パーフェクト・ビュー

perfect view

パーフェクト・ビュー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×26
  • 萌3
  • 中立8
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
5
得点
51
評価数
23件
平均
2.7 / 5
神率
8.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス Qpaコレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784801955905

あらすじ

何もかもが正反対の幼馴染・杉山 佳春と八神 映。
佳春が寝ぼけて映を襲ってしまったのがきっかけで始まったこの関係。
キスもセックスも拒否しない映に許されたような気になって、 ただお互いに足りないものを補い合ってるんだと思っていた。
しかし、そう思っていたのは自分だけで――…。

切ない恋心を描く実力派新人、茶渋たむデビューコミックス!

表題作パーフェクト・ビュー

杉山佳春 高校1年生
八神映 パーフェクトな高校1年生

同時収録作品暗闇の恋人

秋中 サラリーマン
銭湯で会う謎の男

評価・レビューする

レビュー投稿数5

軽く救われない

読了箱から発掘した未読本。
幼なじみ物と、大学生物の2本入り。
表題作が、幼なじみでセックスもしている高校生のお話。
同録作品が、ハッテン浴場で名も知らぬ相手とセックスしている大学生のお話。

あらすじの「切ない恋心を描く~」に期待すると、ちょっと違うかも。
表題作の方は一応、ざっくりまとめれば、切ない恋に身を焦がす主人公の恋の成就のお話ではあるんだけど、恋のお相手が、恋心以前に人間の感情(自分も含む)に対しては興味も想像力もない完璧人間で、これを恋愛の成就というなら芳春の幸せって…と思わなくもなかったりして。
同録の「暗闇の恋人」に至っては、こんなサラッときれいな絵で描かれちゃっているけど、根っこは結構ハードなSM物なんじゃないかと思わせられたりして。
軽そうに見えて意外と食えない感じ。
こんな歪み方、嫌いじゃない、かなり「神」よりの萌2です。

2

幼馴染みもの

ビジュアルから、攻めの佳春がもっと明るくてポジティブなタイプかと思ったら、幼馴染みの関係を壊したくない、自分のことをどう思っているか怖くて聞けない人だったので意外でした。

結構最後の方まで瑛がどう思っているか口にしないし、頭がいいのに鈍感すぎる!と腹が立ったりもしましたが、自分の気持ちに気づいたからには思いっきり甘やかしそうで、二人のあまあまな未来が見えますね。

耳にピアスを開けてゾクッと来るシーンが、なんともエロティックに見えて、なんかわかるかもーと思ってしまいました。

1

表紙が素敵!

表紙がめちゃめちゃキレイで、表紙が発表されてから発売まで首を長〜くして待ってた作品。

しかし読んでみたらあまりの内容の無さに驚きました。
完全に表紙詐欺だと思いました…。厳しいこと書いてすみません。
表紙程の画力を漫画で感じることができませんでした。
まぁデビューコミックですので、これからもっと画力やストーリーなど上手になっていくのではないでしょうか?

0

暗いテーマを扱うには筆力が…

表題作は、共依存の話だそうです。
ある時寝ぼけた攻めが受けを抱いてしまってから、ずっと関係を持っている高校生の幼なじみ。攻め視点の話で、攻めは受けのことを好きです。
攻めはテレビで「人は自分に似たところがあるか、自分に欠けたものを持つ人に惹かれる」という言葉を聞きかじります。それを受けに言ってみたら、「俺とおまえは似たところがまったくないし、俺に欠けたところはない」と言われます。
なので攻めは、この想いは一方通行で、自分は受けにとって何の意味もない存在だと思い込みます。

まず、テレビで聞きつけた情報を鵜呑みにしてうじうじする攻めがアホかなと思いました。テレビの健康番組を頭から信じる年寄りか。

その思い込みから、卒業を機に受けから離れようとする攻め。受けにも言わず、関西の学校に進学することを決め、フェイドアウトする予定を立てます。
テレビ情報のせいで受けから離れることを決め、姿を消そうとする姿は滑稽だし、自己陶酔としか思えませんでした。
受けが気づき、駅まで追ってきてハピエン。うんまぁ、ツッコミどころは満載だけど、よかったね。
でも共依存って、そういうんじゃないと続き思う。


同時収録の作品もツッコミどころが多かった。
大学生の攻め。王子様のような外見のイケメン同級生にまとわりつかれているけど、馴れ馴れしいしよくわからない奴だから苦手。そんな攻めは、行きつけの銭湯(どうやらハッテン場になってるらしい)で出会った、顔もわからない男と毎週のように寝ています。
なぜ顔がわからないのかといえば、薄暗いし、相手が前髪をおろしているから?(そのへんよくわからない)
なのに、相手がパンツを濡らしているのは都合よく見えます。で、「あーあ、もうイッたんですか」とか言葉責め。相手はドMらしく、鬼畜に攻めています。

相手の正体は伏せますが、まあわかりきったオチです。前後編に分かれているのですが、そのオチを後編までもったいぶって持ち越しています。どちらかといえば、さっさと読者にはバラして、攻めにだけ正体がバレてない状況にすればよかったのになと思います。
まあそれにしても、毎週会ってエッチして、普通に会話して、これでなんで正体わからないのか理解できなかったですけど。

4

良くも悪くもあっさりしたお話

あらすじからかなりほの暗い印象を受けていたのですが、絵がきれいだからかあっさりすっと読めました。
もうちょっと強いインパクトがほしかったかな~…!
最初のお話と次のお話のキャラが似ていたので一瞬りばったのかと思いましたがそんなことはないのでご安心ください。
どちらかというと同時収録の暗闇の恋人のほうがCP的に好きでした!
犯してたやつに最後どんでん返しのように迫られちゃう展開はイイ…。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ