皇帝と宦官

koutei to kangan

皇帝と宦官
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神23
  • 萌×214
  • 萌7
  • 中立6
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
198
評価数
50件
平均
4.1 / 5
神率
46%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784799730799

あらすじ

昼はあどけない顔。夜は後宮の妃より魔性。
海燕は歌や踊りを披露する宦官。
仕事の要領が悪く叱られてばかりだけど、前向きで元気いっぱい(楽天的とも言う)。
ある日、皇帝の夜伽を命じられ、そこで待ち受けていたのは――!?
話題沸騰・嫉妬と欲望が渦巻く淫靡な宮廷ドラマ、遂にコミックス化!
描き下ろし30ページ収録!
「ち●こ帯」が宮廷で大流行海燕も興味津々で…。

表題作皇帝と宦官

泰藍/宦官嫌いの皇帝陛下
海燕/楽天家の宦官・陛下の情人

同時収録作品皇帝と宦官

文昌/陛下の息子(太子)
麗琳/学芸官(花形役者)

その他の収録作品

  • 宦官小噺-春の徒然夢うつつ-

評価・レビューする

レビュー投稿数8

中国宮廷の皇帝と宦官

中国の宮廷を舞台にした、宦官(tnkを切り落とされた男の文官)がテーマのBLです。
作品のカラーはコミカルな部分とシリアスな部分が渾然一体となったかんじ。
登場するカプは、ヤンデレ皇帝×おバカワンコキャラの宦官海燕、皇帝の息子×美人宦官の麗琳。麗琳×海燕という宦官同士の絡みもあります。

タイトル通り、メインカプは皇帝×海燕です。このカプが個人的にもいちばん好きでした。
皇帝がお忍びで街に行く際、近くにいた海燕を案内人と間違って街まで連れて行ったのが馴れ初めです。相手を皇帝だと知らないアホアホ天然な海燕は、無理やり連れてきたくせに人違いだと知って怒る皇帝に「エラそー」だとか「人の話を聞かない」とか言いたい放題。それにムカつきながらも、一緒に街で過ごすうちにその天然さ、明るさ、自分に対して物怖じしない態度に惹かれる皇帝。
結局、宮廷に帰ってから海燕を愛妾にした皇帝。攻めの正体が皇帝だと知ってビックリしながらも、まったく態度を変えない傍若無人な受けの大物っぷりがおかしかったです。


その海燕のことが好きな先輩の宦官・麗琳。海燕とは宦官仲間であり幼なじみです。宦官なのでt続きnkはないけれど、嫌がる海燕を言いくるめて擬似エッチみたいなことをしています。
このカプが個人的にはあまり…でした。宦官同士でイチャつくことはよくあるらしいですが、子供っぽく天然、という海燕のイメージが崩壊するみたいで嫌でした。
海燕ラブなあまりに拉致ろうとした麗琳は、怒り狂った皇帝に処刑されそうになります。その麗琳を救ってくれたのが、皇帝の息子である文昌。カプは文昌×麗琳です。
クールに見えて情の厚い文昌と、ツンデレで野心が強く、幼なじみラブ! な麗琳で、そこに愛はあるのか…と思っていましたが、いつの間にか互いに愛は芽生えていたようで、最終的にはラブラブカップルになっておりました。

全体的に楽しめましたが、皇帝×海燕カプだけでも良かったなと個人的には思ったり。
キャラ的、外見的に、何となくマギのシン○バッド×ア○ババのパロ同人誌みたいな雰囲気でした。(原作しか読んだことないですけど)

1

美味しいけど大盛りすぎる

あとがきにて作者様が「描きたい事を一杯一杯詰め込みました。」と書かれていますが、本当にこの一冊の中に想像以上の人間関係が描かれていました。
まず私は勝手に「皇帝x宦官」の1CPのみのお話と思い込んでいたのですが実際には3CP+複数乱行?的描写がありました。エロ描写的にはそれほど激しくはなく、「エロだらけ」という印象はありません。
メインCPの「泰藍x海燕」(皇帝x宦官)はほのぼのテイストで、海燕が少々ショタっぽくもあり。
二つ目の「麗琳x海燕」(宦官x宦官)は少し分かりにくかったかも。はじめは麗琳が先輩宦官として性行為の教育係もしているのかと思っていたのですが、実は執着愛を抱いていたという展開になります。
三つ目は「文昌x麗琳」(皇帝の息子x宦官)。麗琳が海燕恋しさに事件を起こして皇帝から追われるのですが、文昌がそれを助けて自分の「犬」にするという展開。犬といっても酷いSMなどはありません。人間以下の立場を与えることで処刑を避けてあげてるんです。
犬は麗琳以外にも3人いて、他の3人は自堕落に楽しく生きている。そして麗琳にもゆっくり楽しめ、などと言って乱行的に戯れてきたり。
続き何と言っても海燕の天然ぶりがおバカで可愛らしい。皇帝の癒される過程は共感できます。
麗琳は時代にも海燕にも文昌にも翻弄されて少し可哀想かも。でも美貌と気持ちを切り替える強さを持った人だと思うので、文昌と新しい幸せが掴めそう。
現実の宦官の世界はもっとドロドロとえぐいものだと思いますが、全体的にほのぼのとした空気で残酷展開もないところは良かったです。色々な人が出てきてめまぐるしすぎたので星一つ減で「萌」といたします。

4

一穴一棒主義の方は注意!

皇帝×宦官(海燕)、皇帝の息子×宦官(麗琳)の2組。
内容については他のレビュアー様が書かれてますので、私が読む前に知りたかったな。と思う情報をいくつか。

まず、受けである宦官二人(海燕と麗琳)の絡みが、メインカプのエロシーンと同じくらいあります。麗琳→海燕の片想いなので、絡みは無理矢理な感じです。
サブカプは、海燕を奪おうとした麗琳を、皇帝の始末しろという命令から守るために、皇帝の息子が麗琳を奴隷犬の身分に落として匿うという展開。
皇帝の息子には、既に犬奴隷の宦官が3人いるんですが、理由は不明なまま。その犬同士の絡みもあります。

宦官というテーマは斬新で、なかなか好評の様ですが、作者の趣味全開で置いてきぼりにされた気分になりました。エロシーンは、無理矢理っぽいのや主人×犬奴隷的なものが多く、読む人を選ぶ作品かなと思います。
一穴一棒至上主義の私にはつらかったかな…

4

王道なのに斬新な身分差シンデレラストーリー

1ページ目から急所を切り落とすシーンで始まるというなかなか斬新なお話です。
宦官の存在は知っていましたが、主役に持ってくるのは珍しいですね。
急所がないエロとはどんなものなのか?!と思いましたが、ちゃんとエロかったです。
生活のために宦官になった受けは、とにかくバカがつくほど素直で真っ直ぐで愛おしい。
皇帝陛下が呆れながらも受けにメロメロになっていく姿が痛快です。
にしても皇帝陛下と受けが街を歩いてる後ろ姿は親子のよう。。
確かに息子に青年の太子がいるくらいだから、結構な歳の差カップルですね。
受けの宦官のことが好きなのにツンデレで、でも受けとエロいこともしてるもう1人の宦官の存在も良いスパイスでした。
名前が女性っぽいので最初は女性かと勘違いしてましたが。
この宦官と太子がもう1組のカップルです。
ただ、太子が歪んでて犬屋敷の意味がわからなかったのと、なぜこの宦官のことを好きになったのかが読み取れず、イマイチのめり込めませんでした。
こちらのお話では、男としての尊厳を奪われた宦官の悲哀が感じられました。
主役カップルだけだったら神だったかも!

2

アホの子がもたらす幸せの連鎖

「宦官」という珍しい切り口を開いた作品でした。
宦官の知識がないまま読み進めましたが、補足説明があったのでより理解を深めながら読むことができました。

海燕のアホさにはずっと笑っていました。
皇帝は海燕にかなり入れ込んでいて、悪い噂から疑惑を抱いても直接本人に会うとそれを真に受けるのがアホくさくなるような破壊力を海燕はもっています。
海燕の日常の話を聞くとわりとひくのに、やっぱり海燕に惹かれる皇帝とのカップルでもありコンビのような最高の組み合わせでした。

麗琳は賢くて仕事はできるのに不器用なところが可愛いです。
自分の想いが暴走して今まで築き上げてきた人生から転落しますが、そこで出会った人達に良い意味で振り回されているのも面白かったです。
特に3バカに絡まれて麗琳が残念なポジションになったところが微笑ましかったです。
太子は少し変わった性癖があるというより面白いもの好きの、根が優しい人間性です。
それゆえ地に落ちても這い上がろうと頑張る麗琳がほっとけなかったのかなと思いました。

宦官という立場からの葛藤や思いがありますが、その中にも信頼感というものがよく伝続きわってくる作品でした。
海燕のもっている真っ直ぐさと、みんなを幸せにする力が読んでいる方にも笑いと幸せを感じさせてくれました。
続編が楽しみです。

4

オススメ

やっと紙になりましたね!布教しやすくなりました。
皇帝×アホで素直な宦官と、絶倫太子×美人でプライドが高い宦官の二編が読めます。

宦官の説明ページもあってお勉強にもなるのでおすすめです。
絵柄が可愛らしい作家さんですが、おじさんも描けるところがポイントが高いです。
えっちなところはとてもえっちで、笑えるところ
あり、涙ぐむところもありで、満足感が高いです。

なにより宦官がかわいい!!

もっと宦官について知りたいです

2

去勢されてても立派なBL

宮廷王朝は全くの無知です。
今までドラマや小説など見るコトもなく今回初めて「宦官」という言葉を知りググり衝撃を受けました。元気なtnkぶった切る去勢って・・・中国の歴史怖い・・・。(宦官は中国だけのものではないですが)

と。宦官すら知りませんでしたが、とっても面白かったです。
「男根を切られた男は男なのか…」と作者さんのあとがきにありましたが、個人的には立派なBLだと思います。挿れたいのにモノがない悲壮感にもがく姿や、イキたいのにイケないもどかしさなど、違った角度のストーリーを見ることが出来ました。

「殺せ」「首を出せ」的な物騒な言葉は出ますが残虐に感じるシーンはありません。(※tnk切られるシーンはあり) メインカップルの受け(表紙のチミッ子)のホワワーンとした明るい性格や脇に登場する愉快な仲間たちのおかげで、ハラハラすることなく楽しめました(﹡´◡`﹡ )

◆皇帝(泰藍)×海燕

表紙のチミっ子・海燕(受け)のおバカな明るさは画面全体を明るくしてくれます。
厳つい皇帝様に至っては、受けと一緒だとただの可愛いオッさんにしか見えないw
海燕の笑顔にすっかり続きほだされた皇帝の溺愛っぷりが萌えた〜ヾ(*´∀`*)ノ
海燕のためなら軍を動かしちゃうとは。。。さすが規模が違いますw

んで。海燕が暗殺された疑惑や浮気疑惑での取り乱しっぷり!
皇帝が末端にいるイチ宦官の身一つで怒り狂う様にキュンとしました。

3話にギュッと詰め込まれているので、出会いからラストまでが性急に感じたのは残念。皇帝が宦官嫌いの部分は触れていないし、海燕や皇帝が恋に落ちる部分がイマイチ分かり難かった…。心の移り変わりをゆっくり楽しみたかったな。
でも書き下ろしの後日談はとっても良かったです。
海燕も皇帝も立場は違えど同じ不安を抱え、それでも相手を想う「好き」の気持ちを一緒に大切にして。。物語の余韻をシットリ楽しむことが出来ました。

◆文昌×麗琳

麗琳は不器用さが切ない。
賢いから無茶なことをすればどんなことになるか分かってるだろうに…。よりによって皇帝から愛人を奪って囲おうとするなんて(´•̥ ω •̥` )計算がうまく出来なくなるほど焦ってて、それほどまでに海燕が好きだったのかな…。

と、とんでもない事を仕出かした麗琳でしたが、その命を助けてくれたのは、皇帝の息子である文昌でした。奴隷以下の「犬」として生かすことで麗琳の命を守り、海燕の一件で怒りの収まらない皇帝を宥めすかして何とか収めようとしています。
文昌は文昌なりに守っていたのに麗琳は気付かぬまま。体を重ねるごとに心はほだされるけど一生犬扱い宣言で心がすれ違って…。ショックを受けてる麗琳の姿が切なキュンでした。

1つだけ残念だったのが、麗琳が文昌にほだされるのはよく分かったのですが、文昌が麗琳に入れ込むのが何故だったのかは何度読み返してもわからなかったのがモヤモヤしました。(読み取る力不足)

こちらの後日談のお二人もとっても良かったです。
愉快な犬仲間たちと共に文昌と笑って時を過ごし、永遠の愛があるかどうかはわからないけど、新芽を出し育む花に愛をなぞらえて幸せに過ごす2人の姿に心がほんわかしました(﹡´◡`﹡ )

6

ナンバーワンというよりオンリーワン。

作者さまもあとがきにBLとしてカテゴライズされるのか?という疑問を呈される疑惑さがあります。
もし、BLのBの定義を生殖器の存在にするならこれはBLではない。ただ、精神や染色体に置くなら紛れなくBLという・・・
ま、宦官が失った部分はBLコミックでは修正されて闇に消える部分でもあるんで気にしたら負けですね。
定義でもたつきましたが、内容としては中世?(いつ頃を狙ったはわからん。なんせ宦官の歴史は千年以上あるんで・・・)中国では普通に宦官がいて、そうでなくても同性愛自体は普通にある、という認識なんで案外背徳感とかはなし。むしろ宮廷の日常に同性とのエロが溶けてます、特に麗琳編の方。
電子版にはなかった宦官についての基礎知識、背景も文面説明があり敷居は低くなったと思われます。
とにかくあっけらかんと可愛い海燕に振り回されてときめく皇帝の泰藍、とにかく性格が歪んでいて美人な麗琳に振り回されてるようでそれ以上に手練れな太子、文昌の挙動が素敵であります。
コメディ主体な半分、駆け引きシリアス主体な半分でできたオンリーワンです。作者様は別バージョンの宦官もの連載中ですが、題材が難しいのに続き素晴らしい。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ