僕らの恋と青春のすべて case:02 同級生の僕ら

bokura no koi to seishun no subete

僕らの恋と青春のすべて case:02 同級生の僕ら
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×24
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

76

レビュー数
1
得点
58
評価数
16件
平均
3.8 / 5
神率
31.3%
オリジナル媒体
オリジナル
CD発売会社
cocoaball
収録時間
枚数
ふろく
フリートーク
発売日

あらすじ

高二の春、自他ともに認めるポジティブ男子・(cv古川慎)は、大人しい優等生・(cv小林裕介)と一緒にクラス委員をすることになった。
しかしなぜか誠は、光秀にだけ冷たい。その一方でクラス委員の仕事は、光秀に負担をかけないようにと気遣ってくれているようにも見える。
冷たいのに優しい――そんな二面性を持つ誠が、気になって仕方がない光秀。
そんなある日、光秀は誠に一緒に勉強をしようと誘われる。そしてその日を境に、二人の関係は変わってしまって――。

評価・レビューする

レビュー投稿数1

良い感じ

 case1と同じように、「僕ら」の日常が丁寧に淡々と描いてあります。
BGMがなく、本当に「見ている」ような感じなので、このタイプのCドラが好きな人は買って損なし!ストーリーはありふれた感じですが、そこが良いのではないかと思います。キャラも癖がない分、感情移入しやすくて良いです。
 
 小林さんの、控えめだけど情熱的な誠君は、「ほんとに好きなんだなぁ」とキュンキュンさせられるし、流石にお上手です。ついうっかり想いを告げてしまうシーンなどは、隠れた名シーンなのではと思わされます。
 ラブラブシーンも2回、普通の男子高生の初エッチがドキドキしながら楽しめて満足です。

 しかし!今回少しだけ残念だったのが古川さん!古川さんLOVEの自分としては、もっとセクシーで情熱的な感じを期待していたのですが、高校生のポジティブ男子と言うこともあり、ラブラブシーンが爽やかすぎる!『男子高生はじめての』や『ハングアウトクライシス』『ジェラテリアスーパーノヴァ』を期待してしまうと、やや物足りない感じがします!

 ですが!そこはやっぱり古川さん。最高レベルの演技力なので、ソンをさせることは続きありません。
 サブキャラで前作主人公(CV新垣さん)も出演しているし、全体的に見て、納得の出来る仕上がりだと思います。のんびり聞けてドキドキできる、いいシリーズです!
 

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ