恋をすると、今までの自分ではいられない。 眩しいほどまっすぐな片想い。

きこえる? 通常盤

kikoeru

きこえる? 通常盤
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神17
  • 萌×27
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

20

レビュー数
2
得点
118
評価数
29件
平均
4.2 / 5
神率
58.6%
著者
作品演出・監督
蜂谷幸
脚本
木綿
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
68 分
枚数
1 枚
ふろく
メーカー通信販売特典:出演キャストによるトークCD
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

内気な性格の大学生・樹の唯一の趣味は、ラジオDJの湯之口新(通称・ユノ)がパーソナリティを務めるラジオ番組を聴くこと。

そんな樹はある日、街の本屋でユノと遭遇する。

緊張しながらも「ユノさんみたいに話し上手になりたい」と打ち明けると、ユノは優しく励ましてくれた。

それ以降、ユノからの言葉を胸に少しずつ自分を変えていこうとする樹。

また会えるかもしれない、と思いもう一度あの日の本屋に行くと、そこにはユノがいた。

少しずつ近づく距離に、二人にはそれぞれある感情が芽生えていくが……。

表題作 きこえる?

湯之口新 → 山中真尋

桜橋樹 → 小林裕介

その他キャラ
井田拓真[古川慎]/ 佐野[新垣樽助]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

★神★以上のドラマCD■初回限定版スグに聴いてほしい!■

やっと!やっと!【きこえる?】の初回限定版ドラマCDを購入し、聴かせて頂きました♡樹くんもユノさんも原作で読んでいた彼らイメージの声とピッタリ合い過ぎて…最初から違和感無く聴いておりました最高です!原作も涙してしまったのですがドラマCDも、切な苦しくなったりホッとしたりと心揺さぶられ涙し、1枚目で十分満たされました///初回限定版の2枚目。樹くん役、小林裕介さんのBLドラマCD(絡みのあるもの)は初めて聴いたのですが…ユノさんが8ヶ月溜めたアレの叫び並みに興奮しました!!!息が荒いのも声の高さもタイミングも→どストライクですホントに!!!初回限定版を買うと決めておりましたが買って良かった(T ^ T)と嬉し泣き。原作では見ることの出来なかった彼らの姿を、ここまで見られる…聴けるなんて思っておりませんでしたので、悩まれてる方は無くなる前にスグ購入して聴かれたほうが良いです!!!山中さんの優しいSプレイも最高で、耳元に囁く感じ・・・たまらんかったです♡聴いてから2枚目を5連続は聴いております。本編の1枚目もこれから何度も聴いて参ります///2人の愛を音から聴くことが出来てほんと良かった!最続き高の萌えです!!!

4

買うなら絶対初回限定盤!

ユノはもっと線の細い声を想像していたけど、山中さんのタイトルコール「きこえる?」を聴いた瞬間に「これが正解」と思った。
大学生の男の子から見てカッコイイと思える大人の男性。

引っ込み思案の樹くんが頑張って人と話そうとする様子も、可愛すぎず等身大。
とても普通で良い。

声優さんのラジオDJ役って、いいものですね。
その特性を生かして、でも別の世界線。

ラジオでメールが読まれて「頑張れなくなったらいつでもおいで、応援するから」
あんな穏やかで親身に言われたら…!ねえ。
あれは特別な声。もう特別な関係。と思うよね。

心のやさしい人たちの細かなやり取りで距離感が近付いて感情を擦り合わせていく話ですが、モノローグが多めなのは原作通り、基本的には息のアドリブや声色で表現している。
じっくりと演技を楽しめる。

仮病でお見舞いに来た拓真に「すげー恥ずかしい」
ユノさんからメールが着て「終わっちゃったあ…」と泣く小林さんの声が、
どちらも割と明るくて、それが却っていじらしい。

飛んで2年後となる次のシーンで、ちゃんとバイトをしている樹に成長を感じる。
続き

あまりにいい話すぎて、飲み会の「きこえる?好きだよ」で、ここで終わってもいいと思った。
あまりにきれいにオチているので。健全すぎた。

しかしお楽しみは続きます♡
原作の描き下ろし部分から「理性の限界セット」のディスク。
台詞が足されて、絡みも最後までになっている。

「やだ」「なに」「へん」と声を上げる樹くんが可愛い!
「気持ちいい、ね?」と教えるように刷り込むように言うユノさんは大人の色気。
は~♡歳の差カップル♡

達したあとに「つらいっていうか、びっくりした」と混乱して泣く天使。
めっかわ。

このトラック1が16分弱あり、もう満足だけど、
トラック2も9分強で特装版小冊子の内容。

こちらも絡みに台詞が足されていて
「俺におしり向けてるのがそんなに恥ずかしい?」「ちょっと出ちゃった?」がGJすぎる。

ここから、落ち着いて響く声でゆったりと言葉責めっぽくなる。
トラック1の絡みは無音だけど、こちらはBGMがついているのも良い効果。

揺すられながら言う「ユノさん、の、こえ、す、き…っ」臨場感◎
山中さんの「…頼むから黙って、かんべんして」も最高。

特典フリト。
メインの二人+古川さん。

小林さん「最後にギュっと濃厚なシーンもあって。みなさんお待ちかねのシーンを」
そういうことを言う方なんですねw

感想を言ったあとのお題トークで、突然始まるコント。
即興コントをやるフリトって斬新w
しかしこのコントで明らかになる、やはり古川さんは反応が異質。

総括。買うなら絶対初回限定盤!

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ