ご主人様の言うことを聞けない子にはお仕置きしないとね

SとMの言い分

s to m no iibun

SとMの言い分
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
23
評価数
8件
平均
3.1 / 5
神率
12.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
KADOKAWA(エンターブレイン)
シリーズ
B's‐LOVEY COMICS(コミック・エンターブレイン)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784047276673

あらすじ

会社の苦手な後輩・須藤にゲイだと知られてしまった観月。
過去のトラウマが原因で特定の相手を作らない主義の観月に須藤は「俺のペットになれ」と命じる。
反発するものの、嬲るように抱こうとする須藤に、秘められた被虐性愛を暴かれていく。
タチ側しか経験のない観月だったが、いつしか愛撫されることを望むようになる。
そんな中、自分を手酷く振った男・加賀見と再会し――。

表題作SとMの言い分

須藤・受けと同じ会社の営業課
観月楓・会社員

その他の収録作品

  • カバー下 漫画・あとがき
  • 描き下ろし「彼の言い分」

評価・レビューする

レビュー投稿数3

部下S×上司M

ゲイでタチ専のサラリーマン受けが、営業職の部下攻めにロックオンされ、脅され調教されていく過程で愛も芽生えてくるという話です。

何だかプレイ有りきというか、展開に無理があるというか、受けにも攻めにも何ら思い入れを抱けずに序盤は展開していきます。
部下にゲイバレし、それをネタに脅される受け。脅されている割に偉そうな態度だし、そんな態度が取れるくらいならいくらでも拒否できると思いました。なので脅されて仕方なくなのか、Mプレイに目覚めちゃって口では拒否してても内心では歓迎なのかよく分からなかった。
エッチシーンはエロいけど、色気や萌えはあまり感じられず、本当にただプレイを眺めているだけのような気分でした。
受けは最終的に「ゲイだとバラすならバラせ」みたいに拒否ってたので、それなら最初から拒否れたのでは、と思ったし、中盤から出てきた当て馬のことも、最終的にガッツリ振ることができるならなぜ最初から振らないのかとか、ページ数の問題的なご都合展開が目立ちました。

SMがメインテーマなのに、それが萌えにつながらず、逆にSM設定が邪魔に思える作品でした。
これだけで終わったら中立なので続きすが、お互いに気持ちが通じてからの2人はなかなか可愛らしく、微笑ましくなっていったので、評価は萌えにしました。

0

ツッコミどころ満載!

pixivコミックの試し読みでこちらの作品が気になっていて、書籍化すると聞いて購入しました( ´ ▽ ` )

結論から言うと、私には合わず、期待外れでした....(試し読みからかなり期待していたので)

試し読みはすっごくおもしろかったです!が、書籍を購入し、最後まで読むとキャラ設定がブレブレだと感じました。

特に受けの観月!!最初は頑なに拒んでいて、Sっぽかったのに途中からあっさりMになってしまっています。S⇨Mになる辺りの経過をもう少し詳しく描いて欲しかったかな....

あと攻めが受けを好きになった理由も少し触れているのですが、適当だな....と感じました。

当て馬も The 当て馬のような感じでとても性格が悪く、嫌な気分になりましたm(._.)m

ところどころツッコミ所はありましたが(特にいきなり同居をし始めた場面)途中あたりまでとても面白かったです!!!
そんなにハードなSMではないので、気軽に読めると思います。

0

心に響くラブストーリーです!

初読みの作家さんですが、想像以上に良かった! ホントに期待値が低かった分、心に響きました。
題名からSMが強く印象づけられると思いますが、根幹にあるのはしっかりとしたラブストーリーです。
SMだけを期待して買ってしまい申し訳ない…。もちろんハードな物ではありませんが、SMもしっかり楽しめます!!

観月(受け)は会社の後輩で、苦手な須藤(攻め)にゲイという事を知られてしまい、黙っていてもらいたかったら「ペットになれ」と命じられるんですね。何度も呼び出されエロエロな調教をされて追い詰められて行きます。そんな状況で学生時代に裏切られトラウマの原因になった加賀見と再会し…という展開です。

観月は須藤に苦手意識を持ってますが、その原因は須藤の全て見透かすような目なのですね。そして、そんな目で見つめられ命令されると逆らう事が出来ません。元々会社ではクールで、他人を拒絶した雰囲気なので浮いていますが、須藤だけは親しく接してきます。しかし折に触れ、その見透かすような視線で見られている事に気が付いているので、意識してイライラしています。もうこの辺からSMプレイの序盤が始まっていて、読んで続きいてワクワクします。そして須藤の視線が非常に印象的でMじゃなくてもゾクッと来ます。

その後、脅されて関係を持つようになりますが、言葉でいたぶる感じのプレイです。軽いスパンキングはありますが肉体的に痛い物ではありません。
そんな関係が続き、観月は精神的に疲弊していきます。このまま痛い感じが続き、調教をされておしまいかと思いきや、当て馬となる加賀見の登場で二人の関係に変化が訪れるのですね。この辺りから須藤も少しずつ本音を出すようになり、最初とは印象が変わってきます。

そもそも観月が他人を拒絶するようになったのは、学生時代に付き合った加賀見に自己保身の為に裏切られ辛い目にあったのが原因です。その加賀見が再び現れ、もう一度やり直そうと迫ってくる事によって精神的に追い詰められて、ようやく自分の本心と向き合います。そして須藤と本音で喋る事が出来るんですね。

「あんたを離したくない」と本心を須藤は話しますが、その時にようやく全てを見透かすような視線は、実は観月しか見ていない目だという事に気づきます。この時の須藤が観月を見つめる眼が本当に優しくてキュンキュン来ます! SはサービスのSだとよく言われますが、観月の虐められたいという本心を見抜いて、Sをやってくれていたんです!!
そして心が通じ合った二人はようやく結ばれます。エロエロな調教はされてますが、最後の一線は超えてなかったんですね。この初エッチが甘々で、最後にこう来るか!と非常に萌えました( ´艸`)

一つだけ気になったのが、攻めと当て馬の描き分けが甘く区別が付きにくい事! ちょっと混乱します…。
それ以外は本当に素敵なお話でした。
ただ単にSMプレイを楽しむだけの薄っぺらい話では無いですよ! しっかりしたラブストーリーで心に響きました。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ