河童の恋物語

kappa no koimonogatari

河童の恋物語
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784199008504

あらすじ

体の弱い弟と祖母の介護のために、母親と引っ越した田舎の村には…ある生き物がいた。
転校先の高校で、水をかけられいじめられている美少年と出会う。
見過ごせずに助けるが、いじめていた方は戸惑ったように去っていき、
いじめられていた美少年は「余計なことをするな」といわんばかりの態度。
なんと彼は、あの御伽噺にでてくる河童だった……!?

表題作河童の恋物語

保志見啓志、父方の祖父の田舎に転校してきた高二生
谷津太郎、啓志のクラスに在籍する河童

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

可愛いおはなし

啓志が転校したクラスメイトには、河童の太郎がいました。
転校当日に担任の先生から「うちのクラスに河童がいるから」と言われた
啓志の頭に?(はてな)マークが浮かんでいるのが想像できて笑ってしまいました。
確かに突然言われても理解できないですよね。

とにかく、真面目でやさしい啓志と本当は寂しがり屋で人間思いの太郎の
可愛い初恋物語でした。
感情が天候に影響を与えてしまうため、ずっと感情を押し殺してきた太郎が
人間に恐れられ友達もおらず寂しくて泣いてしまう姿が切なかったです。
啓志の内面に秘めた欲情が頭の中でぐるぐるする様子も、
初めて恋をした高校生って感じで良かったです。

0

河童DK

家庭の事情で田舎の高校に引っ越してきた攻め。初登校で学校に行くと、学生服を着た美少年がクラスメートから水をかけられていて、いじめだと思った攻めが咎めると「余計なことをするな」と本人から怒られてしまった。聞けば彼は河童だと言う。半信半疑ながらも気になって友達付き合いをするようになったが、周りから遠巻きにされていた河童はそのうち攻めに懐くようになり…。


攻めが田舎の高校に引っ越してきたら、クラスメートに河童がいた、という話です。河童受けです。
河童はなぜか普通に高校に通っているのですが、怒らせると龍神さまの祟りがあるからと、クラスメートや村人からは遠巻きにされています。確かに受けが怒ったり感情が昂ぶったりすると大雨が降ったり落雷したり。ちなみに水掻きはありますが皿はありません。
攻めは、いろいろ証拠を見ても半信半疑なのですが、クラスメートから距離を置かれている受けが気にかかり、話しかけたり弁当を食べさせたり構うように。最初は「俺に近づくな」とピリピリしていた受けも、徐々に慣れて友達付き合いが始まります。

河童受けは、攻めいわく「鄙には稀な」突出した美少年。その美少年が、続き慣れてきてぎこちない笑顔を見せたりするのに攻めはドキドキ。だんだん気になって、触ってみたくて、やや不自然な態度になってしまいます。攻めは頭も顔もよく、病弱な母と弟がいるので面倒見もいい好青年ですが、家族の世話や勉強に忙しく恋愛はしていなかったキャラ。もちろん童貞なので、触りたいとか言えないし、内心ではテンパっているのです。
その不自然な態度に受けが「避けられてる…!」と傷ついたり、攻めが頑張って誤解を解いたり、誤解を解きついでに触りっこしたり、そんな展開。

恋愛経験皆無の攻めと、恋愛感情すら知らない受けが、おずおずとキスしたり、触れ合ったり、少しずつ近づいていくのに非常に萌えました。
舞台設定が特殊なので、説明に要したページ数が多く、できればもうちょっといちゃいちゃが読みたかった気はします。特に、本格的に結ばれるのがラストの方なので、その後の2度目とかの甘い触れ合いが読みたかった。

あとイラストの北沢きょうさん、ちょっと絵柄が変わったかな? 個性が少し減って、繊細さが少し増えたような印象でした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ