ずっときっと

zutto kitto

ずっときっと
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
15
評価数
5件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
シア・コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784403665417

あらすじ

三年前、最低な言葉と愚劣な行為で傷つけた尋のことを忘れられずにいる羽村。
彼と再び巡り逢った羽村は、今度こそ間違えないと誓うがーー!?

表題作ずっときっと

羽村柚希 高校生〜大学生 棒高跳び選手
昭島 尋 高校生〜大学生 カフェでバイト

その他の収録作品

  • キス・ミー・チョコ
  • マシュマロひとつ分
  • chu-chu

評価・レビューする

レビュー投稿数2

陸上BL

エメラルドグリーンの表紙に心惹かれて手に取りました。
高校生で出会い、その後別れて大学生になって再会した、陸上選手ふたりのお話です。

高校の陸上部で短距離走のホープだった攻めは、俺様な性格で部から浮きがちだったのを普通に接してくれた受けと親しくなります。
受けは棒高跳びの選手。親しく付き合ううちに、何となくキスしたり、触り合ったりする関係になります。でも攻めは女子からも人気でチャラチャラしていて、受けとは付き合うでもなく身体だけみたいな感じ。
そんなある日、受けが「大学に行っても陸上続けなよ」とか言ったセリフに腹を立て、冷たく切り返した挙句、決定的な事件が起こり2人は離れ離れに。

何ていうか、それまで陸上について何ら悩んでいなかった、機嫌も良かった攻めが、受けの「大学に行っても陸上続けなよ」「俺はお前の走る姿が好きだから」くらいのセリフにキレるのが激しく疑問でした。
それまでに「受けが好きなのは俺自身なのか走ってる俺なのか」とかいう悩みなどがあったというなら分かるんですが、受け攻めが恋人として付き合っていたわけでもないし、陸上をしていることに葛藤があったわけでもない続きのに。なのになぜいきなりキレる?
そのあとカッとした攻めは自らの足を傷つけようとして、それを防ごうとした受けに怪我をさせます。なぜその程度のセリフで激昂するのかわからないし、ブチ切れるほどに腹を立てた相手に執着してるのも理解できない。
「急にキレる現代の若者」的な攻めが好きになれないので、その攻めに執着する受けのことも理解できない。攻めの走る姿が好きらしいですが、それだけ? 他にこの攻めに好きになれる要素も見当たらないけど…。

大学になって再会してからはエロなし。再会するまでの間も身体だけの付き合いの女性がいたり、相変わらず微妙な攻めでしたが、受けと再び出会って、関係を修復しようとする姿はちょっと見直しました。
おまけマンガの、キスしたいときに受けがいつもしてくれる、というエピソードは可愛らしかったです。

2

部室には夢がある

シチュエーションや設定に萌えました。
主人公は大学生ですが半分近くは高校時代の回想になります。
「男子高校生」が「同じ部活」で距離が近付き
「こっそり秘密特訓」の後の「誰も居ない部室で…」
DK好きには堪らん萌え設定揃いで回想シーンにキュンキュン(∩´///`∩)
(ここまでしてエロ無しか!!って残念さはありますが…←ダメな大人)

絵が安定せず、線が太かったり細かったりと読みにくさがあったので評価は萌えですが、萌えシチュだけでもかなり満足♪なので、萌え×2寄りです。


棒高跳び選手の羽村。
100M全中・IH優勝経験者ですが、走ることはやめて棒高跳びをしています。
それには会えない人との再会する願いと理由が込められていて。。。
そんな折に願いが叶い、会いたかった人・尋と再会します。
しかし高校時代に一緒に過ごした時間を振り返ると気まずさがあってーーーな再会ラブのお話です。
(攻め受け分けされてますが、エロ無しです。)

攻め視点で物語は進みます。
攻めの羽村は陸上の才能に溢れ、少々傲慢さがチラホラ。
周りの羨望や嫉妬を煩わしく感じて練習をサボり続き
見えないところで努力しているタイプ。
部活内で孤立してたのを尋に助けられ、尋に依存気味。
無意識の言葉で尋を傷つけたのも知らず、
尋が離れてくのを引き止めようとしてさらに傷つけて。

若さゆえの傲慢な態度にイラっとくるタイプの攻めでしたが、
高校時代の自分を反省し、再会後は想いを伝える努力をしているのが良かったです。
書き下ろしでは、尋を大切にしようとしてヘタレてる姿が可愛い。
チャラいのが真面目になった時の不器用さにキュン♪

受けの尋は表紙の子です。
陸上が好きなゴクゴク普通の子。
攻め視点なので気持ちの面がわかりにくい部分があったのはちょっと残念。
回想は健気で好きが伝わる感じだったけど、再会後は飄々としててイマイチ気持ちが掴めず、離れてる間に攻めのことをどう思ってたかとかもう少し知りたかったなぁ…。

『君はそうやって、いつも僕の心を、一瞬で奪っていくんだね』(帯より)
この言葉のシーンは良かったです。
これに離れてる間の想いとか全てが込められてるのかな?
書き下ろしで受け視点の高校時代ショート番外があり、片思いの切ない表情にキュンとしました。

で。冒頭にも書いたけどシチュエーションが良かったです!
2人っきりの部室でチューしてイチャイチャしてるのに萌え禿げるよー:;(∩´///`∩);:
同じ部活で放課後の部室って夢があるわー。
男子高校生の恋とモダモダと青春は尊い*。゚+

【余談】
この作品、電子では既に2冊分ぐらい続きが(゚∀゚)!
(「ずっときみと」「ずっととなりで」とありました)
紙本になると良いなぁ…

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ