はるのしんぞう -東京心中6-

haru no shinzou

はるのしんぞう -東京心中6-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神18
  • 萌×27
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

235

レビュー数
7
得点
124
評価数
27件
平均
4.6 / 5
神率
66.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
茜新社
シリーズ
EDGE COMIX(エッジコミックス・茜新社)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784863495876

あらすじ

テレビ制作会社のADも板につき、宮坂絢(みやさかけん)は
上司のディレクター・矢野聖司(やのせいじ)と同棲→遠距離に…
別れの危機を脱した(?)…かと思いきや、
突如、橘チーム vs 宮坂チームで
深夜のTVドラマ制作対決が始まった!!
…が、愛の見えなくなった宮坂、絶不調!?
人気のワーキングBL「東京心中」シリーズ第6弾、
ピンチをチャンスに変える方法は!?

表題作はるのしんぞう -東京心中6-

宮坂 絢 TV制作会社AD
矢野 聖司 TV制作会社映画部署

その他の収録作品

  • 慣れていないんだからこういう事に
  • ホラー
  • お祝い
  • 宮坂24歳になりました
  • 仕事は生活の背景である
  • 宮坂の乱
  • 愛するのは好きだけどお前のソレじゃない
  • 明け方の告白
  • イルミネーションのゴミ
  • 宮坂がいない日の夕方
  • あとがき
  • カバー下漫画

評価・レビューする

レビュー投稿数7

つっ走れ、恋と仕事のケモノ道!!

テレビ局の制作サイドの仕事風景から浮かび上がる各々の「幸せ」を応援していたつもりが、いつのまにやらこちらが励まされている。

この作品で「大好きだ!」と声を大にして言える一番の理由は主人公がひとつひとつステージをクリアして夢を実現する~!!というタイプではなく、周りにいる同僚たちも含んだ群像劇に仕上がっているところです。

宮坂の先輩:ユカさんや技術畑の長谷川くん、上司で恋人の矢野さんが、それぞれのポジションから自分なりの「仕事=働く」ということを見つけ出していく姿が痛快です。
特に今巻では小道具を使ったユカさんのもがきっぷりが秀逸でした!!
一緒にラリーつなげたい。バカスカ壁打ちしたい!!
登場人物たちのハイパーな仕事姿勢は読んでいるとパワーが湧いてきます。

「仕事」として求められる「要求」と自分の内側にある「欲求」の連結点を見つけようとする彼らの姿が巻を増すごとにガッツリ描かれています。

さて、全巻から続いている後輩:橘との深夜ドラマ監督対決。
大阪から戻ってきた矢野さんと同棲は復活したものの、橘側のプロデューサーである矢野さんとは内情を話せないため、な続きんだかチグハグな生活になっている宮坂。

つくづく乙女脳な宮坂は矢野さんなしの仕事は考えられないため、モヤるはグズるは…あげくに 監督おろしてほしいとか…(泣)

普段、器用に仕事をこなしているけれど、思い込みが強い分、うまくいってる時はいいけど、空回りするととんでもないことになるめんどうくささ(笑)
 
今までの矢野さんなら怒って終わりだったと思いますが、今巻は矢野さんなりに宮坂のやる気を出させようとプロデュースしています。

詩さんに焚き付けられたからだけではなく、矢野さんの意思で宮坂を知ろうとして悩んでる姿が嬉しかったです。

好きな食べ物を聞いたり、おはぎ買ってきたり、いろいろ試みながらも、それが正解なのかわからなくて、しょんぼりしちゃう顔が可愛くて宮坂ァァァ、報われたな!!と叫びたくなりました。

そんな矢野さんの努力もむなしく宮坂の
モヤモヤが残ったままのある日、ふたりで山中の廃村へ泊まり込みでロケハンに行くことになります。
そのロケハンで久々にゆっくりと話をすることができて宮坂は一気に落ちつきを取り戻します。
矢野さんも満面の笑顔で宮坂の想いにこたえていて、私が思うよりずっと矢野さんは宮坂を好きなんだなぁ…とほっこり。
マイペースでなかなか「中身」が見えない矢野さんと気持ちの通じた温かさがじんわり伝わってきました。
はるのしんぞう…って良いタイトルだなぁ。

宮坂の年齢からから自分の年を思う、何気ない場面があるんですが、ふたりで重ねた時間を慈しむような優しさが溢れていてすごく好きです。

矢野さん(仮)も元気でなにより!!
巻末やカバー下での矢野さんとのやりとりが楽しい~。

長谷川くんと師匠の仕事風景も職人風で良かったなぁ。
彼はふいにここぞという技を出します。
それが自分なりのこだわりに基づく好奇心と実験の賜というところがカッコイイのです。
一発逆転ではない地道な検証の積み重ねが、彼の好きなものを支えている。

次巻はいよいよ、対決になるんでしょうか…どんなドラマ創るのか楽しみに待ちます!!

2

誕生日プレゼントは…

一緒に暮らしているからこそ、混迷が深まる第7巻。
雑用係のADから、自分で何かを作り出す制作者へと踏みだそうとする宮坂の成長の話であり、
宮坂と一緒に暮らすことの意味を本気で考えたことがあったのかどうかと気付く矢野の話でもあり、
まあ、宮坂が一人で勝手に浮いたり沈んだりグルグルしたりしているのはいつもの事だけど、今回は矢野にもちょっとは悩んで貰って、二人の関係はより強固になったのかな?
そんな感じで、興味は宮坂達のドラマ対決へ。

それにしても矢野の顔って随分エロくなったなぁ。

1

普通である事

相変わらず大型犬が綺麗なオッサンに翻弄されておりますが、
今回は綺麗なオッサンもまた苦悩の中にあると言うターン。
カバーの情報量が心なしか一割五分程減って見えるのは
綺麗なオッサンの苦悶分割り引かれているのでしょうか。

少し前、ネットの一部から流行った言い回しに
「こまけぇこたぁいいんだよ!!」と言うのがありましたが、
正にこの巻はそう言ってバッサリ終わらせたい局面を含んで
います。
ただ、そうやってしまうのはこの作品世界では根本的解決に
なりません。だから殆どの作中人物がそれなりに苦悶する。
苦悶してない作中人物も別の局面で多分竹箆返しを受けるでしょう。

表題に選ばれた言葉は、実に深いですね。
この巻に関して言えば、表題の奥底こそが最大のネタばらし
なのやも知れません。

2

一歩進んだ気がします

相変わらずポップな表紙が目を引く『東京心中』の7巻目。

宮坂くんと矢野さんの二人の関係が一歩進んだ巻だったかなと思います。

自身の仕事と、矢野さんとの関係に、ジレンマや葛藤を抱くようになった宮坂くん。
自分にとって宮坂くんの存在はいかなるものかを再確認した矢野さん。

お互いに弱みや仕事に対する悩みを吐露できるようになっていく二人の距離感というか信頼感がとても良かった。
良かったのだけれど。

絵がねえ。なんだかとっても適当というか雑というか…。
構図もおかしいし、バランスもおかしい。
こういう絵柄がポールさんの味なんだと思うし、作風にも合ってるといえば合ってると思うのだけれど、読んでいてちょっと微妙な気持ちになりました。

今巻は二人の心情が描かれているという事もあったのかと思いますが、ポールさんならではのギャグの切れもいまいちだった気もしました。

終盤の長谷川くんの話はとっても良かった。
宮坂くんと同じで、仕事にプライドを持ち、縁の下の力持ち的な働きをする彼がとっても好感度高しでした。

あとカバー下には爆笑。
矢野さん(仮)が激カワで続きした☆

2

あれこれ言いながらも愛さずにはいられない

東京心中7冊目!
もともと単行本出るのが待ちきれず、OPERAで読んで、単行本も買う派なんですが、今回は
「ファンだけど……いや、ファンだからこそモヤリとする~~!」
というところが少々……。

ひとつは絵。
なんだか最近絵が雑になってきてる印象が…。
遠近感が変というか、デッサンが変というか(素人がこんな偉そうに言うのもなんですが)
まぁこれは或るアホウも並行して連載してるからスケジュール的に相当キツいんだろうなぁと想像してますが。
でもこの巻はちょっと話のペースがスローになってきてるので(スローになってること自体は別にいいんです。こういうところも東京心中の魅力!)、テンポのいいギャグシーンの時には気にならないところが、妙に気になってしまうんです。

あとユカさんの怒り。
ああいう同僚にユカさんがキレる気持ちはよく分かるんだけど、
あまりにも描写が長くて克明、しかもユカさんのセリフが説明的なので、
「ああ、きっとこれはトウテム先生が実際に身近な人から言われた事なんだろうなぁ」と想像し、
まるでマンガをストレスの捌け口にしてるような印象を受けて、いっきにシ続きラケてしまったんですね。
まぁ他のサイトのレビューをみても「共感できる!」「良かった!」という方が多いようなので、こんなひねくれた受け取り方をするのはきっと私だけなんだろうなぁ……。

でも、それでも好きなんです、東京心中!
(こんな失礼なこと言いたい放題言ってますが)

なぜなら宮坂くんと矢野さんがいるから。

矢野さんが好きで好きでたまらない宮坂くん。
でも、一緒にいるだけではもう満足できない。
何かが足らない。
それは「矢野さんとの家族としての日常」
宮坂くんは物欲や性欲が満たされればそれで満足、という人ではないんですね。形ないものを求めるタイプ。
対して矢野さんは「形ないもの」を感じとるのが人一倍苦手なタイプ。

今回宮坂くんのやる気を出させようと矢野さんなりに頑張りますが空回り……。
そんな自分自身をもどかしく思います。
これは「プロデューサーとしての自分の力の無さ」を感じてるからだけではなく、
「宮坂の気持ちが分からない」
「普通に喜ばせることすらできない」
この事実に直面した矢野さんは……苛立たしかっただろうし、多分哀しかったんじゃないかな?
なぜなら矢野さんにとっても宮坂くんは大切なパートナーだから。

だからこそ、最後のシーンの、あの満面の笑顔。

二人の気持ちがつながった。宮坂くんの「告白」は、矢野さんにとっても嬉しい「答え」だった。

そんな感じがして、ドキドキして、ジーンとしました。
普段が普段(仕事仕事でロマンチックなシーンはあまりない)だから、余計に感動しました。東京心中読んでて良かった!!
こんな感動を与えてくれるから、あれこれ言いながらもファンをやめることが出来ないんですよね。
(私の中ではこの最後の話「明け方の告白」は神回です!)
もう、宮坂くんや矢野さん(&ユカさん、詩さん、etc.)を生み出したトウテム先生の勝利ですね。
というわけで萌2でお願いします!



0

今回も良かった

今回もとても面白かったです。完全にお仕事漫画だと思って読んでいますが、エロ度増してる感じはしました。

今回も人間誰しもが感じるであろう感情について書かれていて共感しました。
女子sの「自分の感覚おしつけてきてるから悪口言ってるだけでさー」「当たり前よねー」という台詞に、「みんなも感じてて、それって当たり前の感覚だよね!?」って思いました。
私が上手く説明できなかったことを二つの台詞でさらっと解決してくれました。(私自身の話どうでもよくてごめんなさい)

一番笑ったし、よかった場面は本編の最後の二ページ!お互いにずれてるけど、宮坂にとってよい方向に転がっていくといいね…?

とってもよい本でした(^-^)

0

変わらない2人だけど変わるモノもある

書影はダークオレンジですが、実物は蛍光オレンジです。
帯は25万部突破の紅白カラー。売り場でとっても目立つヾ(*´∀`*)ノ
裏表紙は矢野さんデレ集となってましたw

(6巻だけど)7冊目になる東京心中シリーズ。
今回は深夜ドラマ制作を軸に進んでます♪
合間に宮坂24歳のバースデーと、最後に照明の長谷川くんのお話。
矢野さんと矢野さん(仮)のお話も2Pありました。

作中では気付けば3年の月日が流れ、今回は……あれ?宮坂の様子がおかしいです。
今までのような矢野さんが側にいれば満足な素直ワンコじゃないお顔がチラホラ。
ドラマ制作で矢野さんと組めないのがスッゴク悔しかった模様w
家で脚本に頭抱えてたら、矢野さんが気にかけてくれたのに、
『は、はーん。この人……オレじゃなくて作品の心配してるんだな』のモノローグ。
↑コレは宮坂が学習しててめっちゃ笑ったw
今までだったら速攻飛びついて尻尾振りまくってたのにw

そして一緒の制作チームに入れなかったことで、矢野さんとの会話が減り
溜まりに溜まった悲しみでフラストレーションがとうとう爆発。
アンニュイ宮坂・続き再降臨w 上司である詩に楯突いたーーーーー!!(゚∀゚)
コレはビックリ。そして顔が怖い。。。
宮坂というのは矢野さんがいないと生きていけないんだなとつくづく思いました。
とゆか、仕事に支障をきたすレベルってアカンやん…。

この一件で、詩は矢野さんへ取引を仕掛けます。
「制作費分けてやるから宮坂のやる気を引き出せ」と。
橘チームはお金の面で苦労していたので、矢野さんは非常に「らしくない」頑張りをみせ新鮮!
だがしかし!悉くちょっと外してて頓珍漢!(^w^)
慣れないことをしてる矢野さんは面白かった。
満足してるの本人だけで、宮坂にしてみれば「……あン?」という( ´艸`) =33
矢野さんってホンットダメな亭主だなー(そこが可愛い)とつくづく思いました。

そんなダメダメコンビのお二人。
モヤモヤした山場を乗り越え、ついに一つの区切りを迎えるようです!+゚。*(*´∀`*)*。゚+
矢野さんがピースサインの超笑顔で返事するのにキュンキュン。
最初は渋々宮坂に付き合ってただけなのに、3年の月日を重ねてた時間を実感しました。
基本は何も変わってないのに、見えないとこで色々かわってくんだなぁ…とジンワリ。
「あの」矢野さんが宮坂を喜ばすことの難しさにションボリする日がくるなんて…!(∩´///`∩)

6巻はヤサグレ宮坂と意外な矢野さんが見られて面白かったです♪

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ