狡い男 上

zurui otoko

狡い男 上
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
1
得点
25
評価数
10件
平均
3 / 5
神率
40%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784344837843

あらすじ

全く好みではないむさい男・満木に強引に迫られ、なぜかいつも押し倒されてしまう日下だったが…!?全2巻連続刊行!

表題作狡い男 上

満木、ゲイバーで日下に目を付けた我儘で傲慢な男
日下、内気で秀でた点もない平凡な会社員

その他の収録作品

  • 釣った魚にやる餌は
  • つぐない
  • 蜂蜜
  • 月のない夜
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

みんな狡い男(>_< )

あらすじを読んだ時点では『狡い男』というのは攻めの事を言っているんだろうと思っていましたが、登場人物全員が狡い男です。

攻めの満木はワガママで傲慢でやりたい事をやりたいようにやるがさつな男です。
受けの日下は内気で平凡な会社員ですが、覇気が無く利己的で狡い男です。
この二人で萌があるかと言うととても微妙ですが…。(笑)

特筆すべきは、受けがとことん攻めの事を恋愛対象として好きではない事です。受けの好みは攻めの正反対で、華奢でカワイく華やかなアイドルタイプです。
当て馬として出てくる野津がまさに理想です。
この野津が攻めの知り合いとして登場するんですが、満木と野津の関係に嫉妬するどころか、この野津に夢中になります。
こんな展開は今まで読んだ事が無く「有り得ないだろー!」と驚愕しました。

攻めも傲慢ながらも純粋に受けを好きになったんだろうと思っていたら、実は受けの実母の再婚相手の連れ子で色々思う所があり近付いたんだったり。

こんな感じなので感情移入がしづらい作品なのですが、この二人のダメダメな部分も含めて不思議と愛しく感じます。
自分が年を取り色々な経験続きをしたせいでそう感じるのかもしれません。若い時なら間違いなく『趣味じゃない』でしたね。

そんな二人ですが話が進むにつれ少しずつお互いを理解しあい、恋愛感情が芽生えていきます。
この後、下巻に続くので二人の関係がどうなっていくかで、この話全体の印象が大きく変わるんじゃないかと期待してます。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ