のスピンオフ。
デリヘルをしているカトリが、結構年齢が上の店長に片想い。
客をとり終わった後に、気分アゲるの手伝って?と、
カトリが店長にお願をして体を弄ってもらう。
感じながら「一番好きな男には絶対抱いて貰えねーんだもん…っ」
そう切ない気持を店長にぶつけるカトリだけど、
その相手が自分だと分かっていながら、
上手く躱しつつ大人の余裕と色気を出す店長、魅力的すぎました!

■みつこさん『君は知らない』
ページが多いのもあって、一番読み応えがあると感じたリーマンもの。
仕事ができるけど冷酷で陰で鬼軍曹と呼ばれている受けから、
いつも散々怒られて恨みが募っていた部下(攻め)。
ある日レンタルビデオ屋で、
受けが感動の動物モノを借りようとしているのを、攻めが目撃。
顔を真っ赤にして「言わないでくれ…」と受けにお願いされ、
弱みを握った!利用して憂さ晴らしをしてやれ!と思っていたのだけど、
だんだんと素の受けを知って惹かれて…
受けの、格好いいのに雌っぽい色気がぶわっと感じられる時の顔が、
すごくよかったな~コミック化されたらぜひ買いたい☆

修正は、白帯と白丸の両方使いでしたが、
そんなに気にならない感じでよかったです。

やっぱり、作品によって差がすごいページ数が次回買う時のネック、
表紙にどの作家さんが何ページ掲載か書いてくれるといいのにな。

7

綺麗なお兄さん達の痴態

『兄弟ごっこの恋模様』都みめこ 34ページ
(将文×清二)
ゲイバーで男漁りをしようとしていた清二は
突然「俺の兄になってくれませんか」と見知らぬ青年・将文に言われ
好みだった為了承しますが…。
疑似兄弟関係をガマンできなくなって
自ら壊そうと将文を押し倒します。
優しそうな兄を演じていた清二が乱れます。

『イイことわるいこと』みちのくアタミ 4ページ
(高校生・ヨシ×ナオ)
受験生のヨシの勉強を見てあげる、ご近所さんのナオは
真面目でヨシの母からも厚い信頼を得ていますが
部屋で二人きりになると…?
んぁああああ!!4ページってそんな殺生な!!!!
もっと読みたかった!!!
誘う表情もトロ顔もたまりませんでしたけど
もっとじっくり……悲しい……。

『ロックアップモーテルで待ってる』五月女えむ 36ページ
(実力派若手俳優・飛鳥×売れない俳優・朝日向)
顔が良くても演技力が伴わない朝日向は、
枕営業で仕事をもらう事に抵抗がありません。
男と一緒のところを後輩の飛鳥に目撃され
そのまま連れ去られてしまいますが…。
朝日向が昔優しくしてく続きれた事を忘れられず
密かに憧れていた飛鳥は
監禁まがいの事までして想いを伝えます。
いつか共演する夢が叶うと良いですね☆

『二丁目の長い夜』カシオ 6ページ
(篠田×並木)
ゲイバーで相手を物色していると
芸能人かと思うほどの美しい男が表れ
運よくその夜を共に出来たのですが…。
実は同僚のもっさりした眼鏡SEがお相手というオチだったんですが
こちらももっとゆっくり読みたかったです…。
長い前髪と眼鏡で普段顔を隠しているからといっても
声とかではわからないものかな??w

『ぼくといやらしの先生』ろむ 34ページ
(塾の生徒・田中×塾講師・三橋先生)
通う生徒を食い尽くしてるんじゃないかという
ビッチすぎる塾講師でしたが
一回ヤッたらおしまいというスタンスが
なんだか男の子達が可哀想でした…。
先生にしてみれば性欲を満たして
勉強に集中して欲しいという事ですが
場所も使われてない教室とはいえバレるって!!
田中くんは優しくて真面目なのに…お気の毒…。

『パパは先生に知ってほしい』松基羊 28ページ
(保育士・七瀬さん×元デリヘル・浩二)
自分の子ではない鉄を育てている浩二は
預けている保育園で運命とも言える出会いをして
一緒に暮らすようになりますが…。
卒園式が近い為毎日遅い帰宅の七瀬さんの疲れ○ラに
むしゃぶりついてしまう浩二がエロかった…。
しかも裸エプロンでですよ、裸エプロン!!
快感だけ追っていた過去とは違い
本当に好きな人とするHに感じられる喜びは
きっと何にも代えがたいでしょう。
自分の子じゃない鉄の面倒を見るのは
多少無理がなくもない気がしてしまいましたが
そうじゃないと七瀬さんに会えなかったからなぁ。

『ノラ猫の甘い憂鬱』ハジ 6ページ
(店長×デリヘル・カトリ)
誰のものにもならないからデリヘルをしているカトリは
実は店長に片想いをしています。
客から養ってやるから辞めろと言われ
勿論断りましたが気分が落ちてしまいます。
店に戻り、つい店長に甘えると…。
店長がシブくて、カトリの気持ちを知ってて
うまーく躱すあたりが憎い!!
叶わないのかもしれないけどいつか抱いて欲しいな…。

『君は知らない』みつこ 34ページ
(部下・青木×プロジェクトリーダー・中嶋)
鬼軍曹と呼ばれる中嶋の弱みを握りたいと
様子をうかがっていた青木は
意外な中嶋の趣味を知ってしまい…!?
ギャップ萌えなんですが
もっとツンツンしていて欲しかったのは
個人的感想ですすみません;
徐々に中嶋を気になって仕方なくなる青木が
可愛らしかったです。年下攻め好きだから☆

『演じてラヴァー』ぴい 2ページ
玄関の鍵を開けたままシャワーを浴びる恋人に
〝変質者に犯されるシチュ〟で
激しく抱いて欲しいとねだられる仁。
長い付き合いのマンネリ防止なのかな??
付き合い始めは普通だったようですけど
恋人ならなるべく希望に応えてあげないといけないのに
つい優しくほぐそうとするってww
痛い思いはさせたくないですもんね。

全体的に読みたい作家さんのページ数が少なすぎて
つい肩を落としてしまいましたが
アンソロですものね…色々事情がおありでしょうし…。
「雌お兄さん」というタイトルだけあって
わりと綺麗系な受けの傾向だった気がします。
男らしいのにHの時は雌イキしちゃう!くらいのギャップが
個人的に欲しかったのですが
美人受けさんを堪能するには良いアンソロかもしれません。
敬称略で失礼致しました。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ