小説花丸 視線に濡れる華

shisen ni nureru hana

小説花丸 視線に濡れる華
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
ISBN

あらすじ

身寄りがなく資産家に引き取られた相原瑞希は、視線を実際の感触として体感してしまう特殊な体質の持ち主。養父の秘書として働く一方、その体質ゆえに、瑞希は養父から性的な愛玩物として扱われ、好事家を集めた宴席では多くの客の前で視姦されという淫らでつらい日々に耐えていた。
視線から人の気持ちまで察知できてしまう瑞希は、人づきあいが苦痛で孤独を好んだが、行きつけのカフェで年上の男・成瀬崇史と知りあい、その驕ったところのない自然な雰囲気に次第に心を開いていくようになるが……。エロティックロマン!

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。

小説花丸 視線に濡れる華1 41ページ
小説花丸 視線に濡れる華2 50ページ
小説花丸 視線に濡れる華3 43ページ

評価・レビューする

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ