ドラトラブ

drat love

ドラトラブ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神15
  • 萌×216
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

280

レビュー数
9
得点
157
評価数
39件
平均
4.1 / 5
神率
38.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
H&C Comics ihr HertZシリーズ(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784813031307

あらすじ

すれ違った瞬間、恋をした! 運命を感じた!! 生まれて初めての恋だった!!!
それなのに……告白した相手は年上のきれいなお姉さん(♀)ではなく、きれいな女装のお兄さん(♂)だった!!!?
告白していきなり失恋、なのに初体験させられちゃって
優等生のタロウときれいなお兄さん・仁さんのエッチでスイートな恋が始まる

表題作ドラトラブ

山田 仁 大学院生
長鍋 タロウ 高校2年

評価・レビューする

レビュー投稿数9

勘違いから始まる恋

発売時表紙が気になっていたのですが、女装かぁとちょっと購入までには至らなかったのですが、やっと購入しました。

女装と言っても元が綺麗なお兄さんで、男の姿でもかっこ良くて、高校生のタロウくんが女装時の仁に一目ぼれしてプチストーカー気味になっちゃうのもわかるぐらい女装時は美人だし、勘違いしちゃうよなと納得。

タロウくんは男の姿の仁が自分の家庭教師になって家に来た時気づかなかったけど、初めてを仁に奪われちゃいます。

うぶなタロウくんかわいいし、仁さんもかっこいいし早く読んでおけばよかったとちょっと後悔。

最初男同士で抵抗あったタロウくんだったけど、もう最後の方は仁さんのこと好き好きで、1週間ぐらい連絡つかなくなったら居ても立っても居られなくなって仁さんの大学に見学と称して会いに行っちゃうし、本当に仁さんのこと好きなんだなと必死なのが最高に愛しい。

仁さんも恋愛経験豊富そうだけど、タロウちゃんにキスしなくて、タロウちゃんはキスしてくれなかったイコール自分はセフレの一人なのかと悶々としてたけど、じつは仁さんもセフレいるけど純愛は初めてということで、キス慣れてないから続きしなかったとかかわいすぎです。

Hもエロいしでもそれだけじゃなくて、うぶなタロウちゃんが仁さんによってメロメロにされていくのがとっても良かったし、絵も綺麗だしとっても好みだったので、私的には神評価です。

2

女装攻め…ちょっと苦手なんですが良かった

『女装攻め』ですがオネエ系でもなく、乙女でもなく、中身は普通にガサツ()な男です。面白半分なのか、ノリなのかで女装を始めたようです。
体型も仕草も男らしいんですが、女装が結構似合ってて綺麗です。
女装中でもサバサバしてるチャラい兄ちゃんって感じでした。

受けの子は真面目でウブな優等生君で、とても可愛らしい子です。
女装した攻めを女の子だと勘違いして恋→ストーカー→電車男のような展開→紆余曲折あり攻めにペロリと食べられちゃいます。
最初は攻めの方が押せ押せだったんですが、最終的にはラブラブカップルになって良かったです。
受けの子がエロいのなんの…

攻めも受けも可愛いので百合ップルっぽい雰囲気です。
タロちゃん(受け)の女装も見たいなあ〜

0

こんな修正初めて見た

中川カネ子さん注目してます!こちらがデビューコミックですね。

開いて2ページでめちゃくちゃしっかり描かれたtnkがドドーンと登場するのにも驚いたけど、それを修正する白線がメッシュタイプって斬新…
しかも最初の方はメッシュ白線で隠した部分の主線をわざわざメッシュの上から白ペンで描き足してある。←修正の意味なくない?w
思わず食い付かずにはいられない修正手法でした。
作者こだわりの手法なのかと思ったけど、2冊目(ハツモノパパ)の方は普通の白線だよねぇ。

綺麗なおねえさんだと思って好きになったら女装した綺麗なおにいさんだった罠、というお話。
エロ良し、ストーリー良し、テンポ良しで、満足度の高い1冊でした!
タイトルの「ドラトラブ」ってどういう意味だろう?と思ったら出版社サイトにアップされているインタビューの中に答えがありましたよ。
「ドラァグ トラップ アンド ラブ」を略した造語とのこと。なるほどね。

本作品の高評価のポイントはずばり、タロちゃん(受)の可愛さです!
何でも顔に出て喜怒哀楽の表情がクルクルとめまぐるしく変わるワンコ受けタロが可愛いったらない!
続き
女装した仁(攻)に一目惚れして軽くストーキングしちゃうくらいには頭の中が仁でいっぱいになっちゃってたくせに、男と分かった瞬間「お姉さんがお兄さんだったのでなかった事にしてください」ってハッキリ言っちゃえる迷いのない若さよw
憎めない感じの天然感がツボにハマります。

エッチから始まる関係なんだけど、先に籠絡させられるのは「受けの身体」じゃなくて「攻めの心」ってところがとても良かったです。
素直さ&ピュアさ全開で向かってくるタロに、仁の方が最初からメロメロに参っちゃってる。
タロから惚れたはずなのに、形勢逆転しちゃうところが面白い。
お姉さんがお兄さんだと分かって恋心が萎んでしまったタロちゃんの気を引くためにあの手この手で頑張る仁さんに萌えます。

エロは、女装した仁の“えろいおねえさん”感が目に楽しいです♡
おねショタ好きさんは是非読もう!
特にセーラー服コスが倒錯的エロス満載で最高でした!
仁さんのあのスカートの中はウブなタロちゃんには刺激が強すぎやしまいか…?笑

電子版はカバー下が付かない替わりに4pのオマケ漫画が付いてます。
仁の部屋で白衣を見つけてこっそり着てみるタロ、そこに仕事を終えて帰ってきた仁の本日の女装は……どえろいナースコス!
ウブなお医者さんがエッチなナースにお医者さんごっこされるお話です♪

【電子】シーモア版:修正○、カバー下×、裏表紙×

4

ジョソー。

口絵がiHertZの表紙だったのを見掛けていて、ずっと気になっていました。こちらでも評価が高く、単行本として電子でも発売されたので購入。面白かった〜!

高二のタロウが一目惚れした女性は、通学途中にあるカフェの店員(♂)だった…。

ハイスペック女装男子×DT男子高生。わたし的に勝因はやっぱりキャラかなぁ。百戦錬磨のイケメンがウブなオトメに陥落。進学校に通うタロウは賢いけれど恋愛には免疫がないうえに、仁の女装を見破れない男性らしいニブさが妙にリアルで、笑っちゃいました。

いってしまえば、タロウが初めての恋とセックスを知っていく過程がコミカルに描かれていくわけなんですが、先が読めても興醒めすることなく読み終えました。タロウが仁に開発されていくエロも魅せるし、開発する側の仁にも弱点があったりして、二人の関係は決して身体だけじゃないのかな、みたいな。エロさと切なさと笑いのバランスが絶妙なんですよね。

個人的に設定自体が倒錯的な女装攻めは非常に萌えます。さらに、女装した仁を好きなんであって男の仁は対象ではないストレートのタロウと、性経験は豊富だが純愛は未経験の仁、という二人続きの捻れた部分が、萌えに拍車をかけてくれたみたいです。主導権が片方だけに偏っているわけじゃなくて、二人の間を行ったり来たり移動しているのが健全な恋愛っぽくて安心できました。あと、やっぱり「ニオイ」は大事。

楽しくエロを読みたい時にオススメだと思います。

2

美人攻め

美人攻めだけど何故か男モードにルックスが近づくほどエッチでヘタレになるのが不思議。
あと、脱ぐと結構ガッチガチなのに女装が美人だったり、なかなかのファンタジー感を感じます。だいたい男子らしさと女装のしっくりさは矛盾するはずなんですが、しない。

初エッチでネコ風味であるむね、話がありましたが話が始まった時点でこの真ん中分け小柄優等生には攻めは絶対ないわと思うくらい、雄感に乏しかったのでリバの期待とか微塵もしませんでした。
もっとも、もー少しネコの快感に強く目覚めていたら襲い受けしてたかもしれんですが・・・

2

最高!!

ハツモノパパを読んで即これを購入しました!
暗い要素がなくコミカルで笑えてとにかくハッピーな気持ちになれました!!
電子書籍で購入しましたが、修正も少なくて大満足です!!
とにかく繰り返し読みたくなるおもしろさです(*^^*)
攻めが受けにときめいている感じがきゅんきゅんしました。そして絵がきれい!
ストーリー性もちゃんとあったのでシリアスが苦手、でも中身のない話は嫌いな人にはぴったりだと思います!おすすめ!

1

あんな家庭教師なら…

基本的には女装男子はあまり好きじゃないのですが、仕事として割りきっていた女装で、中身は男前だったのでドキドキさせられました。

受けのタロちゃんは、本当にいいとこのお坊っちゃん。ママの言うことも良く聞き、真面目にお勉強もして。そんなタロちゃんが一目惚れして、塾の行き帰りに窓から彼女を覗くとことか可愛かったなぁ。ものすごくピュアなタロちゃんが、男女ともにモテモテの仁さんの手にかかればイチコロなのも仕方ない。頭では、男だし、告白はなかったことに!と言いつつも、いい匂いとか、頭なでなでとか、甘やかしてくれる仁さんを本当に好きになっていく様子がいいですね。

母親目線で見たら、コラーっ!って感じがしなくもないけど、あんなに息子を愛してくれて、成績もあげてくれるならうちにも来てほしい。

1

女装攻め×お坊ちゃん受け

厳しい両親と勉強に追われ、ちょっぴり鬱屈気味の高校生受け。ある日、街ですれ違った綺麗なお姉さんに一目惚れ。そのお姉さんがカフェの店員だと知り、プチストーキングを始めるが、お姉さんは女装した男性だったということが判明し…。


うっかり一目惚れした女性が、実は一癖も二癖もあるお兄さんだった、という気の毒な高校生受けのお話です。
ありがちな設定ですが、お兄さんは客寄せで女装しているだけで女装癖があるわけではないとか、モテモテのくせに受けに興味を抱き、がっつりロックオンしちゃうとか、ちょっと個性的な展開もあって楽しく読めました。公園でしゃべっている時に性別が判明し、そのままベンチで青姦しちゃうのには萌えた。
攻めはカフェ店員は親戚の店のお手伝いで、本業は偏差値の高い大学院生。偶然にも受けの家庭教師になり、勉強以外のあれやこれやも教えることに。最初は「男の恋人は要らない」って頑張ってた受けもカラダから籠絡されて、メロメロになっちゃいました。

天然で純粋培養な受けのキャラクターが良かった。百戦錬磨なゲイの攻めがコロッとハマっちゃうのもおかしかった。
攻めはいつもはネコ側もするそ続きうで、一瞬リバるんじゃないかと不安だったのですが、この話の中では受け攻め固定でした。リバがダメな方もご安心ください。

4

嫌よ嫌よも好きのうち?

まるっと1冊表題作でした。
すれ違った瞬間恋に落ちたタロウ(受け)は、彼女の事ばかり考えて、成績も下がる一方。偶々通りがかったカフェで、彼女と同じ香りを嗅ぐが、香りをまとっていたのはカフェの男性店員だった。その夜、偶然にも彼女と出会い、後をつけてみれば、昼間のカフェに入って行くのを発見(夜はバーになっている)、数日間彼女の店を覗き見していたら、彼女が男性と揉めているところに遭遇、思わず助けて逃走し、着いた公園で思わず彼女に告白してしまったら彼女は年上の姉さんではなくお兄さん(山田仁 攻め)で、気が動転してる間に襲われて初体験終了‥後日、新しく来た家庭教師が“あの”お兄さんで‥
作家さん初コミックらしいです。
私的にタロウの髪型が苦手です‥
1話と4話では若干絵が変わってましたが、4話の絵の方が好みなので良かったです。
Hはやや多めだと思う。何故タロウはゲイじゃないと公言していた筈なのに、嫌嫌と言いながら、いとも容易く仁とHをするのか?流されて気持ちよくなってるし、最後には仁を恋人と認めて仁の元セフレに嫉妬してるし、素質ありって事だったんですね。
仁は家庭教師に来たんだ続きから勉強を見てあげればいいのに、Hな勉強してるし(もしかして保健?)‥まともに勉強してるとこ見てない気がする。
全体通しての印象は可もなく不可もなくってところかな‥

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ