息もできない、恋を

iki mo dekinai koi wo

息もできない、恋を
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
25
評価数
8件
平均
3.1 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784758075633

あらすじ

人を好きになれないゲイの央睦にとって、学生時代からの腐れ縁である耀一はただ一人のセックスをしない普通の友だちだった。
それなのに泥酔した耀一にフェラをされ、その上「えっちもする普通の友だち」になろうと持ちかけられて――!?

表題作息もできない、恋を

星野燿一 店長
黒沢央睦 サラリーマン

評価・レビューする

レビュー投稿数3

思ってたのと違う

表紙が陰気だからどーかなーな、読み始めでしたが、
わりと中身はポップ☆
すべては攻の人柄がそうさせるのかな(*´ω`*)

性欲はあるから誰彼かまわず寝るけどキスはいや。
ゲイで人付き合いもうまくない。
そんな受の唯一の普通の友人だった攻に告白されて。。。!?
いやいや良いながらもほだされてくかんじが好き。
チャラそうに見えて独占欲ムンムンの攻も好き。
絵柄が少々好みじゃないことを除けば存外楽しく読了。

ぜいたくを言えば、もうこし明るめの表紙の方が内容に合ってたかなー

0

普通の友達が恋人になるまで

ゲイでいろんな人と寝ているけれど、キスが嫌いで誰にもさせない受け。その受けの、学生時代からの唯一の普通の友人(攻め)が、泥酔したはずみで受けにフェラをしてきた、というのが話の始まりです。
セフレは複数いるけど普通の友人は貴重なので混乱する受けに、攻めは「じゃあエッチもする普通の友人になろう」と言ってきます。

受けがキスが嫌いな理由が弱く、それなら普通に潔癖症、というだけでよかったのになぁ、と思いました。おまけに、攻めにもずっとキスを拒んでいたのに、想いが通じた途端にディープなやつまでOKになるのが都合よすぎる気はしました。
あと、受けと攻めそれぞれの、くっつく前の気持ちがいまいち分かりづらい。受けの視点の作品なので攻めの気持ちが不明なのは仕方ないですが、受けはどうなの? ノンケの攻めのことをずっと好きだったのか、寝るようになってから好きになったのか、それとも攻めから告白されて急に好きになったのかが判然としなくて、ちょっと萌えづらかったです。

でも、くっついたあとの受けはかなり可愛かった。赤面したり心臓ばくばくさせたり、ツン時代とほぼ別人でしたけど…。

2

一途な攻めの勝ち

人を好きになれない受けが、学生時代からの友人である攻めからのアプローチで徐々に好きになっていくお話し。
受けはちょっと捻くれ者、Hはできてもキスは無理、人を好きになれないというよりは、好きにならないって感じですかね。
攻めは明るく優しく受けが大好き!って気持ちが伝わってくる。こんな彼氏がいたらいいなぁとつい思ってしまう。
段々と攻めにほだされて セフレとはHも中途半端になったり、嫉妬するくらい好きになってたんだね。
絵も綺麗で全体的にあっさり描かれていて読みやすかったです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ