エスケープジャーニー 2

escape journey

エスケープジャーニー 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神94
  • 萌×237
  • 萌7
  • 中立6
  • しゅみじゃない3

15

レビュー数
16
得点
645
評価数
147件
平均
4.4 / 5
神率
63.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥712(税抜)  
ISBN
9784799731130

あらすじ

お前と2人っきりで逃げたっていい――。
順調なお付き合いで、少しずつ成長し喧嘩も減ってきた頃。
直人との卒業旅行(温泉旅行券)をかけて、
太一が“ミスターS大"に出場することに。
全力で茶化しつつも応援する直人だったが、
学校内で太一とキスしているところを、
美術部の仁科 京に見つかってしまい―――?
描き下ろしは甘イチャ年越しカウントダウンH

表題作エスケープジャーニー 2

羽瀬太一、大学4年
久見直人、大学4年

同時収録作品エスケープジャーニー2

仁科京(中学時代)
葵、幼馴染

その他の収録作品

  • Special escape (描き下ろし)
  • あとがき(AFTER TALK)

評価・レビューする

レビュー投稿数16

王道正統派

最近はBLのストーリーも多様化し
「マイノリティ」や「将来」に悩む姿を
メインに描かれることも少なくなってきたな
それだけ日本でもLGBTQが浸透してきたということか
と、しみじみしていたそんな中、ドがつくほどの王道で攻めてきた!!
それでもさすがのおげれつたなか先生。古臭さは全く感じません。
二人の関係性について
前回は太一が不器用ながらも歩みを進めようと努力し、
それに直人の気持ちが追いついたという印象でした。
今回は太一は自分では直人の前を歩いていたつもりが、
直人の方が先に腹をくくってしまっていたことにより、
お互いを想う気持ちが空回りしている・・・もどかしい!
さらには同性の当て馬も登場し、
王道かつ正統派BLの様相を呈しています。
これだけ盛り込めば1冊では終わらないのも納得です。

0

とてもよかったです!

とてもよかったです( * ˊᵕˋ )
前回は大学1年の2人の話だったのですが今回は3年たち、大学4年卒業間近…今後について考える頃になったな…という2人の話です。
あらすじ?的にいうと男同士、といった関係を「気にしていない」と言いながらももんもんと日々を過ごしながら悩む…という感じです…かね?
今が幸せなはずなんだけれども…、っていうのが「あぁぁ…」ってなりました(´・ ・`)
前回とはまた違った胸を締め付けられる感じ?でした…。
他のBL作品ではあまり考えたりしない見方?だったので「あー、たしかに現実的にはそうだよねー…」と思いました(´-ω-`)


今回新キャラとして出てきた仁科くん。当て馬キャラなのかなー、と思ったのですが彼にも暗い過去があって…。メインの2人が幸せになってほしいな、と1番に思うのですが彼にもちゃんと幸せになってほしい…、そう思える話でした(´・ ・`)


2巻のラストは「え…?!」といった展開だったので3巻がとても気になる…(*´艸`)
私の中ではもやもや、というよりはドキドキ?!って感じなので楽しみです♪

4

あああああーー!

って声に出すくらい辛かった。
床に突っ伏して声を漏らしました。

しょっぱなの甘々な絡みからのこの展開。ダメージでけーーー!
でもほんと入り込んじゃうんだよ、感情揺さぶるんだよーおげれつさん、ほんと上手すぎ…好き…

現実は『好き』だけじゃ、通用しないですよね、大切なものが多ければ多いほど…
でも幸せになってほしいよー!2人の甘々エロエロのエッチみたいよー!早く3巻をよませてくれよーー!

ちなみに読み終わったあと、また冒頭の描き下ろしを読み直すとダメージが少し回復するよ!!

5

苦しいっ!

見ました...。なんといっても苦しい!!!
男同士の恋愛の難しさに、胸が苦しくなりました...。
このエスケープジャーニー2はおげれつ先生には珍しく、1巻で片がつくって感じでは有りませんでした!(でも某エロ部活漫画はまだ片がついてはないのか??)なので、まだスッキリとした気持ちにはなれません....。
はやくスッキリしたいですっ!!!!

また、新キャラの仁科くん!
仁科くんの気持ちも分かるけどっ!
けどっ!!
これ以上2人をかき乱さないでくれ〜!!!
と思ってしまいます...。
もちろん全部が仁科くんのせいでは無いんですよ!?
でもやっぱり仁科くんが現れてからというのも事実で.....。

あ〜!!!どうやったらこの2人は上手くいくのか!!!
3巻が楽しみですっ!

3

実に正統的

おげれつ先生のコミックは一応全て読んでいますが、高い画力と、例えばDV、例えばハチャメチャなエロ部活、といった一癖ある設定が魅力ですね。
で、この「エスケープジャーニー2」。
ものすごく正統的だと感じました。
一癖も二癖も何もなく、若いカップルが普遍的に遭遇するつまずきのはじまりを正面から描いておられる。
お互い好き合ってるのにかみ合わず、話をしても想いは行き違う。
多分太一が重すぎる……んでしょうね。これが男女モノなら友達と恋バナして気が晴れる案件でも、鬱々としてきてしまう。
3に向けての展望は、確かに太一xなおが仲良く収まって仁科も幸せに、っていうのが希望ではありますが、今はまだ仁科が「ありがちな当て馬」のままなので、仁科にもっともっと血肉を感じるリアリティを与えてあげて欲しい。それがたとえ仁科にとってバッドエンドでも、という気分。
仁科には凄い可能性を感じるのです。ただの絵の上手い子、ただのトラウマ持ち、ただの告げ口野郎ではなく、なおにちょっかい出して2人をかき回すだけじゃなく、仁科の生み出す世界があるはず。

背景の画がいつもながら感心。このまますぐ実写できそ続きうです。(実写化希望という意味ではありませんよ、あしからず)

5

ずっと一緒ってむずかしい

おげれつたなか先生の単行本たぶん全部持ってます!エスケープジャニー1巻も!
正直、金欠で2巻どうしようかなー続きどんな感じなのかな…って購入するのを迷ってましたが、やっぱり購入(*´꒳`*)
まだ1回しか読んでないですが、買って良かったです。
2人が仲良くて幸せな描写にほっこりしましたが
卒業したら同棲しよう発言や仁科くんの登場や隠し事や家族へのカミングアウトなどで2人の関係が徐徐にぎくしゃくしだして…
太一の母にカミングアウトしたシーンで涙出ました(/ _ ; )
仁科くんは過去のせいで暗くコミュ障になってしまったのかな…そう思うとにくめないし、直人に絵を褒められて嬉しそうなのも照れ屋な感じも可愛い。最初は直人のことタイプじゃないとか言ってたけど好きになってるし!
でも!希望としては直人と太一には同棲してずっと一緒にいて欲しいです!
続き!気になります!

乱文失礼いたしました!

3

最高

すごく楽しみにしてました!

前回のエスケープジャーニー1巻が本当に大好きで2巻が出るって聞いてからずっと楽しみにしてました!

今回はシリアスな展開でしたが男同士だからこその困難や、問題がすごくリアルにかかれてて私的にはこういう展開が大好きなので感動しながら読んでました!

とってもいいところで終わってしまって読み終わった後に早く続きが読みたい!!って思ってしまっています…

個人的に新キャラの仁科くんが後半につれてかっこよくなってくるところも魅力だと思っています

5

おげれつたなか先生に脱帽

なんでこんな繊細なストーリー展開ができるの!

おげれつたなか先生の描くキャラは‘‘生きてる’’って感じがします。
表情や心情の描写がめちゃくちゃリアル。なんというか、‘‘人間’’って感じです。
漫画の登場人物として作られたキャラクターなはずなのに、この世界のどこかに存在するカップルの恋愛を覗いてるような錯覚におちいります。
それぐらい繊細に登場人物の感情の動きが描写されていて、良い意味で漫画よんでる気になれない!

特に今回は、男同士の恋愛が世間では圧倒的マイノリティであることがテーマの1つだったので、同性カップルへの周りの偏見、
そして、周りの人の反応なんて気にしないと言いつつも、大切な家族や友人に認められたい、でも大切だからカミングアウトして傷つけたくない、大切な人達に拒絶されたくない、という主人公達の葛藤が目を覆いたくなるほど痛切に伝わってきて、心臓が締め付けられました。
しかも、新しい人物の登場も加わって、主人公達がすれ違ったまんま2巻は終了。
私の心臓は締め付けられたまんま終了。
......これ3巻が出るまで私の心臓このまんまなんですか?
くそぅ、続き冒頭の年越しラブラブ姫はじめの話を読んでやりすごすしか道がない。

12

続編待ってました

エスケープジャーニー2、待ってました。
エスケープジャーニー1では大学一年だったのですが、エスケープジャーニー2では大学四年になった太一と直人が描かれています。
喧嘩しながらも仲良くやっていたのだなぁって考えただけでまず泣きました。開始2ページ目くらいで泣きました........
毎度ながらおげれつさんの画力の高さと、物語の構成の素晴らしさには頭が下がります。最高です。
作画の狂いや不安定さが本当にないなといつも思います。

2巻では新キャラも加わり、太一と直人の周りに変化も出てきてとても動きがあったなと感じます。1巻に比べ切なさもハラハラ度も増し、読んでいて「アアアッ.......;;;;」ってなりました。語彙力がないのが本当に申し訳なくなります。

3巻に続くようですし、3巻も楽しみに待ちます。


2

苦難を乗り越えて深くなる絆を期待

同い年で、社会人でもない二人
だからこそ不安や相手にあまえきれない気持ちがあってけんかとかしちゃうけど
それはお互いに思いやってのことだから、、、

blの根幹を担ってるマイノリティとしての苦悩
読んでて、嗚呼ぁとなるけれど
愛し合ってる二人を見てるとただ不安になるのではなく見守りたいという気持ちにさせてくれる内容でした。1巻でふたりの間のもんだいは解決したが、ずっと一緒にいたいという更なるステップに向かうには障害がたくさんある。
二人には理解者がいるのも読んでて安心できる要素です。
1巻読んでない人にもこの機会にぜひよんでほしい。エロもあるからとても満足。新キャラの登場含め次巻の発売が今から楽しみ‼

5

「中立」とすごく迷ったけど「神」にします。

一読目は「中立」かなって思いながら読み終えました。
あまりにも読むのがしんどい、波乱しかない、萌えのほとんどない2巻だから。
こんなリアル過ぎるリアルさはBLには要らないよ、1巻であんなに綺麗にまとまった作品にこんなしんどいだけの続編必要だったかな?って思ってしまって…
しかもしんどいままで3巻に続くとか、うぉぉぉぉおぃマジかよ〜〜ってなりましたし。。
でも、1日置いて再読してみたら心が少し落ち着いたのもあって、このお話の未来には自分の欲しいカタルシスがきっとあるって思えたので「神」にします。
1巻とは違って評価がバラけそうな2巻です。

何がそんなにしんどいのか。
それは、マイノリティ層がぶつかり、場合によっては打ちのめされてしまうような要素が次から次へと描かれるから。
マジョリティ層の何気ないセリフの一つ一つが、致命傷にはならない程度のパンチ力で次々に襲いかかってくるのです。
一つ一つは小さなパンチでも急所を一回突かれてそこを徹底的に攻められたら、どんなに強くあろうとしたっていずれはヘロってしまうでしょう。
誠実に真摯に生きようとすればするほど生きにくい現実の続きままならなさが凄くリアルに描かれています。
気付いたら手のひらに爪痕が残るくらい手をぎゅっと握りしめて読んでました。

たなかさんの作品は40代手前の自分が読むにはだいぶん若いのだろうと実感します。
太一のような生き方は、正しいかもしれないけど生きにくい生き方だってもう分かってしまっているし、直人のような生き方も、直人が作中であんな風に涙を見せたように、やっぱりいつかは限界がくることをもう知っている。
欲しいのはその先なんです。
…だけどこの2巻ではまだ、たなかさんがどんな「その先」を描こうとされているのかは見えません。
気持ちはついつい早まってしまうけど、静かにじっと待ちたいと思います。
本当は1冊でまとめる予定だったのがまとめ切れなかったのかな?と思う急ぎ足感や詰め込み感が少しもったいなく思うので、この内容ならガッツリと腰を据えての長期連載でもいいんじゃないかなぁ?

新キャラの仁科くんが太一とは違うタイプの、これまためんどくさいこじらせ男子くんで。
しかし私の好きなタイプのこじらせ男子くんなので、重苦しい展開を引き起こしている張本人ではあるのですが、この巻一番の萌え提供者でした。
たなかさん、こじらせ男子描くのほんと上手いですよね。笑

しんどい2巻ですが、冒頭に収録されている描き下ろし番外編は焦らされ&満たされエッチエピソードで最高でした♡
次が出るまでこの番外編で繋ごうと思います♪( ´θ`)ノ

8

若さゆえの葛藤

二人とも、前回あれほど喧嘩して、嫉妬して、悩みに悩んでやっとこさ元サヤに収まったわけですが、順風満帆とはいかないみたいです。
喧嘩することこそなくなったものの、当て馬登場に、将来の事や、親へのカミングアウト…。それらが積み重なってだんだんギクシャクしていきます。老婆心ながら、太一はもう少し直人のことを信用してあげてよー、と思いました。それに、周りに認めてもらいたくて焦っていたのは分かるけど、母親にカミングアウトするのはあのタイミングじゃないでしょ…。

シリアスな展開のまま次巻へ続きます。今更直人が仁科に靡いたり、大喧嘩したりっていうのはない様な気がするので、課題といえば太一がもう少し大人になることと!冷静な話し合いですかね?
3巻も楽しみです。


3

なにより仁科!

 初めて読んだおげれつたなか作品がエスケープジャーニーでした。先生のお名前から突飛なお話を描く方だと勝手に思い込んでいたので、元恋人同士のすれ違いを描いた王道な作風に驚いたのですが、描き方があまりに巧みで、王道なお話もここまで読ませる作品になるのだなと感心してしまいました。ところがこちらの2巻は先生の持ち味が薄れてしまっているように感じました。
 1巻でドキドキさせられた、神がかったシーンやコマの数々。過去の場面の挿入の絶妙さや、何度も描かれる手の描写で心情を語るコマ。それらの効き目が薄まって感じたのは、不穏な空気が漂うストーリーのせいなのかもしれません。
 だから最初は「まぁ普通に面白いな」という感想だったのですが、感じ悪くて「いやな当て馬」だと思っていた仁科が、何度も読み返すうちにとても可愛く思えて来て、仁科の出てくるところばかり、更に何度も読み返してしまいました。今の屈折した仁科も、過去の可愛いくて健気な仁科もすごくいい。
 仁科を無視できない直人もよかった。太一はハラハラしちゃうだろうけど、こう言うところが直人の良さですよね。
 男同士でずっと一緒にいられるわけがないと続き思っている仁科。男同士じゃなくたってずっと一緒にいるってすごく難しかったりするのに、そんなこともわからないぐらいに恋愛経験が少なくて友達もいなかったんだろうなと思うと、なんだか愛おしかったり、脅しめいたことを言ったくせに、直人に嫌われそうになって「ごめん、ね」と慌てたり、一々可愛かった。見た目もすごく好みでした!
 仁科のためにも太一と直人には一緒にいられる道を模索して欲しいなぁと思います。そして3巻ではどうか仁科も幸せになりますように!ぎゅっーと心に来る神シーンをお待ちしております!

3

成長して複雑になっていく2人の関係

大学4年生になった太一と直人のお話です♡1年生の時に再会して超ラブラブな大学生活を送っていた2人ですが、就職も決まって外の世界を感じ始めると、とたんに色んなことが複雑になってきます。今までは2人で「エスケープ」したっていい!って単純に思えたのに、お互いの家族やこれからのことを考えると、どんどん頭の中はグチャグチャになって、なんだかギクシャクしてしまいます。また、関係が長くなるにつれて好きってだけじゃ足りなくなって、やっぱり周りにも自分たちのことを認めてもらいたいと思い始めたり・・・つまり!愛する2人の成長と葛藤が描かれています。蜜月期後のお話ってことかな。

2人はまぁケンカもあったり、太一のコミュ力の低さと1人で悩んでしまうクセは相変わらずで、それが中々厄介ではあるんだけれども、今まで以上にお互いのことを強く想いあってるっていうのがハッキリと分かる1冊です。ただ・・・今回当て馬として同い年で美術部の仁科くんが登場するんですが、このコがんまぁー最強にウザい!!!!!!ウザすぎるだろww ゲイの彼には恋人関係でトラウマがあるんですが、そんなことは他人の恋路を邪魔する理由にはなりません続き。一言彼に言いたい、あなたが悪い人じゃないのは分かるけどとりあえず早く消えて太一の直人に絡んでこないで!!!(`Д´) ムッキー!!!こんな感じです。

仁科くんは絶対に3巻にも登場するんですけどねww なぜなら、2巻はかなり中途半端なところで終わってます。ただ、太一の母親とのダークな再会とか仁科の脅しとか結構ヘビーな内容もあって、意外にも私は満腹になったんですけどね。書き下ろしはお家でまったり年越しからの姫はじめです。太一の焦らしプレイ。良い(///▽///)

2

マジか∑(゚Д゚)

おげれつさんは1冊で纏めてくると思い込んでたから最終ページ見て叫んだ。本誌追ってないから知らなかったけど、まさかの以下続刊。すごく気になるところで次巻持ち越しになってメッチャ気になるよー!!(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾ ナンテコッタ!

1巻でキュンキュンさせられたシチュ萌えは今回はお預け。2巻でストーリーの軸に描かれているのは「2人でこれからもずっと一緒にいる」気持ちがあるけど家族との関わり方や世間のギャップに悩む姿で…。なんだか重苦しかったです(´•̥ ω •̥` )

前巻読んだ時に残ったモヤモヤは少し解消出来たかな。
太一を不安にさせないよう直人は「太一好き」っていうのをちゃんと出して、太一は素直に甘えるようにしてて。ちゃんとセックス以外のコミュニケーションも取れてるようなので安心しました。

で。ずっとラブラブ生活ではなく当て馬登場で一悶着ある今巻なのですが。
直人はキチンと話そう、話そうと努力してるんですね。
ここでキレたら前と同じなわけで、太一の悩みを一緒に共有しようと頑張ってて、ちょっとウルっとさせられた。直人の涙が胸にクル。でも肝心の太一が続き…。
「2人が幸せならそれで良い」と思ってたのが、本当にそれが幸せなのか・直人の為には良くないんじゃないかと気持ちにブレが出てきて、気持ちの整理がつかないからって直人までシャットダウンして遠ざけて…。もう本当太一の成長の無さといったら!!ヽ(#`Д´)ノ

そして新キャラの仁科。
上手くいってる2人の間に波風立たせた張本人。邪魔の仕方が好きになれないなぁ(ФωФ)
コミュ障?と思えない脅し方から一途純情キャラ移行にちょい違和感があったかも。

太一といい仁科といい自分勝手な考えなのがモヤモヤしました。
直人が好きなのに、2人共 直人の気持ちは無視するんかい!(`・ω・´)つΣ
そういうのは良くないよ。。。
ふみちゃんが男で攻めキャラなら魅力的なのになぁ。

書き下ろしは年越しの2人♡
男友達っぽい会話をしながらのエッチ開始に萌える(∩´///`∩)
ムードない会話してても求めあってるってのが好き。

というわけで、3巻では太一が魅力的な攻めに成長することを願う!
あと安定したラブラブを下さい!゚+.((人д<o)゚+.

評価は前巻を上回った!とはいかなかったので同じ萌え評価とします。

7

待ってました〜〜!が…

正直前巻に比べてモヤっとする終わりです…というのも絶対3巻が出るやつなんです。2巻だけ読むと本当に「続きどうなるんだろう…早く読みたい…」ってなります。しかもワクワクではなくモヤモヤとした感じで。もし、読後スッキリしたい人は3巻出るまで待ったほうが良いと思います。っていってもおげれつ先生描きすぎだろ!!!!!!いつになるんだよ!!!!!って感じですw

正直、直人と太一よりも仁科くんが気になりすぎます。葵くん!!!!かわいいね!!!!エスケープジャーニーの続きも仁科くん葵くんも気になりすぎて本当痔になりそうです。

ストーリーに関してはなんというか、セクシャルマイノリティについて考えさせられるものでした。個人的にはおげれつ先生の魅力はリアリティ(特にキャラクターの会話や服装)だと思うので、今回ここまでエグめな現実を描いたことは良くも悪くも大胆だなぁと思いました。要するに、ハッピーエンド大好きマンにはおすすめできないということですw

2人が乗り越えなければならない壁が前巻では2人のすれ違いでしたが、今回は他の人からの2人の関係の認識となっています。BL作品なのでハッピーエン続きドになることは確実だと思っていますが、現実の今の日本ならエスケープジャーニー2巻のままで2人の関係は終わるんじゃないでしょうか…愛だけじゃ無理なんだなぁ〜

とかいろいろ深く考えさせられる作品でした。とにかく続きを全裸で待機しております!支離滅裂な文章ですみません!

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ