心洗われるピュアフルBL エトランゼシリーズ

春風のエトランゼ 2

harukaze no etranger

春風のエトランゼ 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神62
  • 萌×214
  • 萌4
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

46

レビュー数
12
得点
382
評価数
85件
平均
4.6 / 5
神率
72.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
祥伝社
シリーズ
onBLUE comics(オンブルーコミックス・祥伝社)
発売日
価格
¥650(税抜)  ¥702(税込)
ISBN
9784396783884

あらすじ

「今まで
生きてきた中で
今が一番幸せだな」

若手小説家の駿は、
同性の恋人・実央を連れて
何年も音信不通にしていた実家へ戻った。
離れに住むことになった2人は、
養子の〝弟〟ふみの来襲を受けながら、
風変わりな実家生活を始める。
初めは居心地が悪かった駿だったが、
すこやかに過ごす実央のそばで、
次第にこの暮らしを受け入れていく。
そんな日々の中で、実央のとある気持ちを知りーーー?

表題作春風のエトランゼ 2

知花実央,フリーター,親を亡くて天涯孤独,恋人
橋本駿,小説家

その他の収録作品

  • かにかにエトランゼ(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数12

評価下げてごめんなさい

『海辺のエトランゼ』『春風のエトランゼ 1 』に続くシリーズものの3巻目。超評価の高いこのシリーズですが、いまいちツボに入らず。けれど続きが気になることと、読み続ければ「?」と感じた点がクリアになるのかなという期待を込めて購入してみました。

前作で駿の弟のふみにベッドシーンを見られてしまった二人。
もう、この件が地雷でした。
男同士という事ではなくて、まだ子どものふみにそういったセクシャルなシーンを見られるって、大人としてどうなのかな、と。せめてキスシーンくらいにしてほしかった。

カンナさんのほのぼのとした絵柄や、穏やかなストーリーに紛れがちだけど、こんなのふみからしたらトラウマモノなんじゃないかなあ、と。

『海辺のエトランゼ』では何かを心に秘め、他人に心を閉ざしがちな実央と、そんな実央をおおらかな気持ちで包み込む駿、といった雰囲気だったように思うのですが、いつの間にかおおざっぱでポジティブな実央とセックスにいいイメージがなく仕事も、私生活もダメダメな駿、に変化している気がします。

お互いという存在を得て自分らしさを取り戻した、という事なのだと思うのですが、続き話がごちゃごちゃしすぎてて理解しづらい。

鬱になり仕事を辞めてしまった駿のお父さん。
そのお父さんが、家族の許可なく連れてきてしまったふみ。
そしてまだまだ相手に全てをさらけ出し切っていない実央と駿の二人。

カンナさんのほのぼのな絵柄と、実はシリアスな内容が合致していないこと。
登場人物たちの抱える様々な問題やトラブルが多すぎること。
それらが、私の頭では処理しきれないことで、この作品に萌えきれないんだと思いました。

終盤に収録されていた『かにかにエトランゼ』。
実央の子どもの頃のお話。
これは好きでした。
貧しく、それでも母と子がお互いを思いやり仲良く生活していて。なのに大好きだったお母さんを亡くした実央。
駿と出会った頃の実央の、あの虚無感に納得しました。

こういう内面を表現したシーンが多いと二人の心情がより理解できると思うのですが、おバカな私には話に入り込みづらく、理解しがたいんだなとしみじみ思ったりしました。

1

春風の

衝撃のひっぱりからのその後ですね。
クリスマスの夜にwww( *´艸`)ぐふ
私もぜひ遭遇したry・・(殴

今回は、衝撃の~もそうですが
「家族」についての衝撃的事実がぽろぽろこぼれ出る1冊
だったかなと思うのです。
さりげない日常こそが尊いものなのです。
家族とはなんぞや。
愛とはなんぞや。
少し考えさせられる部分も多かったですね。

悩んだ年月を乗り越えて
少しずつ変化し、みんなが少しずつ前向きに
変化している様子がまた良かった。
ずっと見てられるなこの家族(*´ω`*)

4

かにまんまおいしそう。

CD付きの方を購入したのですが、キャストフリートークで実央役の松岡さんが仰っていた「かにまんま」が一番最後のかにかにエトランゼに登場していたのが個人的なツボでした。

本編の方ではふみが2人のことに疑問を持ち始めたり、プレステが欲しくて頑張ったりしています。かわいいです。
今巻でも桜子はたくさんでてきてます。今回は着物を着てました。似合う。
駿と実央はトラブルを起こしつつ基本いちゃいちゃしたり、行き詰まりそうになったりしてますが、基本的にお互い黙らず前に進もうとしています。主に実央が駿の背中を押してるようにも見えますが…。
作中で駿も自分のダメさ加減に悩んでますが、確かに結構ダメちゃんですよね〜。
次巻あたりから2人が苦境に立たされたりするのかな〜とすこし勘ぐらせるラストでしたが、どうなるのかな〜…。
キャストフリートークでも映像化してほしいねというようなお話があったのですが、わたしも映像化してほしいなあ、と思うような、全体的に良い空気感の巻でした。
出てくるご飯が(駿のおにぎり除き)全部美味しそうなのでかにまんまいつか食べたいです。

評価を神にした理由は、大続ききな感動とかそういうものはなかったのですが、2人とそれを取り巻く人たちの変化とか成長が、誰1人として中途半端になることなく描かれていたからです。BL漫画としての評価、というより一般的な漫画としての評価に近いです。

3

早く気持ちよくなれるといいね。

ほのぼの絵柄で展開もほのぼのですが、内容はLBGTをしっかり扱っていて重くリアルですよね。

今回斬新だなぁ〜と思ったのが、駿が「気持ちよくない」という点!!!そんなこと言うなんて(゚o゚;;
そして「入れる方は絶対やらね〜〜」って!!!

実央は「相手にとって良かれと思ってやってたことがそうじゃないときっつい」と落ち込みますが、基本的には明るく大らかだから暗くはならない。
果敢に模索する姿も健気です。

行為が気持ちよくなくても、駿は実央のことを「よー食って働いて遊んで朗らかで金もあってエロくってさいこーだな〜っ」「しんどいとか痛いとか言ったってわかんないだろ。そんなのどうっことないんだよ」と言っているので、多分大丈夫なんでしょう。

これからの展開が気になります。

1

リアルでもほのぼの

「海辺のエトランゼ」を読んで、すごく好きになったのですが、続きが出ているのを、この2巻の発売で知りました・・・
あれから、二人がどうなったのかが気になっていたので、続きを読めて本当に嬉しいです!!
一巻とまとめて購入しました!
一巻の終わりで、駿の「弟」・ふみにベッドシーンを見られちゃって、どうなることかと思ったら、案の定一騒ぎあったけど、ふみの「男同士なんておかしい」って言葉に、「おかしくない」と答えた二人は、これからも二人らしく前に進んで行くのだなと思えて良かったです。
次巻が楽しみです。

0

続きが早く読みたいな~

1巻も同時購入して読みました。
素朴で緻密な絵の感じから、あまりBLを期待しなかったんですが、しっかりBLでした♪
CP2人だけでなく、家族や隣人を巻き込んでのお話はとても魅力的です。
登場人物がみなすごく自然です。実央も駿も普通にイチャイチャ愛し合って、ケンカして、それぞれの思いを抱えて幸せを模索しているところが微笑ましいです。
まだまだ2人にはいろんな事が起りそうな感じなので、続きがとても楽しみです。

4

爽やかなお話です。

続編が出ていることを最近知りました。二人のほのぼのしたやりとりが大好きです。この作品は登場人物みんな魅力的で応援したくなります。絵もとてもきれいで話に引き込まれます。弟にいろいろ目撃された話はちょっと衝撃的でしたが、今後の展開には必要だったのかなと思います。個人的には桜子ちゃんにも幸せになってほしいです。ドラマCDはまだ聞いてないないですがこの世界観が出ていることを期待したくなります。まだ続きが出るのは先なのですが気長に待ってます。

3

満足♪

おもしろいです!紀伊カンナ先生らしい作風ですね!
ほのぼのしていて心があたたかくなります。読み終えたあと「はぁ~♪」と思わず満足のため息が出てしまいました。
実央、駿、ふみ、それぞれ暗い過去というか複雑な過去を抱えていて、決して明るくて楽しいストーリーではないはずなのに、そんな後ろ向きな印象を感じさせないような素晴らしいストーリー展開です。
駿のお父さん、お母さんも大好きです!みんな幸せになってほしい!
今後の展開が楽しみです♪

3

飽きない!

エトランゼ、ドハマリしました!読んでいて全然飽きません。むしろワクワクしながら読んでいます。 エッチシーンが控えめで好きですね。
前回からも思っていましたが、登場人物みんなそれぞれ個性があり、読んでいてとても楽しいです。お父さんが特に好き。笑
実央が海辺での駿との出会いを、恥ずかしながらも「運命みたいでいいじゃん」と言っていたシーンが印象的でときめきました( `oωo´* )
それを言っている実央の表情がまたいいですね。
次巻が待ち遠しいです!

3

良いです!

良かったです(´꒳`*)
ほのぼのしていて、読んでいて(これBのL読んでるんだよな?)と再確認してしまうほど心洗われます。
こんなにほのぼのしているのは普段読まないので未知の世界だったのですが、とても良かったです。
登場人物みんなそれぞれキャラが立っていて、とてもいいキャラしてます。
紀伊カンナさんの作品はご飯のシーンがとても美味しそうで夜中なのにお腹減っちゃいます(笑)ご飯大好きなキャラがいつもいて、見てて微笑ましいです_(ˇωˇ」∠)_
早く3巻が読みたいです!!

1

お話が妙にリアル

待ってました2巻!
前回弟・ふみに衝撃的な場面を見られてしまってからどうなるのか…とハラハラしていましたが、2巻ではふたりの「隠し事のないありのままの愛の姿」を垣間見ることができてなんだかとてもほっとしました。

わりとBLではぼかされていることの多いなんで男同士なの?という部分が幼い弟の発言によってリアルさを帯びていく。
それに対する実央と駿の反応がこうきたか!という個人的に想定していなかったもので、エトランゼシリーズに最初から明示されていた「男が好きでもおかしくないよ」のセリフを思い出させられました。

相変わらずのほのぼのかわいい日常味あふれるあたたかさと、そこに切り込まれる時に生々しいメインCPの関係性がさらに魅力的な2巻でした。

4

好きです…!

続きが早く見たくて楽しみにしてました!
BLのよさが改めてわかりました。しかし、またここから展開が…!
絵もとてもよし◎そしてストーリーよし◎文句ナシです。
3巻が楽しみです。
家庭のほんわかした雰囲気も大好きです。
そして、ご飯が…おいしそう!(笑)

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ