診察は時間外

shinsatsu wa jikangai

診察は時間外
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ハイランド
シリーズ
Laqia Novels ~ラキアノベルス~ (小説・ハイランド)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784894860964

あらすじ

九条医師が帰ってきた、という噂を聞いてから、祐貴はドキドキそわそわ。五年前のアレで嫌われたとわかっているけど!?著者:坂井朱生イラストレーター:かんべあきら

表題作診察は時間外

元家庭教師 医者 九条
大学生 祐喜

評価・レビューする

レビュー投稿数1

もうちょいヒネリが欲しかったです

もうちょいヒネリが欲しかったなと思いました。
テンプレ通りの無難なお話すぎて、なにも残らない感じ。

主人公の受けは、中一のときに片思いしてた家庭教師と高三になってから再会する。
再会して、なんの障害もなく言葉だけで互いの気持ちを整然と説明しあって、えっちして…みたいな。
数年の時間経過による思考の成長や熟成がいまいち無い主人公に違和感がありました。このあたり、再会ラブの醍醐味なのにな。
再会してから「そういえば男同士だった」「そういえば相手は大人だし、中一の自分とは簡単に恋愛できなかったんだろう」などと唐突に気づくんだけど、そのぐらい彼をと思い続けてた数年間のあいだのぐるぐる思考の中でチラッとでも考えておいてくれ~!と思いました。
嫉妬オチもテンプレ通りだし、しかもそのすべてを言葉で説明してるのがいただけない。

再会したあと、会わなかった五年の間に恋愛経験があるという話は、「オオッ、ただのぐるぐるうじうじ純粋受けじゃないみたいだぞ!」と期待したんだけど、提示されたその経験話にガッカリ。膨らんだ期待がシュルシュルシュル…。

受けのコンタクトについての発言に、攻めが喜んでる場面はかな続きり好きです。
「最近は、入れたり出したりも上手くなったんだよ? 慣れちゃったら案外、簡単なんだね」
この言葉で、攻めと一瞬にニヤニヤしてしまった私は変態です。

後半の『まなざしの温もり』は別カップルのお話。
浮気者の受けをものすごい包容力で許しつつ付き合ってる攻めです。
これもなァ、なんだかただただ当て馬が可哀想でした。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ