白夜月の褥

byakuyatsuki no shitone

白夜月の褥
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
33
評価数
7件
平均
4.7 / 5
神率
71.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
三交社
シリーズ
ラルーナ文庫(小説・三交社)
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784879199768

あらすじ

隣国ロゼルと戦争中の軍事国家、大和帝国。
伯爵家次男の綾瀬は密かに恋心を抱いていた平民出身の親友、鳴沢が戦地へと駆り出されたことに胸を痛めていた。
なんとか鳴沢が無事に戻ってこられるよう、陸軍少将で名門公爵家の当主でもある正宗に働きかけた綾瀬だが…
彼の答えは「自分と愛人契約を結べば」というものだった。
命じられるがまま屈辱に満ちた悦楽世界に嵌まっていく綾瀬――。
そんな折、鳴沢の危険な企てを知らされ…。

表題作白夜月の褥

正宗征一郎、帝国陸軍少将
綾瀬春高、陸軍少尉

その他の収録作品

  • 白光の宴
  • 白昼の幻影

評価・レビューする

レビュー投稿数1

色々てんこ盛りの小説

戦時中の日本に似た架空の国のお話です。 戦時中なのに人前プレーや3Pなどとんでも設定ですが、先が気になって一気読みをしてしまいました。攻めが二人いる様で、途中までどちらが本命なのかわからなくて、最後は鳴沢が可哀想でした。色々とんでも設定だけど、正宗と綾瀬がやっと気持ちが通じ合えた頃には、戦争で引き裂かれてしまうというせつない要素もあります。 二人の最後はちょっと曖昧だけど、絵葉書が届いた時点で生きているのだと思いました。 書籍の特典ペーパーにはロゼルで再会した後の後日談が書かれているので、二人が生きているのが確定します。 そのペーパーは電子には付いてこないので、はっきりさせたい人には書籍の特典ペーパー付がお勧めです。 やっぱりハピエンはいいですね。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ