上司と信愛 ~男系大家族物語~ 7

joushi to shinai

上司と信愛 ~男系大家族物語~ 7
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
15
評価数
4件
平均
3.8 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
コスミック出版
シリーズ
セシル文庫(小説・コスミック出版)
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784774729633

あらすじ

大家族長男・寧と部長の鷹崎が付き合い始めて早半年。いちゃいちゃする時間は滅多にとれないが、お互いの家族も含めた交際は順調に深まっている。と思ったら、寧の会社でトラブル発生!急遽、北海道出張が決まった鷹崎の代わりに姪のきららちゃんを預かり、会社内と兎田家で一丸となって対処することになったが…!?武蔵の幼稚園でサンタ問題も勃発し、てんやわんやとなった寧は―。

表題作上司と信愛 ~男系大家族物語~ 7

鷹崎貴,西都製粉株式会社の営業部長,31歳
兎田寧,入社2年目の営業マン・7人兄弟の長男,21歳

その他の収録作品

  • エンジェルちゃんは見ていた!〜鷹崎貴の信愛〜
  • エリザベスは見ていた!〜七生とエイトのはじめてのお泊まり〜
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

コスプレ再び!

みずかねりょうサンのイラストに惹かれて買い始めて早7巻!
相変わらず部長と寧はラブラブではあるのですが、今回は珍しく喧嘩します!と言っても寧が一方的に怒って凹んでいるだけなので喧嘩と言えるかどうかも怪しいのですが‥
再びコスプレもありました。今回のコスプレの挿絵は寧と双葉です。また、お話が12月の設定なので、獅子倉部長や鷲塚さん達がサンタやトナカイのコスプレをしてました。
このお話メインカップルもいいのですが、それを取り巻く人々がいい人+可愛いペットなので読んでてほっこりします。
次男〜七男も可愛い!キャラが被らないって凄いです。
私の推しメン?は次男の双葉君!今回ちょこちょこ登場してくれて嬉しい!双葉君のコスプレも見れたし眼福です。
四男の士郎君は今回TPPについて語ってくれました。私の頭はピーマンなのですが士郎君に教えてもらって理解することができたので賢くなった気がします。(いつまで記憶していられるか不安ですが)
五男の樹君、六男と七男のお守りばかりで影が薄い感じがするので頑張ってね。
長男以外でスピンオフが6人分(士郎君のスピンオフは読みました。面白かったです。次続き回作も楽しみです)できると思うので、是非読んでみたいです。

1

7巻目にして新展開?

『男系大家族物語』シリーズ第7巻。
BLというよりホームドラマのような内容ですが、プロポーズ等、新たな展開も描かれています。

大家族の長男で営業マンの寧(受け)と、上司の鷹崎(攻め)は、恋人同士で家族ぐるみの付き合い。
末っ子の七生の「サンタ問題」に対処したり、
二人の勤める製粉会社でのトラブルに追われたり…と、
子育てに仕事に大忙しの二人の日常が描かれます。

製粉会社でのトラブルとは、業務部が契約先の農業に、競合他社に小麦を納入しないよう指示し、怒らせてしまったというもの。
この件についての営業部と業務部のバトルや、営業部内での議論の下りにはなかなか力が入っていて、正直子育て関連のシーンよりも面白く感じてしまいましたw

そんなトラブルもありつつ、二人の仲にも進展が。
鷹崎は、自分が婿入りする形で寧と結婚することを考えており、寧の父親にも相談。
寧にプロポーズし、二人の結婚が決まります。

これ自体は喜ばしいことですが、物語の構成としては微妙と感じる向きも。
冒頭で寧が鷹崎に対し怒っているシーンが描かれ(鷹崎が自分より先に父に対して結婚の相談をした続きことに怒っている)、その後はその喧嘩が勃発する前の日常の描写が延々続きます。
このため、何が起こったのか中々分からず、ややフラストレーションの溜まる構成でした。

しかし、長編シリーズがマンネリにならないような工夫は随所に見られ、子どもたちのキャラもそれぞれ個性的で(四男についてはラノベでスピンオフが出たんだとか)、ほのぼのコミカルな雰囲気を楽しめました。

次の8巻からは婚約時代に突入するとのことで、どんな展開になるのか期待です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ