GUSHpeche(45)特集 格差BL(アンソロジー著者等多数)

gushpeche

GUSHpeche(45)特集 格差BL(アンソロジー著者等多数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
発売日
価格
¥980(税抜)  ¥1,058(税込)
ISBN
9784796409247

あらすじ

黒岩チハヤ/志々藤からり/桂 小町/碗 島子/風緒/野萩あき/木下ネリ/安堂ろめだ

表題作GUSHpeche(45)特集 格差BL(アンソロジー著者等多数)

同時収録作品HIGH SCORE NIGHT!!

長門梓 高校3年生
加賀藍 高校3年生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

『 ROUGE』充実の続編

『ROUGE』の続編目当てに買いました。

前号掲載作と同様、長門と藍の関係が本編の後、より深まってゆく様子が、しっとり、かつ軽快に描かれています。

桂先生は、「続編でやるべき宿題が」「3つあった」とツイッターでおっしゃっていて、そのうちの1つが今回の「セックスが下手な藍」だそうです。
(前号では、そのうち「3年になった藍と長門の友達との関係」を描かれたとのこと)

「格差」という今号のテーマに、「俺は下手だけど長門は上手だ」と思っている藍の話がマッチしています。

藍に「上手」と言われて、まずは素直にガッツポーズする長門。

ここは、本編一話目で、藍を女の子だと勘違いして、「女に呼ばれたと思ってテンション上げ」てしまったエピソードと同じく、長門の単純な男の子らしい可愛さが表れています。

一方、藍が「上手く」しようとするのを制して、セックスは「どっちが上手いから良い」というものではなく、比べるものでもなく、二人で良くしてゆくものだ、と説く姿は、思慮深い、一人前の男のものでした。

そのあとの「藍、初めてのフェラ」「藍、初めての騎乗位」「長門がいくまで頑続き張ろう」(桂先生のつぶやきより)も、色っぽくて、事後に藍のおしりにつけられた歯形も可愛らしく、期待どおりの素晴らしい続編です。

「大真面目」な「2人の恋愛のセックス」を描かれた物語の最後のページに、本編『ROUGE』のラストや、同コミックス収録の『愛は出番を…』のシリーズのシメを思い起こさせる、小気味よいモノローグをのせるあたり、先生の業師ぶりにもしびれます。

34ページという短編の中で、長門というキャラの魅力を表現し、二人の関係を深化させる漫画の技に、のこる一つの先生の「宿題」だという、「藍の家庭の事情」をどんなお話に仕立てられるのか、期待がふくらみます。

3
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ