君恋ファンタスティック

kimikoi fantastic

君恋ファンタスティック
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×213
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

60

レビュー数
4
得点
117
評価数
29件
平均
4.1 / 5
神率
34.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784344837652

あらすじ

想い人の景をかばって階段から落ち、記憶をなくしたカメラマンの遼成。同居することになった二人は、更に惹かれあっていくが!?

表題作君恋ファンタスティック

久瀬遼成,有名フォトグラファー,30歳
榎本景,アパレルメーカーの経理担当,26歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

安定の甘々


アパレルメーカーで経理を担当している榎本景(受け)は社長の甥でフォトグラーファーの久瀬遼成(攻め)の事務所の経理を手伝うことになります。天然人たらしの遼成は初めから距離感がすごく近くて戸惑いますが、もともと彼の作品のファンだったため戸惑いながらも少しずつ慣れてきます。
初めは次の経理担当が決まるまでということだったのですが、一年たってもまだ週2回事務所に通っています。
年末年始と撮影旅行に行く遼成の仕事収め日、一緒に食事行くことになった景は帰り道に階段で人とぶつかって落ちかけますが、景をかばった遼成が階段から落ち記憶喪失になってしまいます。
言語などの知識はなくなっていないのですが、人間関係に関しての記憶がすべて失っていて、幸い旅行に行くことになっていたので、心配した景がしばらく一緒に住むことにします。

景は潔癖気味で、衛生観念のしっかりしていると認識できた人が作ったものしか飲食できません。帰宅した時や公園などでの飲食の前の手洗いうがいの徹底、鍋などを皆でつついたりするのもだめ、キスする前にも歯磨きうがい、人との接触もすごく苦手なのですが、遼成はそういったことにも引いた続きりせず、細やかに配慮してくれるので、とても快適に生活できます。
実は景は一年の間に遼成の触れ合いにも慣れ、遼成のことが好きになっていたのですが、潔癖気味で恋愛不適合者だと自覚している為、みてるだけでいいと思っていたのです。

遼成は普段から海外旅行などに行っているせいか、突発的な出来事に対する対処に慣れており、記憶喪失になった時も冷静に状況を判断することができます。写真家ということが関係しているのか観察力にすぐれており、景の感情を細かい表情の変化から的確に判断することができます。
遼成も景に一目ぼれだったのですが、綺麗好きで接触にも不慣れな景を驚かせないよう一年かけてゆっくりゆっくり慣らしていっていたのでした。

私も景ほどではないけれど、潔癖症気味なので景の気持ちがよくわかります。公共のドアとかを触るのが嫌でハンカチとかを添えるとか、他人との接触がだめとか、キスも好きじゃなくて唾液の交換が無理とかすごく共感できました。それを他人に申告するのも引かれるかもとか傷つけるかもとか思って言えないし、我慢できるならなるべく我慢する癖がついています。それって凄いストレスなので、ゆっくりゆっくり慣らしてくれている遼成の我慢強さには拍手です。

記憶喪失な為、少し遠慮のなくなった遼成に告白され恋人となった二人の蜜月は本当に甘くて幸せだったため、記憶が戻ってその間のことを忘れてしまった時の景の悲しみが辛くて辛くて。
持ち前の観察眼でモデルさんの嘘を見破り、景がその間の恋人だったと気付くところは(記憶喪失に関しての知識はないのでそれがあり得ることなのかどうかは置いておいて)喝采でした。
甘くわがままを聞いてあげているようで、最後には自分の思い通りにしてしまう、少し意地悪な恋人ではありますが、これからも景を甘やかしながら、甘い時間を過ごしてほしいです。

景の会社の社長は初めから遼成が景を好きなことはばれてるみたいだったけど、カミングアウトしたんだろうか?その辺は触れてなかったけど、知りたいなぁ。

ちょっと残念だと思ったのは、蜜月の間に景が触られることにゆっくりゆっくり慣らしていく過程が景の思い出しで少しの文章で終わってることが多いことですかね。想像するのもいいんですが、私としてはがっつり読みたかったような気も‥ちょっと複雑。それがなくても十分甘いんですが。

0

自信に満ちた攻め

間之さんらしい糖度高めのお話です。

一目惚れ〜景をかばって記憶喪失〜記憶を取り戻す
といった王道な展開なので、なんとなく結末は想像できるわけですが、遼成が大らか過ぎてあまり記憶喪失の設定が生かされていない様な…。
景の方は、自分の潔癖や天性の人たらしである同性に恋をしてしまったこと、またその彼が記憶を無くしてしまったことに悩んだり苦しんだりしていました。一方の遼成は記憶を無くしても、冷静に今の状況を判断しちゃってるし、いきなり景を口説き始めちゃってやしないかい?

攻めが男前なのは良いですが、もう少し不器用な面とかがあった方が可愛げがあって好きですね。


1

相変わらず甘々

人たらしなカメラマン攻めと、潔癖症の経理事務員受けの、9割いちゃいちゃ、1割切ないラブロマンスです。

社長に頼まれ、社長の甥の会社に出向して経理をすることになった受け。社長に連れられて対面を果たすのですが、初対面の時点からお互い意識しまくりです。
受けは度を越した潔癖症で、昔付き合った女性とのディープキスが気持ち悪く、その時点で恋愛はあきらめたというキャラです。
その受けの潔癖症を初対面で見抜いた攻めは、少しずつ距離を縮め、スキンシップを取ったりアピールしています。でも受けは、攻めの甘い言葉や優しさも、誰にでも示されるものだと思っています。

そんな日々は、階段から落ちそうになった受けをかばって頭を打った攻めが記憶を失い、自分自身のことや、受けを含めた身近な人のことをすべて忘れてしまったことで一変します。
記憶を失ったのにパニックにも陥らず、飄々としている攻めは、ちょうど1ヶ月撮影旅行に行くことになっていたのを利用して受けの家で過ごすことに。…ということで、記憶のない攻めと潔癖症受けとの1ヶ月の同居生活が始まります。

攻めの、非常事態にも動じないキャラクターにと続きても好感が持てました。あまり物事を深刻に考えないタイプなのに、神経質な受けのことは細やかに思いやって、記憶を失う前も失ったあとも追い詰めず、追い込まないのが大人だなぁと思いました。受けも、潔癖症なのが自分でもコンプレックスで、攻めに申し訳ないと思っていたり、できれば治りたいと思っているのが健気でした。

神じゃなく萌×2なのは、何かマイナス点があってというよりは全体的なインパクト不足。ちょこちょこした萌はあるのですが、いつもの間之さんと比べればきゅんきゅん来るような萌や悶えるような切なさが少なかった気がします。
物語の中心である、記憶を失った攻めとの1ヶ月の同居生活が、ほぼ受けと攻めの2人きりだったのですが、誰か1人事情を知る脇キャラなどがいたらよかったなと思いました。受けが相談できる相手がいれば、「こういう状況になっちゃってるんだけどどうしよう」とか「攻めの記憶が戻っちゃって身を引こうと思ってる」などと相談して、そのキャラに「それでいいのか」みたいに言ってもらうことによって、切なさが大きくなったかもしれません。

5

甘々な記憶喪失モノ

あらすじ:
アパレルメーカーの経理担当・景(受け)は社長の頼みで、彼女の甥で有名フォトグラファーの遼成(攻め)の仕事を手伝うことに。
天然タラシで男前な遼成に惹かれていくが、ある日遼成は事故で記憶喪失に…

記憶喪失というシリアスな題材ですが、内容はいかにも間之あまのさんらしい甘々なお話。
平和すぎてやや物足りないところもありますが、男前×美人カプの仲の良い様子には大変癒やされます。

景は潔癖症気味で、外食したり、他人とスキンシップをとったり…といったことが大変苦手。
そのせいで、女性とまともに関係を持ったこともありません。

遼成はそんな景の性質を全く面倒臭がらず、さりげなく気を回してくれる男前。
自身もモデルのような美形なのに、景を「可愛い」「美人」と屈託なく褒める姿がチャーミングな人物です。

一緒に働き始めて1年が経ち、かなり良い雰囲気になった二人。
しかし初めて二人で飲みに行った夜、遼成は景をかばって階段から落ち、記憶を失ってしまいます。

遼成は記憶を失っても天然タラシな男前で、景を気に入っているところも変わらず。
景も遼成に好意を抱いて続きおり、物語序盤からほとんど両想い状態だった二人なので、記憶喪失の展開にあまり意味が感じられませんでした。
潔癖症の景が、彼と生活を共にし、少しずつキスや愛撫に慣れていく…という流れは無理なく描かれていましたが、これも物語の核としては弱いかも。

ただ、物語後半の展開はなかなか感動的。
記憶を取り戻すかわりに、景と付き合っていたことを忘れてしまった遼成ですが、自力で景のことを思い出します。
女性モデルの嘘も見破り、自分の本能と感性で改めて景のことを好きになるという展開はなかなかロマンティックでした。
記憶を失う前の遼成は結局景のことをどう思っていたの?という疑問は残りますが、元々被写体としても人としても景のことを気に入っていて、その気持ちが恋だと記憶を失ったことで自覚したのであれば、記憶喪失の展開にも意味があったと言えるかもしれません。

改めて恋人同士になった二人はひたすら甘々。ラストの遼成の「がんばれ」にはときめきましたw

ちょっと腑に落ちないところもありますが、美形同士のイチャイチャを堪能できる甘いラブストーリーとしてオススメです。

10

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ