今宵、お狐さまは発情期 ~愛蜜あふれる孕ませ生活♥~

koyoi okitsunesama wa hatsujoki

今宵、お狐さまは発情期 ~愛蜜あふれる孕ませ生活♥~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%

あらすじ

学校が夏休みの間、田舎にある祖父母の家の留守を預かることになった大洋。すると、裏庭の社に住む狐の神様の天孤と、彼に仕える子狐のミツケに遭遇! 超常現象を信じない大洋だったが、天孤の突然のプロポーズに夏の間一緒に過ごすことを了承してしまう。美しい狐の神様に次第に心惹かれ身体を許してしまった大洋は、彼とのエッチに溺れてゆく。「私の子供を産んでほしい」と天孤は言うが、大洋は人間でしかも男!! 絶対無理だと思っていたけど、どうやら子供を授かる方法があるらしくて……?
 出会ったときに運命は決まっていた!? 狐の神様に溺愛されるひと夏の恋v

表題作今宵、お狐さまは発情期 ~愛蜜あふれる孕ませ生活♥~

天狐 神獣 神様
服部大洋 高校三年生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

優しさに包まれたなら

攻めの天狐さまは、神獣といっても、お社に祀られていて天空に屋敷も持っている、れっきとした神様。
なのに全然俺様キャラではなく、平安時代の貴公子のような穏やかな優しい人です。その優しさにとてもとても癒やされました。
エッチの時も、デロデロに甘やかしてくれるので、それにたまらなくなった受けが求めてしまう感じ。実にエロかったです。

作中でも「竹取物語のかぐや姫のように、天空に帰ってしまうのでは」と受けが考えるシーンがあるのですが、まさにそんな感じ。
攻めの天狐さまは、いわゆる八百万の神の一人という風ではなく、かぐや姫のように、天空からたまたまこの穢れた地上に降り立った唯一の人、偶然相まみえることを許された奇跡という感じでした。

そんな天狐さまなので、ラストで明かされる彼の深い思いがとても胸に沁みて安心して、優しい人っていいな!と思いました。優しさで包んでくれるような包容力。
酔芙蓉のくだりが、とても好きです。

なお、タイトルに「孕ませ生活」とはありますが、妊娠・出産シーンはないので、それが地雷の人も読めると思います。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ