タクミくんシリーズ 完全版 (8)

takumikun series

タクミくんシリーズ 完全版 (8)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥920(税抜)  
ISBN
9784041047200

あらすじ

ごとうしのぶが描く伝説の作品「タクミくんシリーズ」待望の新装版が登場!
高校生活最後の夏休み。ピアニスト・京古野耀が所有する九鬼島をギイ、そして赤池と訪れた託生は意外な面々と出遭う。九鬼島をめぐる過去と現在、由緒ある洋館を舞台に様々な恋が綾なす夏の組曲。

表題作タクミくんシリーズ 完全版 (8)

崎義一(ギイ),学園のアイドル
葉山託生,高校3年生

その他の収録作品

  • フェアリーテイル
  • 夢路より
  • 潮騒
  • デートのセオリー
  • ひまわり―向日葵―
  • 花梨
  • 白い道
  • 隠された庭
  • フレフレ、青春!(書き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

高校3年夏休みのお話し

今回は高校3年の夏休み(7~8月)のお話しです。

託生とギイがメインのお話はより、九鬼島の京古野邸を訪れるストーリーです。
託生はさちのお母さんの誕生日パーティに向けてバイオリンの練習を開始。
ギイは、章三や山田さん(さちの恋人)一緒に京古野邸を探索します。
今回はラブ度は低めでした。

また、前半には三洲と真行寺が、三洲のおばあちゃんのいる
静岡の老人ホームを訪れるお話が載っています。
三洲の真行寺に対する態度が少し変わってきていて、いい感じです。
ちなみに、ここでも九鬼島の名前が登場します。

今回は短編がたくさんというよりは、
大きく3つくらいの話で構成されていたので比較的読みやすかったです。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ