夜のふたり

yoru no futari

夜のふたり
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス ルチルコレクション (コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
ISBN
9784344837782

あらすじ

木島と安藤が営む小さなバー「thirteen」に集う人々のいろいろな出会い、そして恋のゆくえを描くオムニバスラブストーリー。

表題作夜のふたり

評価・レビューする

レビュー投稿数1

12ページの優しい時間

『夜は優し』の続編です、夜は優しに出てきたカップルも出てきてますし、新しく出てきたカップルもいます、1話につき12ページというショートショートでエロもありませんが、楽しく読むことができました。カップルが多すぎて全部書く事ができないのでバーを営んでいる木島さんと安藤さんについてです。
『夜は優し』の読み始めの時は、この二人がくっつくのかな?と思っていたら大間違いで、別々の相手とカップルになりました。
木島さんのお相手は前作の時に甥を引き取り一緒に暮らしていた『みっちゃん』です。実は、私は、みっちゃんがあまり好きではないです、すみません。顔は可愛いかもしれませんが、中身が歳の割に子供だからかなぁ。表紙のカクテル持っているのがお相手です。
安藤さんのお相手は、雨宿りの軒先で偶然一緒になった『加瀬君』です。見た目は爽やかな好青年でモテそうなんですが、呆れるほどにポジティブで致命的に察しが悪く恋愛下手で、彼女に浮気をされてしまうらしい。こちらの彼は中々のお買い得?だと思うんだけどね〜。裏表紙のテーブルに手をついているのが、お相手です。
この話はこの巻で終わりなのかな?皆様末永くお幸せにね続き

3
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ