「残念だったね、女を容易に抱けない体になるねぇ?」

帝國の宦官

teikoku no kangan

帝國の宦官
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
20
評価数
5件
平均
4 / 5
神率
20%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
eビーボーイコミックス(電子書籍・リブレ)
発売日
価格
ISBN

あらすじ

隻眼の屈強な戦士・ビジャンは捕虜として捕えられた。囚われのビジャンを待ち受けていたのは、にこやかな笑みを浮かべる得体のしれない皇子・右弦であった。右弦の命令で去勢して宦官として仕えさせられることになる。男としての象徴を失い失意のビジャンに追い打ちをかけるように、右弦は体を組み敷き……。

大人気「皇帝と宦官シリーズ」第二期、皇子×元兵士の宦官編、開幕!

帝國の宦官(1) 36ページ
帝國の宦官(2) 30ページ
帝國の宦官(3) 28ページ
帝國の宦官(4) 28ページ
帝國の宦官(5) 27ページ

表題作帝國の宦官

右弦(皇子)
ビジャン(兵士→宦官)

評価・レビューする

レビュー投稿数3

泥沼的に読んでしまう

うーん。前の皇帝と宦官も割と読んでしまって・・
あんまり好きではないんです、この先生の絵が。
(先生ごめんなさい×100万回)
でもなんでか読んじゃうんですよね。
軽妙な 人を食ったみたいなキャラがさらっと読めていいのかなあ。
100円というお気軽さがついつい手を伸ばさせてしまうのか・・

今回は皇子のなんか寂し気な表情が気になって。
過去になんかあった?あんたたち! 的に気になって
多分次も読むことになりそうです。ぐっすん。
受けがまったくイメージと違って ギャップ萌えなんてのも
果てしなく ならないんですけどー(泣)なんで読む羽目になるのー
泥沼的に手を出すことになってよろしければ、どうぞ・・

1

これは確かに面白い!

レビューを拝見して、非常に興味をそそられ
電子だったので速攻で購入。

うん、これは面白いし、先が楽しみ。
帝国軍の兵士だった男が、砂漠の辺境の地の戦いで
らくだの骨折という間抜けな理由で捕虜になる。
もう命はないかと思ったところ、丁度慰問に訪れていた皇子の気まぐれで
去勢されて宦官とさせられるのだが……

この宦官くん、女好きだし浅黒い肌の隻眼という変化球。
このまま都に連れていかれるなんて、とんでもない!と
皇子を襲う(武力襲撃)のだが、逆に組み伏せ襲われる(こっちはH)。

どうもこの隻眼の理由に過去の曰くがありがちなのだが。
そんな二人の関係の序章で続く……
となる。

絵も読みやすくて綺麗だし、崩してある感じや
ちょっとコミカルなコマも可愛い。
続きも気になるし、
「皇帝と宦官」という同じ世界感っぽい他の作品も気になるな。


しかし、短い。
ま、100円ですしね、そりゃそうか。

4

枯れた萌え心に久々に花が咲いた

宦官というもののイメージを根底からひっくり返すような雄っけと粗野さ(隻眼だし!)を持つ元兵士の頑強な元?男を組み伏せて快感に陥れていくというほんの序章分な1話を読んだだけなんですが、
商業どころか同人でもない設定に新たなる扉、しかも去勢に対してかなりのエロを感じるタイプゆえに凄い鍵をみつけてしまった感じです。
幼少時に去勢した中性型にはない、男の快楽を知っているが故の宦官の辛さだとかそれがねじ伏せられながらトロっていくところとか、もう予告から透けて見えてますが楽しみな逸品です。

神への階段がほぼ約束された萌え萌えで!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ