「その願い、叶えてやろうか? 人間」

おれの神様

ore no kamisama

おれの神様
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
25
評価数
8件
平均
3.3 / 5
神率
12.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥629(税抜)  
ISBN
9784799730805

あらすじ

神社に通うのが日課の上総の前に現れたのは
オレ様な"自称"カミサマの朱+お付きの狐)。
ドン引きする上総だが、不思議な力を持った 朱の姿は自分以外の誰にも見えない。
そして願いを叶えるかわりにそいつは上総の身体を要求 してきて!?
不器用でひとりぼっちな上総に興味を持ち、
いつもひっついてくる朱に次第に心を許していくが、 実は朱の正体は――。

表題作おれの神様

朱、自称神様
村瀬 上総

同時収録作品ひきこもりの処方箋

木村
前野、ひきこもり

同時収録作品ぼくの獲物

うさぎ
キツネ

評価・レビューする

レビュー投稿数2

最後のお話が可愛い

髪の毛の長い男性がタイプではないのと、暗い生い立ちのせいで無表情とか人と付き合わないと言うキャラにイラっと来るのでこのような評価となりました。
でも、お付きの犬みたいなキツネみたいなもふもふが可愛いのと一番最後に収録されていたキツネとウサギのお話が好きです。

二番目の引きこもりのキャラも同じく、ビジュアルも性格もタイプではなくて、環ちゃんがゲームのなかでも主人公に優しくしていたエピソードがもっともっと欲しかったです。

絵が上手いとか下手とかはわかりませんが、個人的にはもふもふのけも耳バージョンやちびキャラの方がこの方の絵は好きでした。

0

モフモフが可愛い

『おれの神様』
両親を亡くして以来、親戚に引き取られたもののあまり馴染めず、友人もいない上総の拠り所は、近所にある神社だった。その神社で出会った神様っぽい青年“朱”に
「願いを叶えてやるから身体を差し出せ」
と言われる。
そんな馬鹿な言い分を受け入れてしまうくらい上総は孤独だった。
しかし、その後上総は朱の正体を知ってしまう。

最終的に上総の願い事が叶って、結果オーライではあるが、朱はやりすぎではないだろうか?彼岸花をむしった恨みに加え、恐らく暇つぶし程度のつもりで孤独な少年の心の隙間につけ込んで、身体を奪うのはさすがに酷くない?

少女マンガ的展開は好みですし、モフモフも大好きです。
ただ同時収録の『ひきこもりの処方箋』と『僕の獲物』もそうですが、ストーリーがやや粗削りな印象です。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ