いとし、愛しと言うこころ

いとし、愛しと言うこころ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
3件
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
ルチルコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784344800083

あらすじ

ルチルに掲載された涼氏&灯世シリーズを収録した、待望の初コミックス!

表題作いとし、愛しと言うこころ

久世涼氏(くぜりょうじ)【髪結い】
原田灯世(はらだともよ)【便利屋】

その他の収録作品

  • 僕のロボトニック

評価・レビューする

レビュー投稿数2

すっかりめっきり、挿絵でしか見ることが出来ないのが非常に残念なのですが。

このメルヘンをドナドナする事が出来ず、読み返してはほろり。
単純なお話しに優しさが響いて心洗われます。

世俗の垢は全て灯世が被り、涼氏は心の赴くままに鋏をふるう。
「ぼうし屋」でがっつり心掴まれ、終始2人の進展に至るエピソードらしいものはないのですが「ばら色の注文靴」では会話の中や独り言に含まれる悲喜交々に興味をそそられます。

「ロゴ入りプレミアム」で全て乗り越えたあっけらかんとした日常の喜びと年相応の惚気に嬉しくなり「春はライオンのようにやってくる」でまた、日常の顛末に戻ってはほのぼのきらきらに和んでしまう。

「いとし愛しと言うこころ」で涼氏の過去が明かされ作品の奥行が広がりますが、
「POISONED LOVE」では現在の涼氏がコイビトをどう思っているのか聞けたりして嬉しくなりました。
「SHAMPOO」で明かされる2人の出会い。
それから今までに想いを馳せたくなります。

ほんの少しの沁みが優しいお話しをより良く見せてじんわりと心温まりる作品ばかりです。

2

さりげなく、さりげなく

狂言回しと御伽噺が上手い具合に混ざり合って
織り成される少々不思議なラブコメディ。
寝室を覗かなくとも髪結いと便利屋の仲の加減が
判りましょう。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ