宮廷愛人 コミコミスタジオ購入特典小冊子

kyutei aijin

宮廷愛人  コミコミスタジオ購入特典小冊子
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

62

レビュー数
1
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
二見書房
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
宮廷愛人
ページ数
10ページ

あらすじ

コミコミスタジオ購入特典、書き下ろし番外編小冊子。

ミハイの故郷に向かう旅の途中での話。
フィレンツが行きずりの少女と話しているのを見てヤキモチを焼くミハイ。

表題作宮廷愛人 コミコミスタジオ購入特典小冊子

フィレンツ 宮廷愛人
ミハイ 国王専属の歌い手 17歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

甘々なボーナストラック

本編終了後、ミハイの故郷へ向かうことになったミハイとフェレンツ。
途中立ち寄った村は収穫祭の真っ最中でした。2人で祭を眺めながら収穫されたワインを飲んでいたのですが、ミハイがちょっと席を離れた好きに、2人の村娘が美貌のフェレンツに近寄ってきます。

かつては相手を選ばずやりまくっていたフェレンツも、今ではミハイ一筋なので、相手になる選択肢はありません。邪険にならない程度に2人の少女をあしらっていると、戻ってきたミハイが「酔ってしまったので部屋に戻りたい」と言います。

部屋に戻った途端、ミハイは少女たちとフェレンツが仲良く喋っているのを見てすごく嫌な気分になった、自分は嫌な人間だ、と落ち込んでしまいます。
逆に、可愛らしい嫉妬に萌えたぎったフェレンツは大喜び。そのまま愛の営みを開始するのですが、初めてミハイに口淫してもらったり、飲んでもらったり、天国を味わいます。

でも朝になったら、ワインで酔っていたミハイは、自分がしたことや話したことを何も覚えていなくて…というお話。


本編に収録されていた番外編と同じく、本編終了後のほのぼのいちゃいちゃなショートストーリー続きという感じです。
できればミハイの両親とフェレンツの初対面、などの番外編が読みたかったけれど、これはこれで微笑ましくてよかったと思います。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ