チョコレート・キス 2

チョコレート・キス 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
32
評価数
9件
平均
3.6 / 5
神率
22.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
二見書房
シリーズ
Charade books comics(シャレードブックスコミックス二見書房)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784576020150

あらすじ

伸哉を生徒会長、油野を副会長として新しいスタートを切った禾鋒学園生徒会。新入生の幹太は偶然にも伸哉と油野のキスシーンを目撃してしまう。その甘い雰囲気に感化されて同級生相手にキス魔と化した幹太だが、元がかわい子ちゃんなだけに周囲は大困惑。そんな幹太の悩みは年の離れた姉のできちゃった婚。その時、バレバレの内定調査で相手の男を捜していて知り合ったのが2年生の吹原だった。吹原相手にはいつもの暴れん坊ぶりもなりをひそめてしまう幹太。生徒会のメンバーとなった二人の関係は恋に発展する!?油野×伸哉のその後も見逃せないシリーズ第2巻!〈カバーより転記〉

表題作チョコレート・キス 2

2年生・吹原
後輩・幹太

その他の収録作品

  • パンチ・ア・パンプキンプディング
  • 秘密同盟バンペイユ
  • ジンジャーエールの残照
  • エクレアエレガンス
  • バーガンディチェリーの遺産前後編
  • シュガー・プラム

評価・レビューする

レビュー投稿数5

チョコキス続作。

この一冊は、84期生の吹原くんと85期生の幹太くんのお話。
ですがもちろん前作のカップルなども出てきて
ラブラブっぷりなんかも見られますw

前作同様、大笑いできるところもあり主人公と一緒に
きゅ~んとするところもあり。。。で、とても楽しめます。

軽~くあっという間に読める作品とはちょっと違って
読むのに時間がかかるんだけど
重苦しくて時間がかかる・・・とかではなくて
笑えたり切なかったりしつつ
読んだ後に、読んで良かった~と言う
イイ気分になれるような。。。
依田さんならではの作品・・・という気がしました^^

0

見慣れてない私にはちょっと大変でした。

依田沙江美さんの作品は、このシリーズで初めて読んだのですが、人物の見分けが大変でした・・・>_<
冒頭部分から、あれ?なんか話がおかしい(←1巻の主人公と同じ人物だと思ってたので)と思い始めて、前の部分に戻ること数回・・・。
せめて攻、受どちらかの人物の髪の色とかを変えてくれるだけでも助かるんですけど、どちらのカプも同じで・・・もう途中で投げ出しそうになりましたがなんとか読破。
依田さん初心者というせいもあるとは思うのですが・・・

すみません、いきなり文句みたいなことを書いてしまいましたが、でもストーリーはとても面白かったです。
1巻と同じように、学園を中心としたほのぼの系のお話で、今回から登場した新主役たちにも好感が持てます。
特に好きだったのは、お客様を招いてのお茶席のシーン。
もう笑いが止まりませんでした^-^。
受けの子がヤンチャなのにとっても乙女な所があったりして、可愛かったです。

0

主役交代

一巻の二人が大好きだったもんで、主役交代にはちょっとガッカリしました。
二巻の主役二人も好きなんだけどさ。
ヤンチャ攻とワンコでヤンチャ受って感じかな。
舞台は主に生徒会です。
登場人物がめちゃくちゃ増えるんですが、顔の見分けがつきにくいのが辛かったです。
とはいえやっぱり依田作品は好きです。

幹太のヤンチャな子供っぽさって、『愛の深さは膝ぐらい』に出てくる受に似てる気がするw

0

「生徒会あるいは五葉庵」からの定点観察による主人公チェンジ

1巻でカップルとして成立した伸哉と怜一郎は進級し、生徒会長と副会長として存在するが(意外にも伸哉が会長)、この巻のメインは新一年生の不二倉幹太と二年生の吹原敬士、そして彼らを取り巻く面々である。
この巻で、この物語が(古い少年漫画を引き合いにして恐縮だが)いわゆる『キャプテン』方式とでもいうか、「生徒会」あるいはその根城である茶室「五葉庵」という定点から、そこを過ぎ行く面々の様子を観察するスタイルで構成されていることが明らかになる。

幹太は年の離れた姉が、教育実習生(つまり大学生)とできちゃった結婚しそうだということで悩み、相手の教生を探りに行く過程で吹原と出会う。
伸哉と怜一郎のキスシーンを目撃した幹太がさらに混乱していろいろと突飛な行動に出たあげく、伸哉に興味を持ってついに五葉庵にまで出入りするようになると、まるで彼を追いかけるように吹原も二年生ながら五葉庵に通い始めるが、幹太はそれを伸哉を追いかけての行動だと勘違いしており、なかなか進展しない二人の関係がじれったい。
典型的末っ子かつかわいい風貌の幹太は先輩たちに愛されまくるキャラ。
幹太の視点で描かれるせいもあって続きか、伸哉も怜一郎も1巻に比べて大人っぽい印象だが、視点が彼らに移るとやっぱり高校生らしい子供っぽさも露呈する。
幹太の友人として登場する望月が、その華やかさのかけらもないオタクっぽい風貌と言動(生徒会に興味があるのではなく、骨董品を研究したいために五葉庵に出入りする)でいいアクセントになっている。

1

禾鋒学園シリーズです。

前巻の続きです。
とは言っても、主役がチェンジしてますが。
一瞬よく分からなくて(^^;「ん?何か変…」とか思ってしまいましたが、前巻の主役カップル油野x伸哉も脇に出ていました。

1年生の幹太は、色々家庭の事情で色々している内に2年生の吹原と知り合う事に。吹原もなんだか幹太が気になって――。(この辺りが1番目の話)
2年生の伸哉に憧れて執行部に入ると、吹原も入る事に。
そこでのドタバタや恋愛模様に三角関係が、2巻の主な内容です。

幹太は、1巻の主役である伸哉と顔は似てるのですが(笑)性格は大分乱暴もので、ちょっと天然。
見た目は可愛いので上級生に告白されたりするのですが、返り討ちにするので、それが元で皆からは「そういう目」で見られなくなったりするのですが、吹原からは「そういう目」で見られてしまって、友達でいたいのに、と葛藤したりする姿が可愛いです。

1巻と違って、大分登場人物が増えるので、覚えるまで大変かも?しれませんが、2巻が一番好きかなー、なんて思います。
伸哉と油野が2年生で、執行部のメインになり、その同級生も増え、下級生も増え、前巻にも出てきた上級続き生もいたり、で、楽しい高校生活って感じですね。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ