ダメ犬の生存戦略~家族になろうよ~

dameinu no seizonsenryaku

ダメ犬の生存戦略~家族になろうよ~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
4件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラ文庫(小説・心交社)
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784778120641

あらすじ

※9/10→10/08に発売日が変更となりました

会社帰りに拾った子犬のリュウを飼うことにした悠吾は夜、ベッドに侵入してきた美しい男にフェラをされる。
男はリュウの父親のカイトと名乗り「”ご奉仕”するから俺たちを飼って」と懇願する。
二人は日中犬の姿になる犬男だったのだ!
懐くリュウの可愛さから居候を許すも、カイトは無職で贅沢で我儘なダメ男。
しかし、リュウに愛情を注ぐ姿を見て両親に愛されなかった悠吾は惹かれていく。
でも、彼の”ご奉仕”に深い意味はなくて…

表題作ダメ犬の生存戦略~家族になろうよ~

カイト、悠吾が拾った子犬・リュウの父親で犬男
保見悠吾、家族に愛されなかった孤独な会社員30

評価・レビューする

レビュー投稿数1

もふもふ×2

1人暮らしのサラリーマン、保見(受け)は、クリスマスの夜に1匹の仔犬を拾う。とりあえず連れ帰ったら、そこに仔犬の親らしい成犬まで乱入。仕方なく一晩泊めたところ、深夜に絶世の美形男性が自分にフェラをしてきた。理解できず夢だと思い込もうとしたら、次は犬の親子が人間に変化するという出来事まで起きて…。


仔犬を拾ったら親犬までついてきて、さらにその犬の親子が人間になっちゃった、という話です。
拾った犬が人間に、というBLはありがちですが、拾った仔犬プラス乱入してきた親犬が揃って人間に、という事態は迷惑すぎるというか、大変すぎて受けに同情しかわきませんでした。
しかも親犬である攻めの傍若無人さ、図々しさが本当にひどい。家中荒らし回って受けのとっておきのカシミアのセーターを「他のは安物で肌に合わないからこれを着る」とのたまうし、受けが自分へのご褒美として買ってあった高級食材ばかり消費するし、尻尾を出したいからと借り物のスラックスの尻に勝手に穴を開け、料理をしたら台所を荒らして後片付けもしようとしない。おまけに慎ましい受けの生活に不平不満だらけ。じゃあ出ていけよ、と思います。仔犬であり続き子供のリュウは空気が読める良い子で、気を遣っているし可愛いので、余計に厚かましい攻めに対して嫌悪感がわきました。
受けは両親に捨てられ、厳格な祖父母に育てられた過去があります。祖父母との生活もひどくて、愛情を与えられるどころか精神的な虐待としか思えないような生活だったようで、その後遺症から他人に頼まれると断ることができず、他人に怒ることができない性格。受けに怒られないことでさらに図に乗って好き放題する攻めには到底好感を抱けません。
置いてもらう代わりに、と受けにフェラするのはいいのですが、それも受けが要らないと言ってるのに「いいからいいから、ほら気持ちいいだろ」的な上から目線、しかもその姿を撮影した挙句「家に置いてくれなきゃこの写真を晒す」的な脅しまで。このあたりの評価は「しゅみじゃない」以外の何物でもありませんでした。

ただ、攻めが受けに惹かれ始め、受けの特異な育ちを知ってからは少し評価も持ち直しました。
でも攻めを好きになれないのに変わりはないし、攻めザマァ成分も足りないので溜飲が下がることもなく、あまり読んでいて楽しい気持ちにはなれなかったです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ