気がついたら幽霊になってました。

kigatsuitara yurei ni natteimashita

気がついたら幽霊になってました。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×28
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

111

レビュー数
6
得点
75
評価数
21件
平均
3.7 / 5
神率
28.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥570(税抜)  
ISBN
9784199008528

あらすじ

どうせ殺されて死ぬなら、成仏する前にあいつに会いたい──。男とのトラブルで首を絞められ、気づいたら幽霊になっていた水葵。未練を断ち切ろうと向かった先は、高校時代に片想いしていた親友・黒須の元。けれど霊感ゼロな医師の黒須は、水葵の気配にも全く気づかない。しかも水葵の肉体を発見するや、激怒して犯人捜しに乗り出してしまう。霊体の水葵は、必死に止めようとするけれど!?

表題作気がついたら幽霊になってました。

黒須一志、水葵の元同級生で父親の病院に勤務する医師
香月水葵、夜の街で小遣い稼ぎをするニート

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

楽しい幽体離脱

絵師買い。
yocoさん、こういうポップな絵柄もなかなかいいな、
タイトルはラノベ風……と、ポップなコメディを想像して手に取ったら
あら、ちょっと違いました。
内容は結構シビアなものを含むのだが、
あっけらかんとした幽体受けのキャラがなかなか楽しく
想像していたコメディとは違ったけれど、軽快でコミカルなテイスト。

ストーカーに殺されかけた水葵は、幽霊というよりは幽体離脱し
高校時代の親友で実は密かに思いを寄せていた黒須と再会(?)する。
体は眠っている水葵だが、離脱した幽体はフラフラと(壁抜けも習得して!)
黒須について歩いたり、寝ている黒須の夢に入り込んだり(ここエロです!)
まぁ、色々とありながら、現在の事件と過去の事件が明らかになっていく。

ん?こんなに多くの人に見られちゃう幽体って一体?
なのに、黒須には見えないって何故?(そうじゃないとお話にならないw)
携帯には写っちゃうの?とか、
この10年、黒須は水葵を思い続けていながら何をしていたの?とか
一方の水葵の生き様ってどういうこと?とか……
色々とツッコミどころは満載だし、展開に強引続きさも否めないけれど
受け攻め二人のキャラクターは好きだったし、
幽体が夢に入り込むという面白い設定のエロもかなり美味しい。
黒須ダディと暮らすチビッ子匠と
可愛くて賢い老犬クラウスの存在がかなりポイントを稼ぎ、
楽しく読了。

3

「シリアス」と「コメディ」の、バランスがとてもいい

初読みの作家さま。ちるちるさんでレビューを拝見して、面白そうだなと思って購入してみました。

絵師さんのお名前を見てちょっとびっくり。yocoさんだったんですね。今までのイメージを覆す絵柄で、思わず二度見しました。軽めのタイトルに、ポップな表紙。いい意味で裏切られた作品でした。この内容に、あえてのこのタイトルと表紙だったのかな。ギャップ萌えしました。

内容はすでに書いてくださっているので感想を。



正確に言うと「幽霊」ではないんです。幽体離脱、という表現のほうが正しい。死んじゃってるわけではないので、落ち着く先は早々にわかっちゃうんですが、それでもシリアスとコミカルのバランスがとてもよくテンポよく読めました。

蓮っ葉な物言いに、ゲイバーでウリをしている水葵(受け)。
と聞くと、ちょっとなんだかなあ、と思っちゃうところもあるのですが、読み進めるうちに少しずつ透けてくる彼の壮絶な過去が分かってくるうちに、彼の健気さにホロリとさせられました。
彼を取り巻く大人たちのあまりのゲスさに悲しくなりつつ、それでも黒須への恋心を忘れられずにいる彼にエールを送りたくなりま続きした。

一方の黒須(攻め)。
良い。彼もすっごく良い。
水葵への一途な恋心と、それに付随する彼のむっつりなエロ心がとてもツボでした。
水葵のことが好きすぎて突っ走ってしまうのもGJ!ハイスペックな彼が水葵のために、時に無様になりながらも救いたいと必死に頑張る姿はわんこ攻めの鑑でした。

幽霊(というかなんというか)になっちゃってる水葵はモノに触ることはできませんが、黒須に触れることで彼の気持ちとリンクすることができる。
夢の中で彼らが交わすセックスシーンが甘いし優しいでほっこりした気持ちになれます。

両想いなのに、お互いに片想いだと思い込んでいる、という定番な流れではあるのですが、彼らが勘違いしてしまうようになった「理由」がきちんとあるので読んでいて違和感なく話に入り込めました。

ウリセンボーイだと思っていた水葵が、思いがけずまっさらさんだったのも個人的に高ポイントでした。

黒須の息子(だと思っていた)匠や、飼い犬のクラウス、お手伝いの黒田さんや病院の師長さん、といったナイスな脇役もとっても素敵でした。

評価で悩みましたが、神よりの萌え×2で。

3

コメディかと思ったら・・・

題名から、コメディ系を予想していたのですが、これがなかなか切なくて・・・すごく良かったです!

首を絞められて殺されかけた水葵は幽体離脱してしまいます。
どうせ死ぬなら最後に、高校時代に恋していた相手・黒須に一目会ってから成仏したい、と考えた水葵は黒須の元へ。
すると、水葵に懐いていたコリー犬が幽体の水葵に気付いて、飼い主の黒須を水葵の身体が倒れている場所へと連れて行きます。
大病院の院長の息子で、医師になっていた黒須は水葵の身体を病院へと運びます。
が、そのまま病院に置いておけない事情があって、黒須は意識のない水葵の身体を自分の住むマンションへ。
水葵は何故か身体に戻ることが出来ず、ましてや成仏も出来ず、黒須の周りを幽体でうろつくことになってしまいます。そして、黒須のことを知るうちに、ますます彼に惹かれてしまい・・・

幽体になった水葵の性格のせいか、題名からの連想通り物語はコミカルな雰囲気です。
でも、水葵も黒須もずっと互いのことが忘れられずにいたこととか、二人が距離を置くことになった理由とか、コミカルな雰囲気の奥にあるものがとても切なかったです。
軽いテンシ続きョンなのに、切なさが漂ってて、とてもバランスの良い作品だと思います。胸にキュンときて、少々ウルッとしてしまいました。
あと、黒須と一緒に暮らしている匠くんがめちゃめちゃ可愛い!!ほっこりさせてくれます。
幽体の水葵を霊感のある人や子供や犬などは見ることが出来るようなのですが、肝心の黒須には一切見えないし感じられない、というのも萌えポイントです。
エロは少なめですが・・・話の9割方、水葵が幽体なので(笑)
その代わり、黒須の見る夢(というか願望というよりも妄想?)が、すごくエロティックでした。黒須、結構むっつりエロでした!素敵!!
黒須も水葵もみんな魅力的でした。うん、おもしろかったです!!
すらすら読みやすいし、おもしろさも切なさもバランスよくて、素敵な作品でした!!

3

幽霊受けのツッコミが楽しい

あらすじ:
夜の街で働く水葵(受け)は、客の男に首を絞められ、気がついたら幽霊に。
意識不明の自分の身体を発見してくれたのは、高校時代の同級生で想い人の黒須(攻め)。
水葵はこっそり黒須に取り憑くが…

幽霊になった水葵視点で進行するコメディ。
殺人未遂など結構重い題材を扱った作品ですが、水葵自身があっけらかんとしたツッコミ気質のキャラなので、全体的に明るい雰囲気です。

水葵は高校時代、一匹狼だった黒須に物怖じせず話しかけ、無二の親友に。
しかし、ある男に乱暴された痕を黒須に見られてしまい…
事実を隠し淫乱のふりをして黒須に抱かれ、それ以来疎遠になってしまいますが、10年後幽霊として再会(黒須には見えていない)という展開です。

水葵に見られているとも知らず、たびたび水葵大好きっぷりを晒す黒須がなかなか良いキャラ。
「あいつは、天使だ」と惚気けたり、
意識のない水葵(の身体)を抱いたり…
10年前の水葵の嘘もお見通しで、水葵を守るため彼と距離をおいたという事情もあり、気難しそうに見えて実はベッタベタに甘い溺愛攻めでした。

水葵は幽霊ですが、黒須に触続きられているときは一時的に魂が本体に戻るという美味しい設定。
さらに、黒須を「だでぃ」と呼ぶ少年など、一部の人間には姿が見え会話もできるため、ずっと一人で喋っているわけではありません。

ラストは、黒須が水葵の首を絞めた男を見つけ出し、水葵の意識も戻ってハッピーエンド。
水葵の本職や、10年前の性的虐待の真相、黒須の息子(?)の正体など、そんな都合の良い話があるかいっ!とツッコみたくなるほど万事ハッピーなオチですが、ここまで突き抜けていると逆に清々しくも思えます。

かなりの純愛を描いたラブコメで、物語序盤のやや暗めの雰囲気とは大違いの着地点に良い意味で意外性がありました。
強姦や殺人未遂といった題材とコミカルなノリに若干のミスマッチは感じるものの、楽しく読める一冊です。

8

すんごい萌えました

高校時代の親友同士が、とある事件から疎遠になり、10年。受けはずっと攻めが好きなのですが、その事件以来攻めに嫌われたと思っています。
実家の大病院で医師になった攻めと、ゲイバーで客を取る生活の受け。まるで接点なくかけ離れた生活を送る2人は、受けがストーカーに危害を加えられ、幽霊になってしまったことで、再び運命が交錯。

とは言え、攻めが再会したのは、受けの意識が抜けたあとの受けの肉体だけ。受けは幽霊になってそのへんをさまよっているのですが、霊感皆無の攻めにはまるでその存在を察知できていません。
話は高校時代の回想を絡めながら、攻めが受けを害した犯人を見つけ出すため奔走したり、その間幽体でさまよっている受けが攻め宅にいた攻めの子供と交流しながら進みます。

幽体の受けを見ることが出来るのは、攻め宅のちみっこと飼い犬のみ。
受けが幽体でさまよっていることを知らない攻めなので、会話はかわせないのですが、攻めに乗り移ることで夢の中でエッチしたりしていて、幽霊になってる受け&霊感のない攻めという状態が長く続く割にはエロ度は高かったと思います。
自分に暴行を加えて逃げた犯人を追う攻続きめを、危険だから何とか止めたいと思っている受けが、何とかそう伝えたいと幽体で奮闘するのが切なくもコミカルで楽しかったです。

そして何より攻めのキャラクターに超萌えました。今は真面目な医者ですが、高校時代は少々荒れていて、売られた喧嘩は買っていた攻め。そのワイルドさが、受けを害した相手に対する怒りや、受けと再会した喜び、意識がない切なさなんかで本性が出てきて、そのギャップがすごくいい。受けが幽体でそばにいるとも知らず、受けに対する愛や執着をダダ漏れにさせてるのにも、ちょっとのたうちまわってしまうくらい萌えました。
受けの健気さや、意外な純情さもとてもよかった。

設定の分かりにくいところや、首をひねっちゃうところ、説明不足なところがいくつかあり、その分マイナスで萌×2かな…とも思いましたが、キャラクターに対する萌と、エッチシーンのキュン度がものすごかったので、神にしてしまいます。
ドキドキハラハラ展開があるかと思えばほのぼの可愛いシーンがあったり、非常に楽しめた本でした。

7

幽霊ならではの萌えがあります。

ラノベ風タイトルとポップな表紙から、楽しくサラッと読める話をイメージしていましたが、シリアスあり切なさあり、クスッと笑える所ありの大変面白い作品でした。

幽霊(厳密に言うと違いますが)になってしまった受けの回想から始まるので、少し推理サスペンスの要素もあり、どういう事?と不思議に思いながら読み進める内に話に引き込まれしまいます。
そして初心者幽霊の受けの視点で進むので、読んでいて少し不思議で、幽霊としてのビギナーの戸惑いもよく分かりシュールでもあります。

元々攻めと受けは高校時代は親友でしたが、誤解からすれ違い離ればなれになります。そして10年後、夜の街でちょっとした小遣い稼ぎをしていた受けは男に首を絞められ、その身体を発見した攻めが激怒して…という展開です。

まず受けの水葵が、強気でサバサバした人好きのするタイプですが、実は健気で繊細な所があり、そんな部分を人に悟られたくない意地っぱりでもあります。割と不憫な子なのですが、明るく前向きです。幽霊になっても、自分より攻めの事を優先させて、健気でいじらしいんですね。(ノД`)

そして攻めの黒須ですが、大変男前です続き。水葵の身体を見つけてからの黒須の行動力が素晴らしいのです。大人になり医者としてすっかり落ち着いたと思いきや、水葵の事の関しては学生の頃のキレやすい無茶な部分が顔を出します。そして意外と嫉妬深く、むっつりスケベなんですね。なぜむっつりなのかと言うと読んでいただければ、あー!と納得いくと思います。とにかく水葵にベタ惚れで執着していると言っても過言ではありません。

受けが幽霊なので、攻めと直接会話することも触れあう事もなく、それどころか受けの存在に気付いてすらない状態が終わり近くまで進みますが、幽霊ならではの離れワザが出ます。エロが少な目になってますが、これもカウントに入れるとしたら標準的になるんではないでしょうか? カウントに入るかどうか分からないので、情報登録された方も悩まれたと思います。
とにかく離れ業がエロいです。下手をすると普通にエッチするよりエロエロな雰囲気だと思うんですが…。
ちょっと幻想的でもあり、かなり萌えました( ´艸`) 幽霊が主人公だからこそのシチュエーションです!!

それと、ちびっ子とワンコが出て来ますが、幽霊が見えるので、かなりいい働きをしてくれます。そしてカワイイ…。
あと、幽霊とはいえホラー色はかなり薄めです。しかし、ホラーがかなり苦手な私は、病院のおじいちゃんに背筋が寒くなりました。なのでホラー系が(大変)苦手な方は夜には読まない方がいいかもしれません。

医療的な部分で、意識不明な水葵の身体について気になる方はいらっしゃるかもしれませんが、まあそのへんはファンタジーということでサクッと無視させてもらって、大変楽しく読めました。
作家買いをしてますが、ここ最近の作品では(私は)一番面白かったです。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ