萩小路青矢さまの乱 1

萩小路青矢さまの乱 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199601804

あらすじ

名声・権力・財力を合わせ持つ、京都の名門・ 萩小路(はぎのこうじ)家──。その次期当主の青矢(せいや)さまは、 御年十六歳の、イマドキの現役高校生!!  時代錯誤な家のしきたりが内心密かに大キライ。 そんな青矢さまの唯一の味方は、お目付け役の 高倉義樹(たかくらよしき)。若くて有能な萩小路家の秘書だけど、 ご主人様のワガママにだけは、超甘くて…!?

表題作萩小路青矢さまの乱 1

高倉義樹(お目付け役)
萩小路青矢(萩小路家次期当主)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

続編希望

続きが読めないことがこれまた悲しくてならない一作(ノД`)・゜・。
ある意味名作だとおもうのですが、なんともなんとも。
秋月先生がご存命であれば、他の絵師さんで続編をぜひ書いていただきたいお話のひとつ。

名声・権力・財力を併せ持つ、萩小路家。古いしきたりを今も継続させているゆゆしき家のひとつ。もうすぐ16歳になる次期当主・青矢も、儀式を控えていた。
青矢は、儀式だのなんだのをうっとおしく思い、自分の世代で終わりにすると心に決めていた。
そんな折、代々家で信仰していた秋津ノ宮神社を訪れた青矢は、毎夜夢にあらわれた蛇の化身。大神さまに抱かれてしまう。強大な力を与えられたさきにあるものは・・・!?
ということで、複線をいっぱいのこした終わり方なんです!!
あ~~~ん(´A`。)グスン
古いしきたりに反発するいまどきの男子高校生。しかし、大神に抱かれ。巨大な力を手にし。神に期待されるということは自分に力がつくのかと思えば、神の暴走をくいとめるだけのニエにしかすぎないのだという真実。
自分のことを一番に考え、まもってくれる おめつけやく高倉との関係。
淡い想いを潜めたま続きま、高倉の前で神に抱かれる青矢。もろもろ。
おもしろいです。
だけに残念なのがつづきが・・・orz
一応、カップリングを、高倉×青矢にしているんですが、この段階でこのふたりの結合はなし。神という名の蛇にだけ抱かれております。
というか、この蛇に!というのがとてもツボです。
蛇のうろこを称えたものが、青矢の双丘を突き・・・(*´Д`*)はぁはぁ
それでもけなげに青矢を守ろうとする高倉にも萌え。忠犬バンバンw

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ