ミルククラウンのためいき

milk crown no tameiki

ミルククラウンのためいき
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×27
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
63
評価数
19件
平均
3.4 / 5
神率
10.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥495(税抜)  ¥535(税込)
ISBN
9784044468019

あらすじ

クールなオトナの手管に翻弄されて……!?高校生の希は、バイト先のサックスプレイヤー・高遠の淫らなキスシーンに遭遇した挙げ句、それを気付かれてしまう。彼に密かな憧れをもっていた希は困惑するが、高遠にされるがままになってしまい……!?

表題作ミルククラウンのためいき

俺様なサックスプレイヤー・高遠信符
元アイドルタレントの高校生・雪下希

同時収録作品ミルククラウンのためいき

東埜義一 ジャズバー「3.14」のオーナー
雪下玲二 希の叔父

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

シリーズ一作目

シリーズ一作目。
これが、BL小説ではちょっと今ではなかなかお目にかかれない高校生受けなんですよね。
高久尚子さんのイラストと年の差カップルということで、購入。
再読でのレビューなのですが、数年前に読んだ時と自分の受けた感想がかなり違ってしまいました。

**********************
受けは高校生で実は元アイドルの希、17歳。
家庭環境の複雑さに、今は家を離れて叔父の家で暮らしています。

攻めの高遠は、ジャズバーのサックスプレイヤー、27歳。
スタイルも容姿も抜群で、人を惹きつけるタイプ。
**********************

希のバイト先は、叔父がフロアーマネージャーをつとめるジャズバー。
そこで出会ったのが高遠です。
その高遠、とにかくカッコ良いのにひたすら愛想なし。
まあ、愛想良くしなくても女は言い寄ってくる男なので(苦笑
言葉足らずがカッコ良いと思っているわけではないのでしょうがちょっと足らな過ぎですし、プラス希も我慢しちゃう子なのでよけい行き違ってしまうという。
かなり色々すっ飛ばしての関係なので、その後の希の葛続き藤もわからなくもないです。
歳こそ10歳も差があるのだけど、高遠の言葉足らずなところはやはり幼稚というか、好きな子を虐めちゃう小学生というか(苦笑
攻めのタイプとしては嫌いじゃないですし、実は希の可愛さに翻弄されているというのも美味しいのですが、その辺りが少々面倒臭すぎました。
実は最初に読んだ時は、もっと高遠がカッコ良く感じたんですよね。
色々な作品を読んでから再読しましたら、評価が下がってしまいました。

先に書きました通り高久さんが挿絵をされていたので購入したわけですが、残念ながら特に希が文章での描写との差がある印象を持ちました。
文章では大人っぽいというか、大学生くらいに見えると表現されているのですが、表紙は子供子供してますし…
わたしは中の表現を知らず表紙のイメージを持ってしまっていたので、微妙に違和感がありました。

1

高遠さん…あんたって奴は。

ミルクラシリーズ第一弾。

複雑な事情により叔父の家に住み、高校生ながらもごまかして叔父の口利きでジャズバーでバイトをする希と、ジャズバーでライブをおこなうサックスプレイヤーの高遠のお話。

バイトをするうちにサックスプレイヤーである高遠に強い憧れを抱いていた希。
そんなある日、ストイックだと思っていた高遠が女と熱烈なキス!
まるで見せつけるかのように繰り広げられるキスシーンに逃げ出してしまう希ですが…そこから憧れだったものがもっと熱をまくものに変わっていきます。

そこからの希のテンパりようはかわいく、そりゃもう高遠もいじめがいがあるでしょうよ、えぇ。

でもね、高遠さん。
言葉は選ぼうよ!というシーンはてんこ盛りでした。

それにしても希くん、健気…。
なんていい子なんだろう。ホロリ。

高遠の見事な無骨さというか不器用というか口下手というか。
希くん振り回されっぱなしなんですけども、でも高遠も希の素直さや鈍感なとこ、そしてなによりも純情なところに振り回されてるなぁ、と。

作中、なにやら過去を思わせる意味深な発言があり、これは希と高遠の間には続き何かあるな?と。
うふふ、実は執着していたのは高遠のほうなのかしら♪とニマニマしながら次、ミルククラウンのゆううつを読みにいってきます。

0

まっ白受

大人なサックスシンガー高遠[攻]と、子供の頃にアイドルで今は家族不和から伯父宅で生活し、若い伯父が経営するジャズバーでバイトをしてる高校生の希[受]とのカップルシリーズ第一弾。
続編もありますが、これ単独でも読めるので先ずは一冊読んでみてから気に入ったら続けてっていう読み方も出来ますですよ。
このカップル好きなので評価は最初から甘めです。

希はトラウマ持ちなんだけど、精神的には歪んでいる様で歪んではいない、弱いんだけどどこか真っ直ぐで真っ白な部分はちとお子様みたいで、そういう部分とバイトをしている最中や高校生としての年相応の部分とが両立している、そこが彼の魅力なんだと思う。
ある夜、希はラブホ前で高遠と女性とのキスシーンを目撃してしまい、それから彼を意識しちゃう。
そんな希に高遠はやや強引に、唐突とも言える強引な流れで挿入はしないけど手は出すんですが、その唐突さの理由はラスト近くの高遠の「だから最初は~」の台詞で説明されてて、あーそうだったのかと納得。

エロは、いっちゃういっちゃう系ですが、性的にお子様な希が高遠に快楽に溺れさせられる手管は読んでて楽しいです。
続き本的に年の差スキーなのでこういうカップルは大好き。

作中内で起こる事件については、7年後とはいえ一緒に過ごしていた人物が分からないものかな?とは思ったけど変化の激しい時期だからまあそれはそれで有りかーと一応そこは無理矢理自分を説得しましたです、はい。

0

ミルクラ第一巻

酷いトラウマのせいで一度声を失ったことのある高校生の希は、叔父の働くジャズバーでアルバイトをしている。
ある夜、バーで演奏しているあこがれのサックスプレイヤーの高遠が街で女とキスしているのを目撃してしまった希。
普段の楽器一筋な姿とは違う高遠の姿にとまどいを隠せない希に高遠は……

俺様サックス奏者×訳あり高校生。
硬派だと思っていた憧れのサックス奏者の意外な姿と色気にあてられて主人公がいきなり家に帰って自慰ってなんてミラクル。
そんなアレコレがあって意識しまくりの希相手に高遠は結構やりたい放題です。
シリーズ一冊目、まだ彼の行動の理由が見えてこないのでなんだコイツ状態ですが、悪いヤツではなさそうなので続きを楽しみにしようと思います。
でもこんだけ傍若無人にふるまってたクセに、告白の時には赤くなるってちょっとかわいいです高遠さん。

0

崎谷はるひ 初文庫本☆

ただ今崎谷はるひさんが連続刊行をしておられるので、私もそれに乗っかって崎谷さんの作品レビューを続けて書いていこうかなと。(ただの自己満足☆)

ミルククラウンシリーズはとにかくキャラが魅力的です。
主人公・雪下希は元アイドルという経歴を持つ高校生で、顔立ちも心もとても繊細。高校は不登校気味で、自分を引き取ってくれた叔父の玲二とそのパートナー・義一が経営するジャズバーでバーテンとしてバイトをしています。

希のお相手・高遠信符は、希の働くジャズバーのサックスプレイヤーで、顔も身体も才能も一流の男。高遠はもう色悪も色悪で、とんでもない色気を垂れ流してるような男です。ほんっと悪い男です。
ミルククラウンは希の視点からよりも高遠の視点から読む方が面白いと私は感じます。高遠が希を落とすためにジワジワと希の心を乱し、身体を快楽で満たしていく手管はアダルトだ…

保護者の玲二の目を盗んで、希に悪さする高遠。それでも最後の一線は越えないのは何故か。自分では高遠の相手にはならないのかと思い詰め、期限つきで遊ばれていてもいいとまで考えてしまう希の根底にあるトラウマは深いです。
壊れた希を続き救ってくれたのは、きれいで優しい叔父の玲二でした。玲二は希を「甘いミルクのような羊水」で包むように護ってくれました。
崎谷さんのこんな表現が素敵だなといつも思います。
そんな優しさと温もりの中で庇護されていた希を、激しさと熱さで引きずり出したのが高遠だった。この対比がミルククラウンシリーズで魅力を感じる所です。

高遠に翻弄される日々に少しずつ疲れを感じていた希に事件が起こり、危険が迫ったその時、高遠登場。

そしてようやく噛み合ったお互いの想いにホッとしました。二人とも喋らないからややこしくなるんだと言いたい…。もっと言葉を出そう。

それでも最後は希もがんばって高遠の気持ちを聞き出します。それに白旗を上げた高遠はとびきり甘く、


「希。……好きだ、かわいい」


あの高遠がこんなこと言うなんて…!と読み返すたびに思います。
路上でその先を匂わせるようなキスをしながら「遊ぶか」と聞く高遠はやはり悪い男だなと。
それに対し希は、


「うん。……遊んで」
おもちゃにしても、いいから。


なんて何の計算も無しに言う希に高遠は完全に堕とされました。自分が希を…と思っていたはずがいつの間にやらというかんじです。
ラストのHシーンではようやく最後までいきました。最初の時に希が「痛いのはやだ」と高遠に言ったので、今まで希の身体を慣らしていたのだとか。
大事にしてたのか…と、ちょっと高遠を見直しました。


ミルククラウンシリーズは、挫折とその痛みを知っている二人が成長し、変化していく過程が見える作品です。

2

ミルククラウンってタイトル・・・エロっw

元チャイドルという過去を持つ受け。
声変わりの時期に、ほされちゃったんですが
華やかな世界に魅入られてしまったのは親で
当人は、親の期待にそえなかったことで傷つき
親元を離れ、叔父の元で暮らし始める
芸能界という特殊な場所に身を置いていたせいか
学校生活には馴染めず、居場所のない 希。

いっそのこと大人の世界へ足を踏み入れてみるか?ということで
高校生という身分ではあるが、叔父の知り合いが経営する
ジャズバーでアルバイトをしてみることになる。

そこで出会った、クールなサックスプレイヤー高遠に惹かれはじめる・・・

と、いう話なんですが。
この高遠という男、普段は寡黙で誠実そうなイメージを装ってはいるけど
一皮向けば、獣w
狙った獲物だけを狩るようなハンター気質の攻めなんですよw

受けは、同級生にも馴染めず、大人にも馴染めず
かわいい顔とカラダをもてあます、純情ウブな男の子。

大人で獣な攻めに翻弄されながらも
天然エロさで逆に攻めを翻弄w

元チャイドル設定は、意味あんのか?と、思いつつ読んでて
最後に意味があってよかったと思い続きました。

しかしもって“ミルククラウン”って、ミルクの水滴を落としたときにできる
王冠状に撥ねた水滴のことをいうんでしょう?
エ、エロイなw

ぽたぽたっとな・・・w

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ