相愛フレグランス 「蜜惑オメガは恋を知らない」番外編

souai fragrance

相愛フレグランス 「蜜惑オメガは恋を知らない」番外編
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

78

レビュー数
1
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
出版月
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
蜜惑オメガは恋を知らない(但コミコミスタジオ購入時のみ)

商品説明

文庫発刊記念・コミコミスタジオ購入者限定配布ペーパー
オメガとアルファ波互いの匂いで相手を見分けるが、恒星もまた自室に向かって昇る階段でかぐわしい香りに包まれた。智宏の匂いに唇が緩み…

評価・レビューする

レビュー投稿数1

過去を乗り越えたからこそ

本品は『蜜惑オメガは恋を知らない』の
コミコミスタジオオリジナル特典ペーパーです。

恒星視点での恋人同士になった2人の後日談です。

オメガとアルファは
お互いの匂いで相手を見つけます。

恒星は自分の部屋へと上がる階段で
智弘の芳しい香りを感じました。

最初のヒートをともに過ごして以来、
智弘は恒星の部屋に
しっょちゅう泊りに来るようになりました。

恒星の部屋は屋上階の
二面がガラス張りのペントハウスですが

恒星が智弘に見つからないように
そっと覗き込むと
智弘はベッドに横たわって
しきりに寝返りをしていました。

まるでシーツと戯ているかの様で
恒星はつい笑みを漏らしてしまいます。

その気配を感じた智弘は
バツの悪い思いをしたようでしたが
今に至る状況を白状します。

寝ていたら恒星の匂いがしてきて
そうしたら
俺は嬉しくてたまらなくなったんだ

まれに伴侶であるのに匂いが変わって
別れてしまうカップルもいます。

智弘の匂いが変わらなかったのは
智弘が常に己を律していたから。

恒星はだ続きからこそ
奇跡のような時間を経て
智弘と伴侶になれたのだと思っていて…

B5サイズペーパー片面です。

惹かれあいながらも
なかなか伴侶となれなかった2人でしたが
後日談は思いっきりラブラブです。

智弘が待つ部屋に帰った恒星が
智弘との過去の起点を振り返りつつ
今の幸せをかみしめる展開です。

残念ながら智弘はヒートじゃないので
ラブい展開にはならなかったのが
すこーし残念ですが

智弘のさり気ない言動が
恒星への思いが溢れていて甘~い♡

本編は智弘視点で展開なので
なかなか恒星の気持ちが現れませんが

智弘を伴侶だと思っていた恒星のほうが
いろいろと悶々としたのかなって
思えるSSでした。

オメガバースは複数絡みって
先入観が有ってちょっと苦手でしたが

本作のようにお互いだけって
結びつきが際立つお話なら
いろいろ読んでみたいです♪

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ