そろそろ、さよなら。

sorosoro sayonara

そろそろ、さよなら。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立5
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
19
評価数
10件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784758075862

あらすじ

俺の学校には、有名人がいる。高校生という若さで著名な小説家、見た目もよければ頭も良く、少し変わり者だという噂だが、教師からの覚えもいい。そんな有名人――駒木先輩に、友人の代わりに告白をすることになった。それがきっかけで仲良くなったけれど、駒木先輩には教師と寝ているという噂があって…茶渋たむが描く、どこか歪んだ二人のまっすぐな恋。

表題作そろそろ、さよなら。

池、高校生
駒木瑛士、高校生

同時収録作品ふさわしい恋愛

小塚、高校生
高木、高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数2

絵柄は可愛いく、解りやすいストーリーなんだけど

《そろそろ、さよなら》
池はラブレターを友達から託される。→ラブレターを駒木先輩(男)に渡すが実は人違いが発覚→先輩と友達になる。→先輩についての低俗な噂を聞き、先輩本人に確認するが否定しない→翌日『誰にでも開くようなユルい股なら俺とでもできるしょ?』と言って抱いてしまう→反省の弁を述べに来る→しかし、肉体関係続行→噂の出所を知りたくて先輩の幼馴染の高木に聞く(自分の思い違いが発覚)→2人で話し合って両想い確認→ハッピーエンド!
う〜んなんだろう?絵柄は私的には可愛くて見やすいし、話はわかりやすいと言えばわかりやすいかなぁ。でも、クライマックスってどこなんだろう?所々Hをしてるけど、盛り上がりとは何かが違う‥今ひとつ盛り上がれなかった‥残念
《ふさわしい恋愛》
そろそろ〜に登場した幼馴染の高木が主人公、お相手は一学年下の小塚君、
こっちの方が面白かった!高木のタイプが厄介で『決して自分に靡かない男』自分に夢中になられ始めると相手に興ざめするらしい、一方小塚のタイプは『犬っぽく、構ってる間ずっとシッポ振って、俺のことスキ!!っていうのが解りやすい人』正反対のタイプが好きな2人が続き出会って友達以上恋人未満になるまでの話かな

1

脇キャラがいい味出してます

ちるちるさんの作家インタビューを拝見して、面白そうだなと思って購入。それでは内容をざっくりと。


二つのお話が収録されています。

前半は表題作『そろそろ、さよなら』。
高校生の池くんが主人公。友達に頼まれて先輩(女の子)にラブレターを渡しに行く池くんですが、その先輩と同じような名前の先輩・駒木くんに間違えてラブレターを渡してしまいます。その間違いがきっかけで仲良くなる池くんと駒木くん。
駒木くんは高校生ながら小説を書く作家さんでもあり、頭もよくきれいな顔立ちなのですが、ゆえにちょっと孤立気味でもあります。そんな駒木くんをなぜか放っておけない池くんは駒木くんのそばにいるようになるのですが、ある日別の友人に『駒木は男女構わず体を売ってるらしい』という噂を聞かされ。
本人に確認したところあっさり肯定され、それなら自分とも関係を持ってほしいと駒木くんに迫る池くんなのですが…。

というお話。

綺麗で清廉な雰囲気を持つ駒木くんが誰彼構わず寝ているのだと知った池くんが裏切られたような気持ちを抱くのはなんとなくわかるのです。が、だからと言って体の関係を迫るというのがなん続きかしっくりこない、というか。
池くんの、駒木くんへの恋心はダダ漏れで、だから駒木くんがほかの人と寝るのが許せなかった、という過程は理解できるのですが、当の本人にその自覚がないので池くんがクズ男になっちゃっていたのもなんとも残念でした。

そして一方の駒木くんも。
気持ちはわからなくもないのだけれど、思考がちょっとめんどくさいな、とか思ってしまった。健気で可愛いといえば可愛いのだけれど。

高校生らしい、青く、グルグルする恋心が可愛らしいお話でした。

後半は駒木くんの友達の高木くんのお話。
タイトルは『ふさわしい恋愛』。分量としては三分の一くらいの長さのお話でした。

ゲイという性癖を自覚している高木くん(受け)は、既婚者や遊びで体の関係を持つような男を選んでセックスしています。理由は自分にのめり込んでほしくないから。あえて軽い関係を求めています。
そんな高木くんですが、学校で(おそらく)先生と致しているところをたまたま後輩の小塚くんに見られてしまったことから小塚くんと関係を持つように。
クールな関係を求める小塚くんとは対照的に、小塚くんは自分のことが好きで好きで仕方がない、という子と関係を持つのが好きなタイプ。
そんな真逆の二人の恋の行方は…?

というお話でした。

短いお話ということもあって、え、そこで終わり?というところで話が終わっています。なんとも歪な、二人の恋心。『そろそろ、さよなら』はハピエンを迎えるのに対し、こちら歯にモノがが挟まったような終わりでしたが、それがまたいい余韻を残してると思いました。

タイトルやインタビューから、もう少し切ない系の話かと思っていましたが、予想よりも甘い感じでしたね。

表題作の二人もよかったですが、表題作でもいい味を出していた高木くんが個人的にはとても好きです。クールを装う高木くんの、仮面の下に隠された恋心をもっと書いてほしいなと思いました。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ