地球がとっても青いから

地球がとっても青いから
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784403520556

表題作地球がとっても青いから

野中彗・高2
三上綾人・高1

その他の収録作品

  • 月のウサギに逢いに行こう
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

家族の問題が・・・

不仲なのに世間体を取り繕う両親にうんざりし、自分を肯定できない彗(攻)。

そこに、父の隠し子で彗の妹だと名乗るアヤという美少女が現れます。でもアヤは実は綾人(受)という名で、妹ではなく弟だったんです。

メインの2人のキャラクターは結構好きなんですが、2人のラブよりも家族の問題の比重が大きくて、しかも両親だけでなくまわりの大人にまったく共感できなかったのが、読んでてなんともツラかったです。

個人的に、松前さんで『家族問題(確執)』がメインに来る(まで行かなくても重視されている)ものはほぼ好みじゃないんですよね。
あくまでも『キャラクターの背景として』の設定だけなら、どれだけ無茶でも不憫・不遇でも一向に構わないんですが。

ドロドロぐちゃぐちゃになりそうな設定のわりに、収束はなんともあっさりしてて『はぁ・・・そうですか』って感じでした。
これのために(分量的にも)ラブが薄くなったんなら、なんとも意味ないな~と思いましたよ。

トータルではつまらなかったわけではないので『萌』にしましたが『中立』に近いかな。どっちつかずの印象でちょっと残念でした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ