皆殺しの天使

minagoroshi no tenshi

皆殺しの天使
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
3件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥590(税抜)  
ISBN
9784199008597

あらすじ

行方不明だった亡き親友の息子・アンジェロを奇跡的に発見!! 周囲の反対を押し切り海外から彼を引き取ったのは、警視庁の刑事・真淵。ヤクザであったが身分を越えた親友のためにも、この子を幸せにしたい――。だが再会したアンジェロは、18歳にして殺戮のプロと恐れられる反政府軍の兵士だった!! 体に触れた途端、戦闘状態で相手を傷つけてしまうアンジェロに、途方に暮れる真淵だが!?

表題作皆殺しの天使

真淵孝臣,警視庁の刑事
アンジェロ・横山,反政府軍の兵士,18歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

タイトルは素敵ですが…

あらすじ:
刑事の真淵(攻め)は、亡き親友の息子・アンジェロ(受け・18歳)を引き取ることに。
某国の反政府軍の一員だったアンジェロは、「皆殺しの天使」の異名をもつ殺戮のプロで…

ゲリラとして殺伐とした日々を送ってきたアンジェロが、真淵と暮らすうち少しずつ年相応の表情を取り戻していくという展開。
そこに、真淵の追う暴力団同士の抗争、アンジェロの父親の死の真相といったテーマが絡んでくるシリアスなお話です。

アンジェロの参加していたゲリラと、真淵の追う暴力団組織が何か繋がってくるのかと思いきや、何の関わりもなくそれぞれで終わってしまったのは拍子抜け。

また、「皆殺しの天使」というタイトルの割に、アンジェロのゲリラ時代のエピソードが薄い点もマイナス。
アンジェロがゲリラに入るまでの経緯も手短に紹介されるのみなので、アンジェロの苦労や「皆殺しの天使」の凄さが今ひとつ伝わってこないのが惜しいです。
ストーリーのメインは日本での暴力団抗争の話なので、タイトルと中身がややミスマッチな印象。

クライマックスでの真淵とアンジェロのガチの肉弾戦はなかなかの迫力で良かっただ続きけに、もっとアンジェロのキャラクターが掘り下げられていれば更に面白く読めたのではないかなと口惜しさが残ります。

元ゲリラというアンジェロの設定や真淵の硬派なキャラクターは悪くないものの、肝心のストーリー展開がスケール不足で、どうも物足りなさを感じてしまう一冊でした。

4
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ