GUSHpeche(44)特集 女装男子(アンソロジー著者等多数)

gushpeche

GUSHpeche(44)特集 女装男子(アンソロジー著者等多数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
発売日
価格
¥980(税抜)  ¥1,058(税込)
ISBN
9784796408998

あらすじ

◆執筆陣◆ねこ田米蔵(表紙)/meco/桂小町/深瀬アカネ/むつきらん/大島かもめ/山田酉子/藤峰式/木村あや/九重リココ

表題作GUSHpeche(44)特集 女装男子(アンソロジー著者等多数)

同時収録作品ROUGE 感情教育

長門梓 高校生
加賀藍 高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

『 ROUGE』の長門&藍が好きな方、必読ですよ!

この特集テーマで、こんなにしっとり甘いお話が読めるとは思いませんでした。

桂小町先生の『ROUGE 感情教育』、「女装」が中心の内容ではないのですが、それがきっかけで展開し、結末のちょっとした「オチ」にもかかわる話運びが、本特集にあっても違和感がなく、お上手だなあと感嘆しました。

女装ものの名作には、コミカルながらもせつない内容のお話が多いにも関わらず、どうしても、「キワモノ」という先入観を抱いてしまう私。

しかも、アンソロの短編とくれば、エロ重視の軽めの話ではないのか、そういう話も悪くないけれど、『ROUGE』の二人に私が求めるのはそこではないからなあ、と、当初は購入を迷ったものです。

先生のツイッターでの告知と、この副題から、どうも様子が違うようだと思い直し、読んでみて本当に良かった!

長門と出会ってから、それまで未分化だったとも言える藍の感情が、豊かに、複雑に育っていることが、短い中にも丁寧に描かれています。

藍に焦点が当てられているお話ですが、対照になる長門の健やかさ、大きさにも注目したくなります。

久しく無かった文化祭が、長門の提案で続き催されることになった、という物語冒頭でまず、「リーダーシップがある上に良い子だなあ」と感心しました。

長門の元カノに嫉妬したことを指摘され、「やきもち?」と問う藍に「だな」と微笑みかける長門の、包み込むような優しい表情には、私まで惚れそうになりました。

こんな男に大事にされている藍が、どんどん可愛くなってゆくのは当然で、説得力も十分です。

桂先生は、このアンソロへの寄稿に際し、全く新しいお話にすべきかとも迷われたそうですが、私は『ROUGE』で描かれて大正解だったと思います。

巻末の次号 『特集 格差BL』予告にも、先生のお名前がありました。

是非、またこの二人のお話を、お願いいたします!

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ