海上の絶対君主―既往の罪と罰―

kaijo no zettaikushu kiou no tsumi tobatsu

海上の絶対君主―既往の罪と罰―
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
2件
平均
4.5 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ブライト出版
シリーズ
LiLik文庫(リリ文庫・大誠社・ブライト出版)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784861236808

あらすじ

行方不明の父が残した言葉に誘われ、海辺の洞窟から異世界にトリップした珠生。海賊船長のラディスラスに拾われ、強引に愛人にされてしまったことを恨めしく思いつつも、屈託なく一途な愛情を向けてくる彼に複雑な思いを抱き始めていた。そんなある日、珠生の父親の瑛生もこの世界に来ているという話を耳にして!? 真偽を確かめるため、船を降りたラディスラスたちと共に父が住むという街に向かう珠生だが…? タマ&ラディが急接近の異世界ロマンス第2弾v

表題作海上の絶対君主―既往の罪と罰―

ラディスラス・アーディン、海賊船エイバルの船長
水上珠生、ラディスラスに保護された日本の大学生

その他の収録作品

  • 意地っ張りと意地悪
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

異世界トリップ海賊物第二弾

異世界トリップ海賊物、第二弾です。
てっきり2巻で完結すると思い込んでいたのですが、まだ続くようです。
今回は行方不明になっていた受けの父親もこの世界に来ている事が分かり、父子が再会します。
他にも色々な事が出てきて話が複雑になって来ます。

そちらも面白いんですが、なんといっても注目はラディスラスと珠生の関係です。
一巻からするとグッと近付きますよ〰。
攻めも最初は興味本位な感じだったのが、どんどん受けにのめり込んでいくので読んでいて非常に萌えます!
受けはまだまだそこまで素直に自分の気持ちを認められないので、二人の攻防はしばらく続きそうです(^^)

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ