恋は和菓子のように

koi wa wagashi no youni

恋は和菓子のように
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
25
評価数
8件
平均
3.4 / 5
神率
12.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784344838369

あらすじ

祖父の代から続く小さな店を守り、実直に和菓子作りに励む職人の大賀。いつもどおり過ぎていくはずだったある日、白馬の王子様めいて麗しい青年が雨宿りに訪れた。もう二度と来るまいという予想に反して、まるで場違いな彼、一知也は頻繁に店へやってきては甘い気配で大賀をたじろがせる。やがて彼と過ごす時間を心地よく感じ始める大賀だが……?

表題作恋は和菓子のように

富山大賀, 和菓子屋店主, 30歳
桐谷一知也, 商社勤務

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

好きじゃない感じの攻め視点

両親から受け継いだ町の小さな和菓子店を営む攻め。ある雨の日、スーツ姿の美しい青年が雨宿りをしに来て、それから店に通ってくるようになり…という話です。

攻め視点の小説は個人的にあまり好きではないのですが、その苦手な理由が割と顕著に現れたような作品でした。
受けの美しさに惹かれ、意識する攻め、というか、別にそれだったらBLでなくてもいいじゃん、というか…。

受けも攻めも露骨に一目惚れ状態で、攻めはノンケなのでかなり長い間自分の恋心には気づかない感じ。受けは視点キャラじゃないから基本プロフィールすらわからない。ゲイなのかノンケなのか、ゲイだとするとこれまでの経験はどれくらいか、初体験なのかどうかくらいはラストまでに提示してほしい。
攻める側としての攻めにも、気持ちがあまりわからない受けにも感情移入できず、物語に入り込みにくい。
攻め視点が好きか苦手かに関係なく、これは受けの視点のお話だったほうが良かったんじゃないかな、と思うような作品でした。エリートなサラリーマン受けが、雨宿りの和菓子店で無骨な攻めと出会い、誤解されたり色々ありつつ結ばれる話、のほうが単純に萌えられた気が。続き

誤解といえば、攻めが作中で受けのことを色々誤解するのですが、それがかなり度量が小さいというか、いやな感じの誤解で、それも楽しくなかったです。和菓子屋に誇りを持ってやってるはずなのに途中から卑屈になったり…。
花小蒔さんのイラストはとても可愛らしく、それは楽しめました。

3

う~む・・・

お菓子職人さんが出てくるBLは、以前読んだ作品がとても面白かったことから、その後もつい買ってしまいます。
この作品は、最初受け様が色々と謎めいている感じで、その謎が明かされたりするのかな??というわくわくな雰囲気もあったのですが、残念なことに実際は謎はなかったんです。なので個人的にはちょっと盛り上がりに欠ける展開でした。
あと、攻め様がなんというか、微妙な人に感じられてしまいました。正直割と最後まで狭量な人物という印象で・・・大福事件も、祖母のように攻め様を大事に思っている松婆への酷い一言とか、受け様に結構酷いこと言ったりしたりするとか・・・
受け様に関しても、攻め様は初心受けと信じているような感じなのですが、実際はどうなのか謎のままでした・・・(読みとれませんでした・・・受け様の発言だと経験ありのようにもとれるのですが・・・?!)

救いは、弟と松婆が2人の事を祝福してくれていることかな・・・

設定は好きなのですが、なんかこう物足りない・・・という印象の作品でした。

3

周りの人に支えられて

大賀は祖父の代からの和菓子屋の暖簾を守る3代目、祖父も両親も鬼籍に入り、歳の離れた弟と暮らしている。ある雨の日、綺麗な青年(一知也)が店先で雨宿りをしていたので、タオルと傘を貸した、貸した傘が返される事はなく、二度と会うことも無いという予想に反して、傘は返却され その日を境に一知也は頻繁に店に訪れるようになり、2人の距離は縮まるが‥
花小蒔サンのほんわかしたイラストに誘われて購入しました。
攻めにイライラする!受けからのアプローチに鈍感なのはいいとして、ひとの話を聞かず早とちりして自ら自分にトラブルを呼んでる感じがする。前半の大福の大量注文の時、(受けのお情けで施しを受けたと勘違い)に懲りたと思ったのに、後半でまた早とちり(一知也が上司と関係をもっていると勘違い)をして一知也を傷つけている。あんぽんたんか‥
周りの人がいい人ばかりだから(弟・婆ちゃん達・上司)恋が成就したんだよね。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ