好きだった男の息子に迫られています(1)

sukidatta otoko no musume ni semarareteimasu

好きだった男の息子に迫られています(1)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18

あらすじ

「好きなのに性別とか関係あるの?親子って言ったって義理なのに…」サラリーマンの井上歩には他人には言えない悩みがあった。それは血の繋がらない義理の息子・響の過剰すぎる≪愛情表現≫。キスもハグも当たり前だという響に、毎日振り回されてドキドキするなんて…。だって響は昔好きだった男の子供でもあるんだからッ。ある晩、夜更かしを注意しようと息子の部屋を覗いたら、自分をオカズにオ〇ニーをする響を目撃してしまって!?「親子なんだから!」と諭すと「どうせ義理じゃん」と突っぱねる響。その日からスキンシップは止んだというのに、何でこんなにココロがもやもやするんだろう…

好きだった男の息子に迫られています2 33ページ
好きだった男の息子に迫られています3 33ページ

表題作好きだった男の息子に迫られています(1)

井上 響(義理の息子)
井上 歩(義理の父親)

評価・レビューする

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ