明けない夜の過ごしかた

akenai yoru no sugshikata

明けない夜の過ごしかた
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
4件
平均
1.8 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
シリーズ
フルールコミックス(コミック・KADOKAWA/メディアファクトリー)
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784040683782

あらすじ

「うまくいくはずないんだ
誰かの代わりになるなんて」

事故死した双子の弟への贖罪のため、
弟のふりをして生きることを決めた桜井ひなた。
喫茶店で、弟の代わりに働き始めたある日、
常連客で小説家の柊八雲から驚くべき発言を投げられる。
「今日、一緒に寝てくれる? 弟くんは寝てくれたよ」
なぜ弟がこの男と――…。
戸惑いながらも、覚悟を決めて柊の家へ向かうが…?

一人では眠れない小説家×双子の弟のふりをして生きる青年。
傷付きながら歩む二人の、夜明けまでの物語。

コミックス描きおろし1話分収録!

表題作明けない夜の過ごしかた

柊八雲 小説家
桜井ひなた 双子の片割れ

その他の収録作品

  • 明くる日

評価・レビューする

レビュー投稿数1

あっさりスカスカ

自分のせいで双子の弟を亡くした受けは、その償いのために弟のようにふるまい、弟の働いていた喫茶店で働くように。そこに常連客の攻めが訪れ、受けが弟のようにふるまっていることに気づく、という流れ。

攻めは弟と付き合いがあり、兄は自分とは正反対の性格と聞いていたため、まるで弟のような言動をしている受けが演技をしていることに気づくのですが、まずそこが理解できない。おとなしかった弟の正反対イコール明るく元気なはず、と仮定したにしろ、喫茶店で接客中にそんな弾けた態度を取るわけでもないだろうに、なぜ気づく?
そして、仮に気づいたにしても、なぜそれを咎める権利があるの?
初対面の受けに、おまえ弟のフリしてるだろう、といちゃもんつける攻めが、ちょっとおかしい人にしか見えなかったです。

そしてその後の展開もいただけない。
「実は俺不眠症で、人と一緒じゃないと眠れないから、君の弟に一緒に寝てもらってたんだ」と攻め。ちなみに肉体関係はなく、ただ添い寝してもらっていただけのようです。
あーよくあるパターンね、と思いましたが、それなら受けの弟が死んでから今までどうしてたの? 受けにも添い寝して続きもらうようになり、その後の描写によると、受けが来ないときは完徹らしいです。いくら何でもありえなさすぎる。
そして、またお決まりのように「母親に出て行かれてから1人で眠れないんだ」とトラウマを吐露。もうありがちすぎて新鮮味が全くない。
おまけに、受けが弟のようにふるまうことを咎めたくせに、弟がやってたから君も添い寝してってのはどうかと思う。

攻めは、受けがうっかり素をだすたびに勝ち誇ったように「ほら、それが君の素だろ」と。うっぜぇ!(←失礼)
そもそもなんで弟のようにふるまうことが弟に対する贖罪になるのかがわからなかったし、もう何もかも理解できなさすぎた。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ